ピクシブ百科事典

アイヤッパン

あいやっぱん

アイヤッパン(Ayyappan)とはインド神話に登場する神。シヴァとヴィシュヌの息子。
目次[非表示]

概要

別名にシャスタヴ、マニカンダン、シャースタ(・ダルマ)がある。
インド由来の神と言われ、特にケーララ州での信仰が篤い。

弓矢を武器とし、ヴァーハナ(騎獣)とする。

出生

不死の甘露「アムリタ」がアスラたちに奪われた際、ヴィシュヌ神は美女ローヒニーに変化して、アスラたちを魅了し、その隙にアムリタを奪還した。
しかしそこでシヴァもローヒニーの美しさに魅了され、辛抱できず交わってしまった。
こうしてローヒニーが身ごもったのがアイヤッパンである。
前述の通りローヒニーは元々は男神であるヴィシュヌである。
つまりアイヤッパン両親が男神という、世界の神話でも稀な存在である。

ハリハラとの関係

別人である。

前述の誕生神話からハリハラと混同されることが稀によくあるが、神話において両者は結び付けられていない。
アイヤッパンにはハリハラプトラという別名があるが、これは「ハリ(ヴィシュヌ)とハラ(シヴァ)のプトラ(子供)」という意味であり、アイヤッパンはハリ、ハラ、および習合神としてのハリハラとも別人である。

他の神で例えるならアルダナーリーシュヴァラ(両親が融合した神)とガネーシャ(両親の間に生まれた子)の関係である。

pixivに投稿された作品 pixivで「アイヤッパン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 627

コメント