ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

クリリンが独自に編み出した技。気を円盤状のカッターに練り上げ物体を寸断する。
切断力に非常に優れ、サイヤ人編では油断したナッパの頬をかすめる程度だったが、ナメック星編では第2形態のフリーザ尻尾切断し、魔人ブウ編悟空が使用した際は魔人ブウの体を両断している。 また、ベジータ18号、悟空も同様の技を使用し、フリーザの使用した似た技(デススライサー)には追尾能力もついていた…が、フリーザの場合はその追尾性能が仇となることに。
アニメ版ではクリリンがフリーザに対し、連続気円斬の他に一つの巨大な気円斬を放った後、目前で拡散させて複数の気円斬を飛ばす拡散気円斬を披露した。

基本的に戦闘力が大幅に上回る相手にはほとんど攻撃が通用しないドラゴンボール世界において、大幅に戦闘力上回る相手でもキズを負わせるぐらいのことができる数少ない技は、多くの実力者が使用していることからわかるように使い勝手が良い技であるといえるだろう。
特に最初に使われたナッパ戦では、ベジータがとっさに発した警告がなければ、倒すことはできなくてもナッパに致命傷か、それに近いダメージを与えていたと思われ、運が良ければ一撃で倒せた可能性もある。
また、当時戦闘力が天と地ほどの差であった遥かに格上のフリーザ第2形態でさえ、気円斬を連射された際は焦って全て必死に避けるくらいであった。
ただし、命中率の低さが難点であり、前述のベジータの警告を受けてナッパが即座に避けて被害を頬だけに抑えたり、フリーザ戦時も尻尾を斬った後の気円斬は連射したにも関わらず全て避けられてしまったりと命中率には難があるような描写が見られた。
もっとも、これで容易く相手を両断できてしまうようであれば戦いが盛り上がらず、主人公である悟空の戦いが描けなくなるため、当たらないのは大人の事情によるところが大きいだろうが…
ガード不能かつ連射可能な飛び道具は相手も回避するしかないため、当たらなくとも撃つだけで十分相手への牽制にはなるだろう。

しかし、アニメ版では完全体セルが首に直撃した気円斬を無傷で破壊したり、超サイヤ人2の悟飯も素手(気で触れているように見えるが)で受け止め、破壊するシーンがあるため、必ずしも最強の技であるとは言えず、フリーザ以外の者は失敗に終わると使おうとしなかった為、最強と決め付けるのも難しい(ただし、これはあくまでアニメ版オリジナルの演出のため、これを原作者公認の公式設定とすべきかどうかは意見の分かれるところである)。

フリーザも即興で使っており(結果的にそれが原因で自滅することになったが)、『ドラゴンボールGT』では悟空が「クリリンの技だな」「マネじゃねえか」と言っている。ちなみにフリーザの技は気円斬の真似ではなく、実際の技名は前述の通りデススライサーである

使用者


関連タグ

ドラゴンボール
クリリン
必殺技
円盤
チャクラム
カッター
アイスラッガー
八つ裂き光輪

pixivに投稿された作品 pixivで「気円斬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 379882

コメント