ピクシブ百科事典

ワルキューレ(Fate)

わるきゅーれ

『Fate/Grand Order』に登場するランサーのサーヴァント。
目次[非表示]

プロフィール

真名ワルキューレ(オルトリンデ→ヒルド→スルーズ)
性別女性
身長159cm
体重46kg
出典北欧神話
地域欧州
属性秩序・善
好きなもの勇士の魂、お姉さま達
苦手なもの無し
ILLUST武内崇
設定担当???
CV田中美海/小松未可子/雨宮天


「ワルキューレ―――個体名、オルトリンデです。 え……あなたは人間、ですか……? いえ、少し驚いてしまって。 まさか人間に召喚されるなんて…… 安心してください、契約は正式に結ばれています。 あなたをマスターとして認証します。以後、人理を守るために私たちを使ってください。」

「よいしょっと。えへへ、驚いた?あたしたちは普通の英霊みたいに霊基再臨はしないんだ。これは再臨による霊基の再定義、代替召喚ってものらしいよ。では、えーと、改めて。ヒルドだよ。マスター、オルトリンデに引き続き、よろしくね」

「再臨による霊基の再定義、及び代替召喚を確認。ワルキューレ、スルーズです。マスター、私達は引き続き貴方に仕えます。」

概要

Fate/GrandOrder』に登場するランサーサーヴァント。レアリティは☆4。
2018年7月18日の無間氷焔世紀ゲッテルデメルング開幕と同時に実装された。
作中に登場する量産型ワルキューレの原型の姉妹(オリジナル)。

本作では初となる、霊基再臨によって霊基の強化ではなく「再定義」が行われるサーヴァント。
誤解を恐れずに言えば三人一組で再臨ごとに別のサーヴァントとなる。

カルデアの召喚では、縁が結ばれた(あるいは未来に結ばれる)スルーズヒルドオルトリンデの3騎が召喚される。
ただしあくまでその真名はワルキューレであり、3人は別個体扱いされることを断固として拒絶する。

ちなみにモーションは共通だが3人のボイスが完全に別個であり、単純に通常サーヴァントの3倍量ある。
マテリアルには1人分聞けば全員分登録される。

人物

元来にして「勇士の魂を集めるシステム」といて生み出された存在であるため、機械的で無機質な言動が目立つ。所謂、ロボ娘に近い存在。スルーズ曰く「命令は実行するが、判断は行わない」。
これはワルキューレの直接の原典での扱いである「死神」としての一面が強調された結果と思われる。

一見すると、外見も口調も性格も一人ずつ違うため、個性があるように思えるが、それは定義(テクスチャ)の違いによるもので、根本原理は同一である。
記憶や認識の同期も行われているため、意見を違え、論議したり、仲違いすることはない。彼女たちはそういう様に設計されているのだ。



本作で現界するワルキューレは、サーヴァントとしては特殊な存在である。
具体的には、極めて異例な霊基を有している。

マスターとの同調率の上昇に伴って魔力が増大することはあっても、他サーヴァントのように「霊基再臨して強力な形態に変化する」ということがない。ワルキューレはそれぞれの個体ごとに力の上限があるためだ。
カルデア式召喚のシステムに従ってワルキューレに霊基再臨を行わせた場合、高確率でワルキューレは姿を消し、「再定義された魔力容量に相応しい別個体のワルキューレ」が代替召喚される。


ちなみに定期的に並列化された自我を有する存在であるが、それでも各個体ごとに若干の個性を有する。特に北欧の異聞帯で永きにわたり活動していた彼女たちはそれが顕著になっていた。

三人の中で一番控えめで大人しい性格。
自分にあまり自身がなく、どこか怯えているような一面を持っている。だが、それでも真面目に任務をこなそうする頑張り屋でもある。
基本的にワルキューレとしての任務優先で、それ以外に対する余裕がない。ある意味、他の二人より職務にひたむきなところがある。
マスターとはビジネスライクな関係だが、人間に仕えることに新鮮味を感じている。

三人の中で一番明るく陽気な性格。
難しいことを考えるのが苦手で、そういう事ではすぐにスルーズに頼る。アホの子だが、ムードメーカーでもある。
元来の気さくさもあってマスターとは一番気安く接しており、その間柄は友人に近い。一方で本来のワルキューレとしての業務を優先してしまうことに、マスターに対して引け目を感じている誠実な面もある。

