ピクシブ百科事典

クー・フーリン(キャスター)

きゃすたーのくーふーりん

「Fate/Grand Order」に登場するキャスターのサーヴァント。
目次[非表示]

スカサハより学んだルーン魔術、その真髄って奴を・・・

プロフィール

真名クー・フーリン
クラスキャスター
性別男性
身長185cm
体重70kg
出典ケルト神話
地域欧州
属性秩序・中庸・天
ILLUSTまた
設定担当桜井光
CV神奈延年

キャスター時は金属類の装備を身に付けない

概要

Fate/Grand Order」に登場するキャスターサーヴァント。レアリティは☆3。
ランサークラスで召喚された彼については、こちらの記事を参照。

序章「炎上汚染都市 冬木」にて、突如として特異点Fに飛ばされた主人公の前に出現し、シャドウサーヴァントの魔の手から主人公たちを救う。

メインシナリオにおける記念すべき味方サーヴァント1号で、本来の聖杯戦争から大きく外れた現状を修正すべく、主人公たちと共同戦線を張ることになる。
加えて、マスターとして未熟な主人公と偶発的にデミ・サーヴァント化したマシュ・キリエライトに、サーヴァントとは何たるかを叩き込む。

何かと見せ場が多く、頼もしくカッコよい兄貴がこれでもかと拝める。
序章クリア後は、ステージクリア報酬として入手可能。

2015年12月9日のメンテでスカサハがピックアップガチャに登場し、キャンペーンの一環でスカサハ自身を操作できる限定クエストが登場。その中で彼女がクー・フーリンにケルト魔術でなく、ルーン魔術を教えた理由が明かされている。

端的にいえば「戦士向きの魔術だった」故で、比較的現出に時間を要するケルト魔術よりも、ルーンを刻むだけで発動するルーン魔術の方が、実戦向きで扱いやすいという判断によるものだったらしい(実際アニメ版ではその身体能力とルーン魔術を活かし、シャドウアーチャーを翻弄する様子が描かれている)。

ちなみに2018年稼働開始のFGO arcadeではランサーのクー・フーリンではなく、このキャスターとしての彼が最初に実装されている。

人物

ランサー時同様、気さくで頼れる兄貴分。
魔術師として現界したためか、本人曰くあちらより少し知的。ただし、事あるごとに「ランサーで召喚されてれば楽勝だった」「槍が恋しい」「ゲイボルクさえあれば無敵」と愚痴をこぼすなど、ランサーへの未練がタラタラである

生前の旧知であるスカサハフェルグスも、キャスターとして召喚された彼を「イジメか!?」と憐れんでいた。
というのも、ドルイドとはケルト社会における「知識人階級」であり、その役割は聖職者と法律家の両方を兼ね備え、法律に関する事柄では王よりも高い発言権を持っている。
憶測ではあるとはいえ、国一番の暴れん坊が司教の格好をしていれば、誰だって笑うだろう。

真名

ケルト、アルスター伝説の勇士。
赤枝騎士団の一員にしてアルスターの最強の戦士であり,異界の盟主スカサハから授かった魔槍を駆使した英雄であると同時に、師から継いだ北欧の魔術――ルーンの術者でもあったという。

キャスターとして現界した彼は、導く者としての役割を自らに課していると思しい。
真のドルイドではなく、仮初めのそれとして――。
共に在り続ける限り、彼はマスターの行く道を照らしてくれるだろう。

能力

キャスターとして現界した彼はランサーとして現界時とはうって変わり、多彩な魔術の使い手として敵対者を苦しめ、特に強力な熱・火炎攻撃を得意としている。
これには「アンサズ」のルーンを使用していると思われ、アーチャーの放った剣には「エイワズ」のルーンを使用。エイワズには『腐れとの決別』を意味する。

アニメ版ではルーンによる火炎攻撃の他にも、宝具であるウィッカーマンを一部だけ召喚しての攻撃や、同じく宝具に由来すると思われる樹木操作能力も披露した。アーチャーに貫かれたと思いきや、昆虫の如く脱皮して回避するなどトリッキーな戦法で終始圧倒していた。

