ピクシブ百科事典

霊基再臨

れいきさいりん

霊基再臨とは、『Fate/Grand Order』のシステムの一つ。
目次[非表示]

概要

レベルが上限に達したサーヴァントにそれぞれ定められた素材とQPを注ぎ込み、レベル上限を上昇させるシステム。いわば限界突破。

霊基再臨により、それまで使えなかった保有スキルも解放される。最大4段階目まで可能。
サーヴァントのレアリティが高いほど、再臨の段階が進むにつれ求められる素材の条件は厳しくなる。なおレアリティが低いサーヴァントでもレア素材を要求してくる場合があるため注意。

レアリティ☆1☆2☆3☆4☆5
第一零基(Lv)2025304050
第二霊基(Lv)3035405060
第三霊基(Lv)4045506070
第四霊基(Lv)5055607080
成長限界(Lv)6065708090

セイントグラフについて

霊基再臨すると、戦闘中のバトルキャラグラフィック上の衣装・装備が3段階目まで変化する。それに伴いカードイラストも更新されていき、4段階目(最終再臨)ではそれまでの立ち絵とは違う新たに描き下ろされたイラストへ変化。
武内崇氏曰くこれは「サーヴァントの最も魅力的な姿かつ、ご褒美イラスト」。(コンプティーク2016年2月号武内崇スペシャルインタビューより)これを楽しみに育成するユーザーも多いため、SNSなどで最終再臨をアップロードする行為はトラブルの元になることがある。
なお、担当イラストレーターの一人である真じろう氏は「特にそんな指定はなかった」と述べている。

なお例外として、セイバー・リリィとポール・バニヤンを除く期間限定イベント配布キャラクターは、4段階目でカードイラスト以外は変化せず、またバトルキャラのグラフィックは最後まで全く変わらない。(リリィはイベント配布キャラクターである以前に事前登録配布キャラクターである為)

再臨の段階を進めた後も、プレイヤーは好きな段階のグラフィックを選択して使用できる。これによってサーヴァントの性能が落ちたりすることはない。

なお2016年末の更新よりオプションを切り替える事で他人のサーヴァントの霊基再臨段階も反映されるようになる。

現在では霊衣開放という、いわゆるスキン変更システムが一部のサーヴァントに実装されており、セイントグラフやアイコン、戦闘グラフィックを従来とは別のものに変更することができる。詳しくは該当記事へ。

第1段階第2段階第3段階
セイバー
せいばー
セイバーさん
★★★★★
ジャンヌ
彼のフランス元帥が愛した
(☆´∀`)
白き聖女の御旗のもとに
マシュ
後輩
シールダー
マシュ


再臨グラフィックの傾向

大体は「着込む事で逸話のある装飾や服装、武器等が増え豪華になっていく」着込むタイプと「脱ぐ事で肌の面積が増え、魅力や色気が増したり、逸話のある傷跡や四肢等が見えるようになっていく」脱ぐタイプ、「一度脱いでから別のものを着たり、服装や姿が段階で全く異なる」変則タイプで別れる事が多い。
おおよそは、再臨段階が上がるにつれてそのサーヴァントの逸話や神話、史実のイメージを思わせる物が増えていく。
着込むタイプは「騎士王」や「主人公の後輩」などが該当し、脱ぐタイプは「呪腕の暗殺者」や「姫路城の城化生」などが、変則タイプは「赤い弓兵」や「有名な浮世絵の絵師」などが該当する。
サーヴァントによっては再臨段階で宝具や戦闘グラフィックの演出も変わる。
また、例外として現時点では1騎のみ、再臨段階ごとに別人が召喚されるサーヴァントが存在する。

シナリオでの扱い

基本的にシナリオで使われる立ち絵はこの1~3の再臨グラフィックのキャラが使われており、それに差分となる表情を変えることで表現される。(稀に専用の立ち絵も用意される)作中ではパワーアップの表現として立ち絵の再臨段階が変化するといった使われ方がされることもある。

pixivでは

複数の段階が描かれているイラストにこのタグがつくことがあるが、
あまりこのタグが直接使われることはない。
イラストとしては基本的に描かれているサーヴァントの真名(或いは仮の名前)がタグとして使われており、サーヴァント達は描き手の好きな思い思いの姿で描かれる。

関連タグ

Fate/GrandOrder
サーヴァント セイントグラフ 最終再臨
進化 レベルアップ 限界突破

pixivに投稿された作品 pixivで「霊基再臨」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4214717

コメント