三人の中で一番知的でクールな性格。
言葉遣いも機械的で言動もはっきりしており、人間味には薄いがその分だけ頼れるキャリアウーマンオーラを放っている。
ワルキューレとして生真面目すぎるが故に心の機微に疎く、能力はあるが人間性としては他の二人より若干幼い。マスターのことはヴァルハラに招くに値する勇士と認めている一方、マスターをヴァルハラに連れ去ることに無意識の抵抗のようなものを感じている様子。

真名

北欧神話において戦死した勇者の魂をヴァルハラへ連れて行く戦乙女。
大神オーディンの娘として存在する、ワルキューレ達の個体にして総体。
神々の黄昏、ラグナロクのために大神オーディンによって造り出された数多き存在こそがワルキューレであり、ある種の自動機械として機能し作動する。

天馬を駆って戦場の空を舞い、死した勇者たちの中からヴァルハラへと連れて行くべき魂を選定してみせる。しかし、英雄シグルドと出会った長姉ブリュンヒルデ強烈な感情と個性を得て零落した瞬間を転換点として、徐々に個体数を減らしていった。

また、作中世界では「神々と巨人の最終戦争であるラグナロクの開始時点では、既に「当初の半数」にまで落ち込んでいたのではないか?」とするレポートが1980年代中頃の時計塔呪詛科のロードへと提出され、一時的なものではあるが、魔術の世界にて話題となったという。

余談だが、オルトリンデのみ原典には登場せず、ワーグナーの「ニーベルングの指環」で登場する。

能力

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香BBBA+EB


保有スキル

対魔力(B)魔術詠唱が三節以下のものを無効化する。大魔術・儀礼呪法などを以ってしても、傷つけるのは難しい。
神性(A)神霊適性を持つかどうか。大神オーディンに作られた半神半人であるワルキューレは高い神霊適性を持つ
原初のルーン北欧の魔術刻印・ルーンを有している。ここで言うルーンとは、現代の魔術師たちが使用するそれとは異なり、神代の威力を有する原初のルーン――北欧の大神オーディンによって世界に見出されたモノである。
白鳥礼装(A)詳細不明。ワルキューレの伝承には「天女のように白鳥の羽衣を持つ」というものがあり、これを被ることで白鳥の姿に変身することも出来るという。この力で天上と地上を行き来しており、この礼装を盗まれて天上に帰れなくなり、そのまま地上人と結婚したワルキューレもいたとか。
運命の機織り(B)詳細不明。恐らくはワルキューレの一個体とも言われる3柱の運命神であるノルンに関わるスキルと思われる。ノルンは一般的にはウルドスクルドヴェルザンディの3柱で構成され、ウルドの泉から水を汲み上げ、泥をすくい、それらを混ぜたものを世界樹・ユグドラシルに注ぐことで樹勢を保たせているという。またギリシャ神話モイライと同一視され、運命の糸を編んでいるともされている。


宝具

終末幻想・少女降臨(ラグナロク・リーヴスラシル)

【FGO】終末幻想・少女降臨【ワルキューレ】


  • ランク:B
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:0~40
  • 最大補足:100

「同位体、顕現開始します。同期開始、照準完了……『終末幻想・少女降臨』!!」

「同位体、顕現開始。 同期開始……みんな、いくよ!『終末幻想・少女降臨』っ!!」

「同位体、顕現開始。 同期開始。 真名解放……『終末幻想・少女降臨』!!」

完全に同期した自分たち―――
複数のワルキューレたちが一堂に集い、ヴァルハラへと至る勇者の魂を導くための機能のすべてをより合わせ、手にした宝具『偽・大神宣言』を一斉に投げつける。
対象に槍の投擲ダメージを与えると同時に、効果範囲に一種の結界を展開。
あらゆる清浄な魂を慈しみ、同時に、正しき生命ならざる存在を否定する。

サーヴァントや使い魔といった存在や、術式、幻想種、吸血種、等々の魔術や魔力に類する存在を退散させる空間を作り出すのである(抵抗判定に失敗した個体を退散させる)。

偽・大神宣言(グングニル

  • ランク:B 
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:5~40 
  • 最大補足:20人


大神オーディンから授かった武具。
『大神宣言』(グングニル)の劣化複製版。
真名開放して投擲すれば必中機能が発動する。
FGOでは基本的に真名開放は行われず、通常武器として使用される。
また、真の『大神宣言』は『突き穿つ死翔の槍』の原典とされている。

