2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

力持つ存在には責務が伴う。俺にはそもそも無抵抗など許されない。そして何より──。
抵抗する俺は! カッコ良い! 理由はそれで十分!
何故って、俺は単純な構造(ツクリ)だからな!

プロフィール

真名シャルルマーニュ
クラスセイバー
性別男性
身長176cm
体重69kg
出典シャルルマーニュ伝説
地域フランス
属性秩序・善・星
好きなものカッコ良いこと
嫌いなものカッコ悪いこと
天敵カール大帝
ILLUSTワダアルコ
CV木村良平


概要

Fate/EXTELLA LINK』に登場するセイバークラスサーヴァント

EXTELLA』でのそれぞれの思惑によって繰り広げられた月の世界の存亡をかけた戦いは決着した後、平穏の訪れた月の世界に訪れた白銀の軽装を纏った騎士のサーヴァント。物語のカギを握るようだが……?

真名

西ヨーロッパを支配したフランク王国カロリング朝の王、シャルルマーニュ
古典ローマ・キリスト教・ゲルマンの文化を融合させ、中世以降のヨーロッパの王国の太祖、いわば「ヨーロッパの父」とも言える存在。

文武両道を体現した人物で、馬術・狩猟・水泳などに長じた一方でフランク語以外にラテン語も自在に使いこなし、イタリア語もヒアリングは可能だったと言われる。
反面、ディスレクシア(識字障害)を抱えていたらしく、自身では署名の一文字しか書けなかったとも。しかし側近に朗読させる形で様々な本に触れており、中でもアウグスティヌスの『神の国』は愛書であったと言う。

別名として「シャルル1世」「カール大帝」とも呼ばれる。
しかし、今回現界した彼は「カール大帝より分離した十二勇士を率いる幻想の聖騎士」であるため、大帝と呼ばれるのは好まない。

人物

一人称は「俺」
アーサーリチャードの系譜を受け継ぐイケメン騎士。髪色は黒と銀のコンビネーション、黒のインナーに白銀の軽甲冑と、上に表が白銀・裏が水色の外套という出で立ち。

簡単に言うと男子高校生みたいな闊達でノリの軽い好青年。
作中ではサーヴァントとして成立したばかりの存在であるため、他のあらゆるサーヴァントたちを「先輩」として敬意を払う。

自分自身やマスターにとって不利であったとしても、「恰好良い」か「ダサい」か、に行動や美意識の基準を置き、「自分はあまり王に向いていないんだよ」とぶっきらぼうに語るなど、ざっくばらんな印象を受ける。
「カッコイイ」の基準も騎士物語のような凛々しさから、少年漫画のようなロマン溢れるものまで幅が広く、キャス狐等からは「(誉め言葉の)語彙に乏しい」と言われている。

なお、アストルフォ曰く「マジギレすると武則天並みに怖い」との事。

能力

セイバーらしく高水準のステータスを有し、「白騎士」の表現通り、フランベルジュという波打った刃をした片手剣で戦っている。
この宝具でもある聖剣「ジュワユーズ」には五大元素を操る能力があり、剣に纏わせて攻撃の威力や範囲の向上に使っている。

更に下記の宝具で展開された十二勇士の化身たる武器「輝剣」をスキルで操り、手持ちのジュワユーズをアストルフォの馬上槍に変化させる事も可能としている。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
岸波白野ACBAAA+
藤丸立香ACBAAA+


保有スキル

対魔力(A)セイバーのクラス特性。魔術に対する抵抗力。ランクAでは魔法陣及び瞬間契約を用いた大魔術すら完全に無効化してしまい、事実上現代の魔術で傷付ける事は不可能なレベル。
騎乗(A)セイバーのクラス特性。乗り物を乗りこなす能力。元々馬上戦闘に秀でた騎士であるためランクは高く、魔獣・聖獣ランク以外なら乗りこなす事ができる。
聖騎士帝(EX)聖騎士(パラディン)である十二勇士を統率する者に与えられる称号スキル。絶大なカリスマ、魔性への特攻、神性への特防、聖性を持つ武器への適応などの効力を持つ。さらにこのスキルにより『王勇を示せ、遍く世を巡る十二の輝剣』の発動を可能とする。
魔力放出(光)(A)聖人・聖女・聖騎士にのみ許される亜種魔力放出。悪属性に対してアドバンテージを有する。
王道踏破(C)王たらんとする態度を貫くことにより効果を発揮する自戒系スキル。一部ステータスの向上に寄与するが、王道を破るような真似をすると弱体化してしまう。彼の場合は「ダサイことをすると弱体化する」「自分的にカッコイイことをすると、何かのゲージが上がる」というもの。


