ピクシブ百科事典

歩き巫女

あるきみこ

巫女の一形態である。
目次[非表示]

一応、特定の神社に所属せず、全国各地を遍歴し祈祷・託宣・勧進などで糊口をしのいでいた。竈拂ひ(かまどはらひ)や口寄せを行ったほか、旅芸人や遊女もやった。そのため、白湯文字、旅女郎という呼称でも表現される。大体イコンは携帯していた。詳細はwikipedia参照。

巫女の職能には元来、死霊や生き霊を呼び、霊の言葉を伝えるというものがあったが、神社に籠る系からいったん別れ、後外回り系かんなぎがまた副業でそういうのをやることになったらしい。

呼称

白湯文字・旅女郎
遊女/芸能のひとっぽいから。なお俳優(わざおき)は、wikipediaのアメノウズメ(巫女と芸能人の祖)の項目に「隠れた神意を伺う」とか書いてあるが、「わざを招(お)く」=「すーぱーなちゅらるななんか召喚する人」というのが原義らしい。

梓巫女
梓弓を鳴らして霊を呼んだ巫女

熊野比丘尼
熊野信仰の語り部

ワカ
若宮と呼ばれる、凶悪な霊をふん縛って本宮の神様の手下として入っているお宮に仕えていた巫女。外回りに行った理由は不明。

アガタ
漢字で書くと「県」。竈払いしたり、えっちなことをやった。男のアガタもいたらしい。

シラヤマミコ
「白山信仰」の関係の巫女。

モリコ
山伏の妻。

渡り巫女
クグという草で編んだ袋に神像を入れていた者。芸能が主。

信濃巫(しなのみこ)

マンチ
マンニチ(万日供養から)、ノノウ、旅女郎、飯縄あるいは飯綱、コンガラサマ(ミズスマシ)、をしへ、刀自話、なをし、トリデ、キツネツケ、ヤカミシュともいう。
元は諏訪信仰の伝道者だったが、だんだん諏訪神社とは別に巫女コロニーを作るようになり、そこから改めて日本各地へほっつき歩くこととなった。
大体は「白い脚胖、下げた下襦袢、尻をからげて白い腰巻」という格好で、気前のいい17~30のおねいさんだったとwikipediaには書いてある。
日本全国の辺をくまなくどこでもほっつき歩くこの巫女さんたちに目を付けた、武田信玄や甲賀に縁のある望月千代女が、この巫女へ忍者のたぐいの修行をつけて全国へ飛ばしたらしいが、そのことを裏付けるまともな資料がない。pixivのネタに一番なってるのに。

その他

まんこう
夭折した子を持つ親を慰める巫女。が曽我兄弟の敵討ち話をして回ったので、「息子の幼名から」という言訳で後に曽我ママの名になる。

タラシ
柳田國男によれば巫女で、折口信夫によればパワースポットで面白い話をし、観客へマナをつけた。なお霊山にまつわる伝承で、「タラ トラ ツル トラン」等のおばさんがパワスポらしきところでどうの、と同じフォーマットで語られることから、「多分こんなのがいた」と推測されている。曽我兄弟の話に出てくる虎御前(ややこしいわ)も、この関係の巫女らしい。そういや外人だけど関内・マリア・太郎というのがいました。

天降りオナグ
元々は琉球で巫女を指した呼称。いつの間にか妖怪になっている。

望月千代女 巫女 女忍者

pixivに投稿された作品 pixivで「歩き巫女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52298

コメント