ゲームにおける性能

極端なHP偏重型のステータスで☆4ランサーとしては最高のHPを誇る反面ATKは最低である。
NP効率は平均よりも若干低いが、NPを毎ターン最大10%×3ターン獲得できるスキルを持つので多少の補助さえあれば宝具を撃つこと自体はさほど苦ではない。

自身の持つ全てのスキルが3ターン継続の自己強化で汎用性も高く使い所を選ばないのが利点。
基礎ステータスやカード性能の低さを強力なスキルで補って戦うタイプのため、スキルレベルをきっちりと上げてやることで真価を発揮できるようになる。

宝具は魔性特攻ではなく魔性持ちのみ対象の即死なので注意。
アーチャーやバーサーカーの魔性持ちを複数相手する時には即戦力になるだろう。
なお全体宝具かつQuickで7Hitなのでそれなりのリチャージとスター産出が望める。

関連人物

史実(北欧神話伝承)

ブリュンヒルデ
自分達よりも先に造られた「姉」と呼ぶべき存在。
彼女たちからは慕われており、FGOでは所有している場合、再会を喜ぶマイルーム会話が聞ける。

シグルド
上記のブリュンヒルデを娶った、北欧神話に名高き竜殺しの英雄。
FGOでは姉を狂わせた元凶として、敵意を向けているようである。
なお、上記のようにワルキューレの中には己の使命よりも愛に生きた者も数多くいた。
神話由来の「死神」としての一面が強調された存在ではなく、ワーグナーが描いた「乙女」としての一面が強調された存在であれば、また違った感情を向けていたかもしれない。

FGO

スカサハ=スカディ
北欧神話に登場する女巨人スカディケルト神話影の国の女王を一括りにしたような存在。異聞帯のサーヴァント。スカディは原典においてはワルキューレの一人であるスクルドと同一視される場合があり、その場合は姉妹とも言える存在となる。
無間氷焔世紀ゲッテルデメルングではマスターとして彼女たちを使役する。
カルデアでは正史のワルキューレと異聞帯の女神ということで初対面であり、スカディとスカサハが習合していることや、その意外にも子供っぽい人柄に困惑している。

アルテラ
最初は自分たちと同じワルキューレだと認識していたが、どうも近似した別存在だと再認識し、その意味に首を傾げている。
それもそのはず。アルテラは彼女たちとルーツが同じだからだ。そして、ブリュンヒルデも含め、彼女達の原型となった存在は…

余談

TYPE-MOONとワルキューレ
キャラデザ担当の武内崇氏はアルトリア顔メイド好きで有名だが実はワルキューレも同じくらい好きでワルキューレを題材にした同人誌をいくつか描いている。
また、2013年に企画されたPlanet:Valkyrie[プラネットワルキューレ]ではキャラクター原案として参加しており、宝具で登場するワルキューレはこちらの企画でデザインされたものとほぼ同じデザインが使われている(髪の色を見ると分かりやすい)。

原典について
原典では人間出身のワルキューレが存在する等、みんな出自がバラバラである。
それもあって愛することもあれば呪うこともあり、一旦バグればきよひー並みの愛を叩きつけたりすることもある。
他にも、思い人と添い遂げる為に自らワルキューレの地位を捨てたり、三度の転生を超えてオーディンを根負けさせて晴れて意中の人間と結ばれたワルキューレもいたほど。

特に激情家なワルキューレの中には、自らの愛を貫くために神の命にさえ背いて自ら堕天したり、裏切った人間をどこまでも追い詰めて心中を図ったり、どれほど過酷な運命が待っていようが喜んでアクセルを踏みぬいて突っ走ったり・・・要するに持ちうる愛の重さは、皆ブリュンヒルデと大して差はないと言える。

関連画像

オルトリンデ

ワルキューレ
ワルキューレ



ヒルド

ワルキューレ ヒルド
ヒルド



スルーズ

ワルキューレ
ワルキューレ スルーズ



三姉妹共通

ワルキューレ
【FGO】ワルキューレ【2部2章】



関連項目

Fate/GrandOrder サーヴァント ランサー(Fate)
北欧神話 戦乙女/ワルキューレ 集合精神

pixivに投稿された作品 pixivで「ワルキューレ(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2966039

コメント