攻撃以外で主に使用するのは対魔力スキル相当の効果、千里眼スキルの効果、パラメーターをAランクに上昇させる効果、等。アニメでアーチャーと接近戦をした際には筋力をAランクにしていたとのこと。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香EDCBDB


保有スキル

陣地作成(B)キャスターのクラス特性。魔術師として自らに有利な陣地な陣地「工房」を作成可能。師匠の宝具である『門』をアレンジした陣地を作ることもできるが、おとなげない師匠がパクリ認定して襲ってくるため秘中の秘。
神性(B)神霊適性を持つかどうか。ランクが高いほど、より物質的な神霊との混血とされ、キャスターは半神半人であるためランクが高い。
ルーン魔術(A)スカサハから与えられた北欧の魔術刻印、ルーンの所持。これを使い分けることにより、一時的ではあるがパラメータ上昇、対魔力、千里眼の獲得など強力かつ多様な効果を使いこなす。ただし、効果の同時複数使用(併用)は不可。
矢避けの加護(A)飛び道具に対する防御スキル。クー・フーリンのそれは先天的なもの。攻撃が投擲タイプであるなら、使い手を視界に捉えた状態であれば余程のレベルでないかぎりランサーに対しては通じない。ただし超遠距離からの直接攻撃、および広範囲の全体攻撃は該当しない。
仕切り直し(C)戦闘から離脱する能力。不利になった戦闘を初期状態へと戻す。


宝具

灼き尽くす炎の檻(ウィッカーマン)

キャスニキさん


無数の細木の枝で構成された巨人を召喚して火炎を纏わせ、敵対者に差し向けて強力な熱・火炎ダメージを与える。
詳細は個別記事を参照されたし。

大神刻印(オホド・デウグ・オーディン)

  • ランク:A
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:1~80
  • 最大補足:500人

真名解放とともにスカサハより授かった18の原初のルーンを全て使用することで開放される宝具。
北欧の魔術神オーディンの力が開放され、敵拠点に大規模な魔力ダメージを与える。更に、生存している敵のバフ効果を全解除し、各能力パラメーターを1ランク減少させ、常時発動型の宝具を有していた場合は1~2ターンの間停止する。

極めて強力な奥の手だが、オーディンによる使用制限が掛けられている可能性もある。
マイルーム会話にて「今風に言うと”マトリクス・オーダイン”」と語っているのはこちらの宝具の事だと思われる。

Fate/GrandOrderでの性能

【Quick:1/Arts:3/Buster:1】のキャスターらしいカード配分で、宝具解放に必要なNPが稼ぎやすく概念礼装とカードの繋ぎ方次第でほぼ1ターンで解放可能。
『霊基再臨』でパワーアップさせて行くと「矢避けの加護(回避3回分を3ターン付加)」と「仕切り直し(HP回復&弱体化解除)」を憶えてくれるので、キャスタークラスとしてはかなり粘り強く、生存戦術に長ける。
☆3キャスターとしてはHPが高い部類で、NPを高速で稼ぎながら攻撃を耐え抜き、宝具を連発するという豪快な戦法を得意とする。
ただ霊基再臨に必要な素材が収集困難なものが多く、また成長も凹型で中盤で中弛みするので、育て切るなら苦労を惜しまない方がよい。

宝具の詳細は個別記事を参照されたし。
防御ダウンと火傷はオーバーチャージ(NP200%以上or宝具チェイン2連目以降)で効果が上がり、特に火傷はダメージこそそこまで高くならないが、10ターンと状態異常付与の部類ではかなり長い。
ただし“ストーリー召喚でのみ”召喚可能なため、ピックアップ召喚が頻繁な現状だと入手の機会が少なく、宝具レベルが上がらず仕舞いになりやすい。

火力が不足しがちなので、Arts性能UPでNP獲得量と通常攻撃のダブルUPを狙うか、宝具強化系で瞬発力を底上げするかするとよいだろう。
逆に耐久力に比重を置いて、粘りながら宝具を回転させるのも一興。「2030年の欠片」でHPを底上げしつつ、クリティカルスターを味方に供給するという奇手もできる。
自身も「ルーン魔術」でのクリティカル威力の補正が可能だが、キャスタークラスのスター集中率は全クラスでも“下から2番目”と低く、半ば死にスキル化しているのが辛い。

