ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

Fate/Grand Order第2部に登場する主人公たちの拠点。
『ノウム』はラテン語で『新』を意味し、またの名を「彷徨海カルデアベース」。作中ではカルデアベースの呼称の方が多く使われている。

第2部では冒頭に地球侵略が行われ、その一環として全土を「人理漂白」が襲った。しかし「彷徨海」は漂白を免れており、ここに建設されている。

初登場は第2部3章「人智統合真国SIN」。
シオン・エルトナム・ソカリスがエントランス一帯を借り受ける形で、旧カルデアの生き残り達と合流後、契約サーヴァントであるキャプテンに依頼して改装させ、完成させた「白紙化地球解決プロジェクト」の本格的な前線基地である。


マイルームなどの内装は旧カルデアを極力再現させており、豊富な魔力や電力が供給されているため、旧カルデアから持ち出した守護英霊召喚システム「フェイト」も問題なく機能している。

また、旧カルデア時代にダ・ヴィンチちゃんが機転を利かせ、人理修復後に魔術協会から言い渡されたサーヴァント退去命令を、契約破棄ではなく契約一時凍結という形で行っていた。
更に一年という長い期間をかけて当時のサーヴァント1人1人の状態を霊基グラフへと丁寧・正確に記録していたおかげで、サーヴァントたちは旧カルデア時代の記憶を持ったまま顕現することができるようになっている。

ただし旧施設に比べると、ノウム・カルデア建造時点ではまだ霊基グラフが安定したサーヴァントでなければ顕現できないとのこと。いずれ可能な限り顕現させて旧カルデア同様に待機させておくつもりらしい。

また旧施設のような各自サーヴァントへ一室ずつ充てがう程のスペースは無い為、殆どの面子は常時現界している訳ではなく、そうでない者も主にシミュレーター内を行動拠点としている模様(今のところ弊害はないものの、現実のものを持ち込めないという欠点がある)。

メンバー

藤丸立香
本作主人公。人理保障機関カルデア唯一のマスター。

マシュ・キリエライト
藤丸立香と本契約しているデミ・サーヴァント。

レオナルド・ダ・ヴィンチ
カルデアの技術顧問である天才サーヴァント。以前の「レオナルド・ダ・ヴィンチ」のバックアップとして造られた劣化コピーのような存在。

フォウ
戦わずして打倒された獣。現在は力の多くを失っているが、知性は順調に再成長中。
相変わらず主人公たちに付きまとっている一同のマスコット的存在。

シャーロック・ホームズ
カルデアの経営顧問を仰せつかっているルーラークラスのサーヴァント。

ゴルドルフ・ムジーク
旧カルデア崩壊直前に就任した新所長。ノウム・カルデアでも所長を自任している。
口は悪いが結構憎めないところがある。また色々と経験豊富で小技が効くため、意外と役には立つ。

ムニエル
旧カルデアオペレーターの一人。小心者でオタク趣味。
一同の中では最も一般人的な感性を持っており、大人としての立場から主人公たちを見守っている。

トマリン、カワタ、オクタヴィア、チン、カヤン、エルロン、マーカス
旧カルデア崩壊を生き残ったその他のスタッフ。

シオン・エルトナム・ソカリス
本来は彷徨海と対立するアトラス院の中枢メンバーだが、地球の滅びを食い止めるべく、彷徨海へ身を寄せ、「白紙化地球解決プロジェクト」の責任者としてカルデア一行に協力する。
立場的には施設管理者と言えるもの。

キャプテン
シオンが召喚した幻霊サーヴァント。優れた工作能力でノウム・カルデアやシャドウボーダーの改修・整備を一手に引き受けている便利屋。

内装

中央管制室

ノウム・カルデアの中核部。カルデア一行到着前からシオンによって3ヶ月不眠不休で組み立てられた、彼女の最高傑作。

内装や規模は旧カルデアのものとほぼ同一であり、演算システムには霊子演算装置「トリスメギストス」の姉妹機である霊子演算装置「トリスメギストスⅡ」が設置されている。流石に設備部分以外の床材までは敷かれていないほか、地球環境モデル「カルデアス」が無いため、妙に中央の空間が空いている。

エジプトを根拠とするアトラス院による技術の産物だが、異聞帯の場所を説明する際に使用した世界地図は、太平洋を中心にした構図のものである。そのため、最大の異聞帯である大西洋のギリシャ異聞帯の位置表示がバッサリと両端に分断されている。

更にシオンの調整により、カルデアス及びレンズ・シバの代用品にトリスメギストスとペーパームーンを用いる事で、人理漂白以前の時間で発生した特異点へのみレイシフトも可能となった(=異聞帯には介入できない)。
ただし以前ほどの"存在証明"は行えない為、脅威度が低く現代からそれほど離れていない特異点にしか転移は出来ない模様。

メインストーリーの性質上、このレイシフトはイベントシナリオで使用されることになる。したがって、2019年からのイベントは第2部の時系列としてストーリーを組むことが可能になった。

その他

  • マイルーム

主人公の新たなプライベート空間。内装は旧カルデアのものを再現しており、その差異は間違い探しレベル。当然レイアウトも準じており、正立方体に近い空間に、ベッドとシャワーとトイレと通信用モニターのみという簡素な作りもそのまま。空間自体も6〜10畳ほどの広さで変わりないようだ。

  • 廊下
ノウム・カルデアの往来の場。旧カルデアのそれはチューブ状で曲線的なデザインだったが、こちらでは角ばった普通の廊下。

  • 食堂
旧カルデアのそれは廊下の一角を切り取って改装したものだったが、こちらでは最初から食堂として機能するように一から設計された。こちらも四角空間となっており、中央を飲食スペースとし、4面ある壁の二面が窓口となり、その向こう側が厨房となっている。そのため厨房はL字型の間取となっている。

  • ドック
彷徨海の玄関口とも言える港施設。本来はただの洞窟同然だったのだが、シオン達によって増設された。シャドウボーダーの格納・整備区画としても機能している他、出撃時はここから出発する。
ちなみに侵入される可能性を考慮してか、海中にゲートがある。

  • 図書館
紫式部がノウム・カルデアで召喚された時に、倉庫エリアの未使用スペースに空間を歪めて作られた巨大な地下図書館。彼女の能力によってデータベース内にある伝記などを書物化しているため、あらゆる書物が実物の本として図書館に収められている。
また奥には紫式部の私室があり、データベース内にあったルルハワのホテルの一室を再現している。

関連タグ

彷徨海 人理継続保障機関フィニス・カルデア 虚数潜航艇シャドウ・ボーダー

関連記事

親記事

彷徨海 ほうこうかい

pixivに投稿された作品 pixivで「ノウム・カルデア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40726

コメント