ピクシブ百科事典

オルトリンデ

つるぎのきっさき

オルトリンデ(Ortlinde)とはリヒャルト・ワーグナーの歌劇『ニーベルングの指環』に登場するワルキューレの一人。

概要

名前は「の切っ先」を意味する。オルト(Ort)が「切っ先、先端」、リンデ(Linde)が「剣」である。
リンデは「柔和な、温和な、上品な」の意と解されることもある。

『エッダ』などの北欧神話文献には登場しない、ワーグナーオリジナルの戦乙女。
ただし人名としては存在しており、オルトリンド(Ortlind)、オルトリンダ(Ortlinda)といったバリエーションがある。男性形はオルトリンド(Ortlindo)である。
大神ヴォータン(オーディン)と知恵の女神エルダ(ヨルズ)との間に生まれた九姉妹の一人。

ソプラノの女性によって演じられる。

関連タグ

ブリュンヒルデ
ゲルヒルデ ヴァルトラウテ シュヴェルトライテ ヘルムヴィーゲ ジークルーネ グリムゲルデ ロスヴァイセ
歌劇

関連記事

親記事

ワルキューレ わるきゅーれ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オルトリンデ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 747692

コメント