ピクシブ百科事典

金翅鳥

こんじちょうまたはきんしちょう

金翅鳥とはヒンドゥー教のガルーダ、仏教の迦楼羅の別名。もしくは独自の伝承を持つ霊鳥。
目次[非表示]

ヒンドゥー教/仏教の金翅鳥については →ガルーダ/迦楼羅

概要

ガルーダの別名スパルナの意味「美しい翼を持つ者」を漢訳したものであり、別な霊鳥としてあつかわれることもある。

創作での扱い

水木しげる作品

朝鮮の伝承として古い塚の守り神と紹介されている。虎の身体、龍の首、鷲の翼を持った人面鳥で、塚を荒らすものの目玉をえぐるといわれる。
2018年平昌オリンピック開閉会式で話題になった人面鳥のモデルとなった、高句麗の古墳壁画から水木しげる御大が考案したのかもしれない。

pixivに投稿された作品 pixivで「金翅鳥」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47

コメント