宝具

王勇を示せ、遍く世を巡る十二の輝剣(ジュワユーズ・オルドル)

  • ランク:EX
  • 種別:対王宝具(自身)
  • レンジ:1
  • 最大補足:1人




「聖光で、遍く全てを照らし出せ!」
「永続不変の輝き、千変無限の彩り!万夫不当の騎士達よ、我が王勇を指し示せ!『王勇を示せ、遍く世を巡る十二の輝剣(ジュワユーズ・オルドル)』!!」

「千変万化の我が剣をここに。」
「無限の色彩よ、我が王権よ。全て、全てこの輝きに屈せよ!その名は、『王勇を示せ、遍く世を巡る十二の輝剣(ジュワユーズ・オルドル)』!!」

シャルルマーニュ生前の愛剣にして聖剣「ジュワユーズ(Joyeuse)」。
「オルドル」とは即ちフランス語の「Ordre(騎士団・秩序の意味)」で、その名の通り「ジュワユーズ」を十二勇士達の持つ武器に変化させて連撃として放つ。

ジュワユーズ自体の単純な威力は真名解放したデュランダルの一撃と同程度であり、更にシャルルは騎士ではなく王である為、ローランのデュランダルと打ち合った場合押し敗けるくらいの力であるが、この宝具の本質はシャルルマーニュ自身の王としての威厳、すなわち王勇にある。
王として覚醒している程にジュワユーズが1つ追加されていき、十二勇士伝説の幻想から単純計算で最大13本、すなわち13倍だが、カリスマ次第で更に破壊力が向上するので、実際はそれ以上の威力に昇華される。

詳細は該当記事を参照。

我が儚き栄光よ(シャルル・パトリキウス)

  • ランク:不明
  • 種別:不明
  • レンジ:不明
  • 最大補足:不明


セミラミスと同様に空中に浮かぶ要塞の宝具。
『EXTELLA LINK』における、プレイヤー側の戦いの拠点・ベースキャンプでもある。

他作品での活躍

Fate/Apocrypha

漫画版にてイメージとして登場。

Fate/Grand Order

同じく漫画版『伝承地底世界 アガルタ』にてイメージとして先行登場。
その後、本家ゲームにも第2部6.5章『死想顕現界域 トラオム』で本格登場。レアリティは☆5。
プロフィールによると「彼方からの贈り物として顕現した」とのこと。

と同じく初登場作での戦いの記録を引き継いだ状態で、特異点では先んじて召喚されていた十二勇士たちとの縁を辿って強引に現界している。

霊基再臨の段階は「冒険者」→「将軍」→「王」と表現され、「王」の状態では内面・外見ともに別側面を想起させる要素が顕在化する(あくまで性格が変わるだけであり人格が融合しているわけではない)。
「王」の第三再臨は道満オベロンと同じく封印されており、客演のサーヴァントでは初。

ゲーム上での性能

最大HP14248
最大ATK12015
コマンドカードArts:2 / Quick:2 / Buster:1
宝具カードQuick
スキル1王道踏破(C) / 味方単体に無敵を付与(2回/3T) +自身が無敵でない時、自身のNP獲得量アップ(5T) &「被ダメージ時に自身に王勇(5T)」を付与(5T) +自身が無敵の時、自身に宝具封印(1T)を付与
スキル2聖騎士帝(EX) / 味方全体の攻撃力アップ(3T)+ 自身に魔性特攻&神性特防を付与(各3T) &NPチャージ(20~30%)
スキル3魔力放出(光)(A) / 自身のQuick性能アップ &クリティカル威力アップ &悪特性に対するクリティカル威力アップ(各3T)
アペンドバーサーカー攻撃適性
宝具王勇を示せ、遍く世を巡る十二の輝剣 / 敵全体に強力な攻撃 <王勇の数だけ威力アップ> (最大12個) &Quick耐性ダウン<オーバーチャージで効果アップ>(3T)


