ピクシブ百科事典

ジャッカル(動物)

じゃっかる

イヌ科イヌ属に属する小型の肉食動物の総称。画像はセグロジャッカル。
目次[非表示]

概要

イヌ科イヌ属に属する小型の肉食動物の総称。見た目で呼んでいるので系統はバラバラである。
キンイロジャッカルとアビシニアジャッカルは犬(オオカミ)と交配して繁殖能力を持つ雑種ができる。

キンイロジャッカルはヨーロッパアフリカアジアに広く分布するが、それ以外はアフリカにのみ分布。
雄雌と子による家族単位の群れで生活し、前年生まれの子が群れに留まり(残る数は種によって異なる)、ヘルパーとして子育てに協力する。肉食性の強い雑食性で、自ら獲物を狩る他、死骸を漁ったり他の肉食獣の獲物を奪ったりする。


伝承

南方熊楠は「野干」をジャッカルの音訳とする。(『鬼灯の冷徹』では野干は「キツネの異称」)。中国の昔の動物の本に「野干は頭にが生えている」と書かれている。ごくまれにそうした奇形があり、発見された際に貴ばれ、角を幸運のアイテムとして身につけた事が中国に伝わったためらしい。
プリニウスによれば「ライオンにまとわりつく」。
東洋の伝承その他では「トラへ引っ付いている」。
古代エジプトの神「アヌビス」の頭はジャッカルのものと言われている。
死体などをあさるさまが、微妙にキモいかつ、なかなかありがたいので、お迎えとしてインドなどではとらえられた他、イエス・キリストが、ジャッカルの形をしているとされる。
一方、ヘブライ語での、ジャッカルとドラゴンが同じような語であるため、キリスト教では同系と捉えられ、ファードラが龍図像の際のデフォルトになった。ちなみにユダヤ人わんこ系があんまり好きでない(辛うじて旧約聖書の「雅歌」に狐が性的な意味で出てくる程度)。

主な種類

  • セグロジャッカル(メイン画像)
  • キンイロジャッカル
  • ヨコスジジャッカル
  • アビシニアジャッカル


関連タグ

動物 哺乳類 肉食獣
イヌ科

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャッカル(動物)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 278

コメント