ピクシブ百科事典

ガルダ

がるだ

ガルダとは、「ガンダムシリーズ」の内、宇宙世紀を舞台とする作品に登場する艦船である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. インド神話に登場する想像上の怪鳥。→ガルーダ
  2. 「ガンダムシリーズ」の内、宇宙世紀を舞台とする作品に登場する艦船。本記事で解説。
  3. ストリートファイターEX」シリーズに登場するキャラクター。→ガルダ(ストリートファイター)


概要

  • 全長 317m
  • 全幅 524m
  • 最大積載量 9800t
  • 航続距離 不明(無補給でも地球を最低1周できる)


地球連邦軍が、宇宙世紀0080年代中盤に開発・配備した、成層圏プラットフォーム機能を有する超大型輸送機。元々は地球の防空圏を6つに分割し、有事即応のMS派遣体制を確立させる『ガルダ構想』に基づいて配備されたもの。圧倒的な航続距離と積載量・対空砲火能力を持つため、しばしば「空中要塞」の様だと評される。

テレビ版『機動戦士Ζガンダム』放送中の富野由悠季監督の発言によれば、当初ガルダ級は4機のみと言う設定だったが『機動戦士ガンダムUC』で6機存在することが判明し、4機の名称が公式に発表されている。なお本作ではグリプス戦役第一次ネオ・ジオン抗争を経て同型艦の大半が喪失したと設定されているが、実際に喪失したのが明確なのは1機のみである

同型艦

ガルダ

ガルダ級1番艦(メイン画像下)。機体色は灰白色。『機動戦士ガンダムUC』で、ビスト財団に捕らわれたミネバ・ラオ・ザビを宇宙に移送するためのシャトル中継基地として登場した。同型艦の中でも圧倒的な対空砲火能力を持つと言われる。
小説とOVAで結末が異なり、小説ではスベロア・ジンネマンの破壊工作とユニコーンガンダム同士の戦闘により多大な損害を受け、最終的に爆散している。OVAにおいてはジンネマンの破壊工作が無く、ユニコーンガンダム同士の戦闘も比較的最小限に収まったため、損害を受けつつも辛うじて爆散は免れた。

アウドムラ

機体色はオレンジ色(メイン画像上)。『機動戦士Ζガンダム』においては、元々ジャブロー基地に配備されていたが、エゥーゴがジャブロー降下作戦後の脱出用として後述のスードリと共に奪取。以降は同盟組織であるカラバが空中拠点として運用した。
テレビ版では、同組織の中心メンバーであるハヤト・コバヤシの指揮のもと、キリマンジャロ攻略作戦・ダカールでの陽動作戦に参加。
機動戦士ガンダムZZ』では、ダブリンへのコロニー落としの際、避難民の救助を行っていたがラカン・ダカラン大尉の部隊の攻撃を受けブリッジクルーが全滅した。最終的には降下していく本機に、ガンダム・チームのメンバーが乗船し操縦を行ったため、海上に不時着・生還した。戦後は連邦軍が回収してレアメタルの運搬などに使用された。

スードリ

機体色は薄緑色。アウドムラ共々エゥーゴに奪取されるが、テレビ版ではケネディ空港でティターンズに奪還される。以降はブラン・ブルターク少佐(ブラン少佐戦死後は副官のベン・ウッダー大尉)の指揮下、アウドムラを追撃した。最後はアウドムラに特攻を行ったが撃墜されている。サイコガンダムの牽引を行った艦。

メロゥド

機体色は灰色。ジェリド・メサ中尉の指揮下、キリマンジャロ攻略戦後のアウドムラを追撃した。戦闘中、アムロのディジェの攻撃を受けブリッジを破壊された。『機動戦士ガンダムZZ』では、ネオ・ジオンのラカン・ダカランが使用している事から、何らかの経緯でネオ・ジオンが入手した模様。

ガーウィッシュ

機体色はオレンジ色。『フォーミュラー戦記0122』において、レイラ・ビアス大佐の下、地上における地球連邦軍F90運用部隊の母艦となった。
宇宙世紀120年代においても、なおガルダ級が現役であることが窺い知れる。


この他、名称不明艦が『ガンダム・センチネル』や劇場版『機動戦士Ζガンダム』(ケネディポートの戦闘がカットされているため、スードリではないガルダ級の同型艦で追撃している)に登場している。

関連タグ

機動戦士Ζガンダム 機動戦士ガンダムZZ 機動戦士ガンダムUC
機動戦士ガンダムF90 機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122
リック・ディアス ディジェ ジムⅡ ネモ 
アッシマー ハイザック サイコガンダム
ザクⅢ
アンクシャ
F90

pixivに投稿された作品 pixivで「ガルダ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 115376

コメント