ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:Lynn(NEXONアプリ版)

哺乳網ネコ目イヌ科イヌ属セグロジャッカルフレンズ
服装はオオカミ系統のフレンズと似通っているが、比較的暖かい地域に生息している名残りからか首回りのモフモフが存在しない。
また、上着の前面には本来背中にある白黒模様がある。

NEXONアプリ版

セグロジャッカルって名前を聞いただけで、みんな敬遠するんだよね。
どうやら悪い子のイメージがあるらしいけど別にそんなの気にしない。
あたしはあたし、たとえ誰に褒められなくてもパークのみんなを守る。
……みんなには知らせないでよね。独りのほうが自由に動けるからさ。

人に害獣として扱われていた事を反映してか、周りからは悪い子だと思い込まれて敬遠されている。
しかし本人はそんな事を気にせず、「自分は自分」という信念を抱き単独でパークの平和を守ろうとしている。
そんな自分の素性を知られるのが気恥ずかしいのか、プレイヤーにはこの事をみんなに知らせないように釘を刺してくる。

ゲーム内ではレアリティ☆4のパッション属性で、攻撃タイプは近距離型。
グループはオオカミ連盟に所属する。
所有スキルは先頭の敵1体に攻撃力の7.5倍のダメージを与える「汚名もいとわぬ大斬撃」。

ブシモアプリ版

第?世代

アップデートで追加された夜行性のフレンズ。
一匹狼でどこか陰りのある雰囲気があったNEXON時代とは性格が180度異なり、明るく周りと積極的に交流する快活な性格に変わっている。加えて一人称がボクに変わっている。

パークの平和を守る事に使命感を覚えているのはNEXON時代と共通しており、パトロールや日々のトレーニングも欠かさない。
同時にそれが彼女の生きがいでもあり、疲れて昼寝をしていた所をカラカルからイタズラされつつもパトロールを代わってあげようかと提案された際、「ボクの生きがいをとる気なの?」と憤慨していた。
しかし、本作ではセルリアンが大人しくなっており(ヒグマ談)、彼女が思うようなパークの危機は現時点では見られず平和な日常が保たれている。
そして何も危険がないと分かるや安心すると同時にどこか物足りなさを感じており、どんな些細な悩み事でも解決しようとやって来る。

珍しい行動は「タイヤで遊ぶ」。「タイヤピラミッド」で披露する。
積み重ねられたタイヤの上で、一番上に積まれている黄色いタイヤをひたすら上に投げ飛ばしてキャッチするのを繰り返す。

第2世代

NEXON時代とほぼ同じ性格で、周囲から避けられていると思い込んで単独で行動している事が多い。
しかし、作中に登場するフレンズ達は彼女がパークを守ろうとしている事を理解しており、むしろ頼り甲斐がある存在として慕っている。

珍しい行動は「キャンディスロー」。「キャンディクッション」で披露する。
キャンディ型のクッションをひたすら上に投げ飛てはキャッチするのを繰り返す。
動きは第?世代とほとんど変わらないが、こちらは地上で物を投げる、投げた物に回転を効かせているなど細かい差異がある。

GOODROIDアプリ版

性格はブシモ版の第?世代と同一で、強い正義感の持ち主でりうきうエリアを常にパトロールしている。
イベントストーリーではバーバリライオンに強くなるための秘訣を聞く中で「空腹を満たす事はトレーニングと同じくらい大事なこと」と促されてジャパリまんをたらふく食べるが、二人揃って食べ過ぎで動けなくなった所を通りかかったカラカルコアラから看病を受ける事になる。

ゲーム内では期間限定イベント「たべすぎ注意!?お助けナース」の初級及び中級ステージのクリア報酬として低確率でドロップする他、累計ポイント報酬としても入手できた。
レアリティ☆3で、動物グループは赤。
得意地形は砂地・夜、苦手地形は海洋。
けもパワーは味方のつよさ小アップ。
所有わざは4ターンの間味方全員のぼうぎょを中アップする「ジャイアントイヤーバリア!」。

関連タグ

けものフレンズ イヌ(けものフレンズ)
ジャッカル(動物)

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「セグロジャッカル(けものフレンズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 276416

コメント