ピクシブ百科事典

オーストラリアとその周辺に棲息。
東南アジアの在来犬と遺伝的に非常に近く、広義ではこれらもディンゴとされる。
日本犬などのプリミティブな犬によく似た外見だが、骨格がややオオカミ寄り、吠える性質を獲得していないなど、更に古いタイプである。

ディンゴは最終氷期以前、アボリジニの家畜として共にオーストラリアに渡って来たと考えられていた。
しかし現在では、アボリジニは犬を連れてきておらず、後の時代(4,000~5,000年前)にインドネシアインドから船で交易にきた人達の連れてきた犬が、野生化したものと考えられるようになった。アボリジニの石器製作技術がこの頃、突然に変化し、またそれまで無かったディンゴの化石記録が現れる。

野生のディンゴは家族単位の群れを作って暮らし、夜間にウサギやネズミ、カンガルーなどを捕食している。
遺伝的に殆ど同じであるためヨーロッパ人等の連れてきた犬との交雑が進み、純粋なディンゴは絶滅の危機にある。

体長1m前後 体重13~20kg

関連タグ

動物 哺乳類  野犬 オーストラリア

コメント