「王道踏破(C)」は付与される王勇状態を貯めてからの宝具によるカウンターを得意とする。
なお、「王道踏破(C)」のデメリット判定はスキル発動時だけなので、後から無敵を付ける分には関係ないため、スキルの発動順には注意したい。
宝具演出が、12の剣からビームを放ち自らも突撃する仕様になっている。
実はこっそりローマ特性を持っている。

最大の難点は、育成に同時実装された新素材「黄昏の儀式剣」が大量に要求される事で、最終再臨時に36個、スキル強化で1つに付き72個必要になる。
シナリオクリア報酬の分だけでは再臨すらままならないため、フリークエストでしっかりと集めたい。

関連人物

Fate/EXTELLA LINK

カール大帝
もう一人の“シャルルマーニュ”。こちらは「史実の王」としての側面であり、現実主義者という対になる存在である。
『FGO』では『死想顕現界域 トラオム』にてシャルルマーニュの方が適性があると判断。彼を送り出した事が語られている。

アルテラ
フン族の王にして、かつて遊星の尖兵として破壊を司った少女。
本来ならば接点は無いはずだが、「姉さん」と呼び慕っている。

岸波白野
月で巡り会った主人公。
彼/彼女に「夢を歩む者」として付き添い、共にもう一人の自分との戦いに挑んだ。
そして『FGO』世界への召喚で、彼/彼女が「やり遂げた」という事実が明らかとなった。
ちなみにネロとの会話では彼/彼女を「世界一カッコいいだろう」と同意を求め自慢気に讃えた。

生前

アストルフォ
生前の部下であり友人。彼曰く「十二勇士で一番面白いヤツ」。
あまり強くないと評しつつも信頼を寄せている。だが女装に関しては苦言を呈している。
ちなみにシャルルマーニュ曰く『十二勇士の条件はアストルフォのようなポンコツ(要約)』らしい。

ローラン
生前の部下。全裸エピソードに事欠かないトラブルメーカー。
一般的には「甥」とされる事が多いが、実は父親がシャルルその人だったという説も。
『FGO』のカルデアのマイルーム会話では脱がないように強く念押ししている。

ブラダマンテ
部下のひとりであり、姪でもある少女騎士。
『FGO』のカルデアのマイルーム会話ではロジェロを探し求める姿を格好いいと思っている。

Fate/Grand Order

藤丸立香
彼方の世界から送り出されたシャルルマーニュが出会ったマスター。
過酷な戦いを乗り越え、多くの仲間と共に進み続ける彼/彼女を「カルデアで一番カッコいい」と尊敬して讃える。

Outfit swap



ちなみに初登場時、外見がぐだ男にそっくりだと一部のマスター間で話題になった事がある。

マンドリカルド
生前の直接面識こそないが、ローランが放り捨てた聖剣と名馬をネコババしたことから名前は知っており、「ローランが迷惑かけたようなかけてないような」と微妙な印象を抱いていた。にこやかに挨拶するも、溢れ出る陽キャオーラに苦手意識を抱いたのか笑顔でバックステップで離れていった

ナポレオン
史実の「ナポレオン・ボナパルト」ではなく、人々のイメージする「ナポレオン」から生まれたという特殊なサーヴァント。ある意味幻想の存在であるシャルルマーニュと通じる存在。

幻霊
彼と同じく「物語の中の架空の存在」と明言されている者がしばしば。
こちらは別の存在と融合する事によって現界している。

ヘシアン・ロボ
融合している幻霊の1つが、シャルルマーニュが第2部6.5章序盤で名乗った偽名と大きく関わりがある。

余談

前述のように五大元素を操る力があるが、原典のジュワユーズにそのような逸話はない。
ただし、十二勇士の持つ武器に変化するという能力から、五大元素の内、水(氷)属性はテュルパン大司祭の持つ剣「アルマース」に由来しているとの見方もできる。
※ アルマースが氷の刃と言われる所以は「氷のような刃」という比喩表現で、本当に氷属性な訳ではない。

関連イラスト

シャルルマーニュ
カッコ良い!!!!!


:3
我が儚き栄光よ



関連タグ

Fate/EXTELLA-LINK Fate/GrandOrder
セイバー(Fate) 
サーヴァント 騎士  
フランク王国 主人公 十二勇士組

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6139082

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました