ピクシブ百科事典

真言立川流

しんごんたちかわりゅう

真言立川流、または立川流とは、日本における金剛乗仏教(密教)教団の一つである。
目次[非表示]

※メイン画像およびpixivに存在するイラストは後世の通説に基づくものである。

概要

真言宗醍醐派の流れを汲む密教宗派。その血脈相承(仏教における師子相伝)は醍醐派の大本山の一つである三宝院に遡ることができる。
開祖は蓮念と見蓮で、12世紀に誕生した。大本である醍醐派は今も信仰され、三宝院も一度は焼失したが再建されている。しかし立川流は江戸時代中期には断絶してしまった。
その詳細については今もわからない部分が多いが、由緒ある宗派・寺院にて相伝された仏教解釈を元にしたオーソドックスな密教宗派だったとみられている。
その滅亡と資料の散逸の背景には、後述の風説の存在がある。

通俗的な「立川流」観の形成

13世紀の立川流の僧侶・心定は『受法用心集』という書物を書いた。この本の中で彼は「荼枳尼天を祀り髑髏本尊を仏具として使用する教団」について言及している。心定はこの教団がする行を「邪行」と呼んだ。
後世における「立川流」観の肝となる「ダキニ天信仰と髑髏本尊」の組み合わせは、立川流とは別の教団のものだったのである
が、真言宗他派の仏僧による著作でネガティブキャンペーンが行われ、髑髏本尊を使用するのは立川流のほうだということにされてしまった。
高野山の僧・宥快による『宝鏡鈔』において、醍醐寺の座主をつとめた文観も立川流ということにされ、後の時代には文観のほうも設定を盛られ、怪僧のイメージをつけられた。

『受法用心集』で言及される髑髏本尊教団

荼枳尼天(ダキニ天)にまつわる「外法」と称される修行法を行っていたとされる宗教団体。
教団名および宗派名は不明。彼等自身じぶん達の教団や宗派について特定の名称を与えていない可能性もある。
仏教・美術研究者である彌永信美は『受法用心集』での表記を受けて、この集団を「彼の法」教団と呼称している。

エロティックな表現がある密教経典『理趣経』を聖典とし、通常の真言宗では比ゆ表現とされる文章を直解し、性的な行法を行っていたという。
君主や行者の頭蓋骨や、構成する骨の繋ぎ目である縫合線が見えない頭蓋骨や、儀式によって聖別された頭蓋骨に和合水(男女性交中に出る精液膣液を混ぜ合わせたもの)を塗りつけ、その上から金箔銀箔を張ったり曼荼羅を描く等のさらなる加工を行う。
この頭蓋骨は加工が完了すると本尊として扱われるようになるのだが、本尊として完成するまでにも脇でひたすらセックスする
髑髏本尊には多大な利益があるとされるが、本質はその作成のプロセスにあるともいい、作成作業(真言を唱えながらひたすらセックス)を通じて男女の行者が悟りを得る事こそ本懐なのだという。また京極夏彦は自作『狂骨の夢』にて「髑髏本尊は代用品に過ぎず、本当の本尊はその教義の結果当然に生ずるもの=セックスによって女性側が妊娠出産し、そこで産まれた子供である」とし、「男性主体な思想が多い仏教諸派の中でも稀有な、男女そろう事が悟りを得るために不可欠という、淫祠邪教どころか男と女が同等の権利を有す宗派」との解釈をしている。

前述の通り、彼等は自分達の教団名を持たないか、表明していない。「立川流」のラベリングを除けば「髑髏本尊」「外法・邪法」「淫祠邪教」のキーワードでくくられた事例を寄せ集めたものとも言える。そして、ネガキャンから出たものである以上、これらは髑髏本尊教団側の記録でもない。

実際の立川流と異なり、当時の権力側から世を惑わす淫祠邪教と見なされ弾圧の対象となり、グループは壊滅した。髑髏本尊教団側の資料は焚書に遭っており、この教団についての信用できる現存資料は『受法用心集』くらいだとされている。

関連タグ

狂骨の夢京極夏彦の著作。劇中に置いても概ね淫祠邪教扱いされ、カストリ記事で糊口を凌ぐ売れない小説家のいいネタになっていたが、終盤やたら詳しい偏屈家の弁舌によって印象は覆される。
殺生院キアラ(Fate/EXTRA-CCC):作中に立川流のそのまた傍流という設定のオリジナル教団「真言立川詠天流」が登場。キアラは禁忌を犯し教団を破門された破戒僧という設定。
ガイア教(真・女神転生):構成員の鬼女郎や闇法師が流れを組むという設定。

関連記事

親記事

真言宗 しんごんしゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「真言立川流」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 208385

コメント