ピクシブ百科事典

スカジ

すかじ

北欧神話に登場する山と雪の女神。 スカンジナビア半島の名の由来ともされ、ケルト神話にもその存在を示す。
目次[非表示]

スカジとは、北欧神話女神である。

概説

巨人族(ヴァン神族)の出身ともされ、同じく元ヴァン神族の海神ニョルズの妻。
綴りは【Skadhi】、もしくは【Scatha】。「スカディ」とも呼ばれる。
その名は「傷付けるもの」、「損害」、「」を意味し、ゴート語・古英語における「」という言葉に通じるともされている。
ほか古ノルド語で「スキーの女神」意味する【アンドルディース/Öndurdís】、古エッダ『グリームニルの言葉』では「神々の麗しい花嫁」と称されている。

山を司る地母神としての特性と、スキー弓矢を得意とし、狩猟を好み北方に棲んだ逸話から、「雪の女神」「氷の女王」としての神格を見出される。
一説には豊饒神フレイ・愛の女神フレイヤの母とも云われる。


逸話

ニョルズとの婚姻

父は不老不死をもたらす女神イドゥンを攫った巨人スィアチ。彼はイドゥンを攫ってアース神族を壊滅の危機に追いやった難敵であった。

その娘であるスカジは父の仇討ちの為にアズガルドに乗り込んでくるが、アース神族たちはスィアチの娘である彼女を敵に回すのを危ういと考えたか、和解交渉に乗り出す。
そこでスカジにアース神族との結婚を勧めることにしたが、彼女はとりわけ美男子と誉れ高い光の神バルドルを所望する。しかしバルドルはオーディンの子で、しかもオーディンの妻フリッグが溺愛する神々の貴公子である。おいそれと渡すわけにもいかず、神々は数柱の神を呼び寄せて頭から布を被らせ、足だけでバルドルを当てさせ、たとえ外れたとしても選んだ男神を夫とすることを条件とした。
結果、スカジはバルドルでなくニョルズを引き当ててしまい、彼と結婚することになった。

始めはそれなりに仲睦まじく過ごしていた両者だったが、互いの領分である海と山を往復する生活と、スカジはカモメの鳴き声が、ニョルズはの遠吠えがそれぞれ我慢できず、二神は破局を迎えてしまう。
以降、彼女は父の遺した「スリュムヘイム」の館を住まいとしたという。

のちにロキとも通じてそれを暴露されるが、ロキがバルドルを謀殺して幽閉されたときには、彼の頭上に毒蛇の牙を取り付けて毒液による責め苦を与えるという、報復とも取れる行動を起こしている。ロキは父スィアチの頃から因縁のあった神でもあり、思うところがあったのかもしれない。
ほか狩猟と弓の神ウルとスリュムヘイムで暮らした、オーディンの妃となったともされる。特に後者は10世紀ノルウェーの最高統治者ハーコン・シグルザルソン大公が、自身の血統はオーディンとスカジに由来すると謳っている。


ケルト神話との関連

高平鳴海&女神探究会が著した『女神』において、死者を飲み込む大地母神の性格をもち、ケルト神話のチュートン族の女神であり、北欧神話の死の女神ヘルや、アルスターサイクルに登場する影の国の女王スカアハとの同一性がみられるとしている。
この原論は、アメリカの作家兼女性運動家兼のバーバラ・ウォーカーが1983年に著した『神話・伝承事典 失われた女神たちの復権』に記載されている。もっとも原書はウォーカー氏のフェミニズム思想が多分に含まれ、学説とするには些か私情を挟み過ぎているきらいがあり、空想・捏造と断じれている個所もある。

本書ではレジス・ボワイエ著『ヴァイキングの暮らしと文化』を依拠として、スカンジナビア半島の名の由来となっているとも指摘し、元は「スカジの国」を意味する『スカディン・アウヤ』が訛化したものと考察している。
もっともこちらも古くはAD.1世紀のローマで、博物学者大プリニウスが「スカンディナヴィア【Scadinavia】」≒『スコーネ(Skåne)の島』と記したものを語源とするのが一般論である。このほかにも古代語を起源とする通説もいくつかあるため、あくまで新説・俗説の域を脱しない。

関連イラスト

雪原の花嫁(スカジ)
センシティブな作品



関連タグ

北欧神話 女神 巨人
地母神    スキー 狩猟
ニョルズ ロキ バルドル オーディン

スカアハ
Fate/GrandOrderあるキャラクターとの関連が存在する。

関連記事

親記事

北欧神話 ほくおうしんわ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スカジ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6694

コメント