なお、最も特記するべきことして基本性能よりもライダークラスのエネミーが多く、クラス相性で非常に不利を強いられる1章オルレアンでの不憫が際立っている。
全体攻撃の宝具を持つサーヴァントを得たからと言って決して慢心できない聖杯戦争の厳しさを教えてくれる、この仕様も含めてFGO序盤戦は初心者を対象としたチュートリアルと言える。

2016年10月に「サーヴァント強化クエスト第5弾」が実施され、「ルーン魔術(A)」→「原初のルーン」への昇格が実装された。
強化内容は【クリティカル威力UP&弱体耐性UP&NP獲得】と、宝具回転率の底上げが可能となった。
相変わらず本命のクリティカル補正はオマケ程度だが、純粋な使い勝手が改善されたと言える強化である。

そして2018年の3周年記念強化クエストで、ようやく宝具強化が実装された。
自身のBuster性能アップ(3T)+敵全体に強力な攻撃&防御力ダウン(ダウン倍率上昇)&やけど状態を負荷(10T)】となり、固定値ではあるが宝具威力そのものを補強できる。3ターン継続なので、1枚だけだが自身のBusterカードの威力も底上げ可能だ。
防御ダウンの効果も向上し、味方への火力支援も捗るようになった。

関連人物

ランサー(Fate/staynight)
ランサーとしての彼。

クー・フーリン・オルタ
特殊なあり方で顕現したバーサーカーとしての彼。

ディルムッド
彼と同じ、ランサーとしては既出だがFGOで別クラスとしての側面が新規登場したサーヴァント。

ギルガメッシュエミヤ
同じくFGOで別クラスとしての側面が新規登場したサーヴァント。

メイヴ
彼にとって、最も相性の悪いサーヴァント。クラス相性のほか、彼女の宝具に男性特効が付加されているため。

モルガン
「碌な思い出が無いから」とメイヴと並んで会いたくないと評している。
モルガンの原型となる人物「モーリアン」はアイルランドの魔女神であり、クー・フーリンとも関わりがあるが、型月世界におけるアーサー王伝説との関係性は現在のところ不明。
詳細は該当記事を参照。

スカサハ=スカディ
同じく原初のルーン魔術を扱うキャスター。

シグルド
「FGO material VI」の因縁キャラにクー・フーリンを挙げているが、意味深な反応を見せている。

余談

現在もキャラクター造形に不明な点の多い人物であり、意味深な言動や設定が繰り返されている。例えば、

  • 再召喚された際に持ち合わせないはずの特異点の記憶を何故か明確に覚えている。
  • 2部開始前の時点のバレンタインイベントで人理再編に言及していたりと物語の核心に迫っているかのような節がある。
  • 1部のサーヴァントが総登場する冠位時間神殿ソロモンでは、一番初めに味方となった彼だが一切姿を見せなかった。
  • 彼の絆礼装『森なりし聖』だが、米版FGOでは『Yggdrasil Tree(ユグドラシル・ツリー)』と、何故かケルト神話には全く関係のない北欧神話の要素となっている。
...などと、様々な謎が残っている。長らく登場の機会のない彼だったが、公開された2部後期OPにて異星の使徒達と戦っていたことから再登場する事が確定している。様々な新サーヴァントが映っている中わざわざ彼の姿を出すのだから、相当重要な立ち位置なのだろう。どうやら今回もカルデア側に味方するようであり、遂にこれらの謎が解き明かされるのだろうか...。

関連イラスト

Rune
✩★✩


動く
キャスター!



関連タグ

Fate/GrandOrder キャスター(Fate) サーヴァント
兄貴キャスターキャスニキ:表記ゆれ・別名。
オーディン:詳しくは割愛するが、関連人物として名前の挙がる神霊。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クー・フーリン(キャスター)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3012224

コメント