ピクシブ百科事典

ヴェーダの宗教

うぇーだのしゅうきょう

古代インドの聖典であるヴェーダ群を起源とする宗教。

概要

古代インドの聖典であるヴェーダ』(サンスクリット語: वेद 、Veda)を起源とする宗教のことで、ヴェーダは紀元前1000年頃から紀元前500年頃にかけてインドで編纂された一連の宗教文書の総称であり、元々は「知識」の意である。
バラモン教とその発展形であるヒンドゥー教がそれにあたる。
広義にはジャイナ教仏教もその類に入るが、これらはヴェーダと対峙した『アンチ・ヴェーダ』の宗教であり、紀元前5世紀頃に北インドのほぼ同じ地域で誕生し、当初は数多く存在したが、現在まで続いているのはその中の仏教とジャイナ教だけである。

関連タグ

インド バラモン教 ヒンドゥー教
ジャイナ教 仏教

コメント