ピクシブ百科事典

シオン・エルトナム・ソカリス

しおんえるとなむそかりす

『MELTY BLOOD』の登場キャラクター「シオン・エルトナム・アトラシア」の旧名。本項では『Fate/Grand Order』に登場する彼女を説明する。
目次[非表示]

「私はシオン。シオン・エルトナム・ソカリス。」
「そろそろ地球が滅びるなー、と予測して彷徨海に逃げ込み、君たちを待ち続けた霊子ハッカー。」
「彷徨海のお歴々から白紙化地球解決プロジェクトを任された、アトラス院の最後の一人だ。」

概説

魔術協会三大門「アトラス院」の錬金術師で、汎人類史に残った最後の一人の女性。
『MELTY BLOOD』シリーズのヒロイン(&第一作主人公)の「シオン・エルトナム・アトラシア」の学長候補に推薦された際に、改名する以前の名前、アトラス院所属で「霊子ハッカー」を自称するため、並行世界の同位体と思われる。

人理継続保障機関フィニス・カルデアで使用されていた霊子演算システム「トリスメギストス」及び虚数潜航艇シャドウ・ボーダーの次元航行機関「ペーパームーン」の製作者。
トリスメギストスについては養父である学長から引き継いだもので、のちに彷徨海に二号機を建造している。

カルデアとの交渉後、アトラス院も独自の未来観測を開始。その結果、2018年で人理が唐突に消滅し、それを食い止めるカルデアも真っ先に破壊されるであろう事を導き出す。
この突然降って湧いた「難題」に対する「解」を得ようと学長である養父に相談を持ち掛けるも、「自分で見つけた問題は自分で解決しろ」とあっさり協力を断られ、それをきっかけにアトラス院を出奔し、彷徨海の門を叩く。

その後、彷徨海でトリスメギストスⅡを建造し、カルデア陣営がクリプター陣営の障害となって立ちはだかってくれることを信じ、彷徨海からカルデアへ向けて信号を送り続けてきた。
そして第二の異聞帯を突破してきたカルデア一行を彷徨海に招待し、彼らのために彷徨海の一角を拠点「ノウム・カルデア」として貸し出し、協力関係を結ぶ。

竹箒日記によると吸血種ではあるが、"死徒"と定義されてはいないとのこと。

人物

原典のメルブラシオンが「生真面目で堅物なクール委員長」キャラだったのに対し、FGOシオンは「明るく前向きで洒脱なムードメーカー」と、メルブラ版とは180°と言い得るほどキャラが変わっている。
本人曰く「人見知り」との事だが、明るくにぎやか、さらにジョークを交えて人を担ぐような会話も楽しむなど、社交的で掴みどころのない女性。この性格は養父の受け売りで、父に構われ過ぎた結果、この傍迷惑な性質も受け継いでしまったとのこと。

かの鬼畜ロリ魔法少女のように、同一人物でありながら、運命のレールが一つ違うとここまでの変化が起こるという事を証明する存在でもある。

「中断(カット)」や「修正(リテイク)」など、原典における先祖の口癖も受け継いでおり、「父がアトラス院の学長」という言から、が彼女の親であることも確定している。
メルブラでは怨敵にして死徒としての「親」に当たるが、Fate時空では「養父と娘」という関係に収まり、彼を「演劇狂いの失格親父(ダメオヤジ)」と讒言しつつも、親子仲は悪くない様子。

それでも根っこにある、面倒看の良いの人の好さと合理主義、目的のために大胆に行動できる決断力と胆力は変わっていない。

いつもは人工血液とサプリメントで栄養補給を済ませていたらしく、カルデアのために彷徨海内部に施設したキッチンや食事という行為に興味が尽きない様子。

容姿

服装は魔術礼装アトラス院制服」の亜種。もっとも彼女こそ本場アトラス院の出身なので、似ているのは当然の話である。
最大の違いは黒縁眼鏡ツインテールという、ダイナミックなイメージチェンジが施された点だろう。メルブラシオンも踵に付くほどの長髪だが、普段は三つ編みで一本にまとめているため、長髪という印象は薄い。
所謂、『月姫』の女性キャラ三人組の特徴的な部分を纏めたキャラというイメージが分かりやすいのかもしれない。

またキャラ性の変更に伴い、目つき鋭く険しい表情の多いメルブラシオンに対し、かなり表情が柔らかくなっている。
あと、メルブラに比べて分かりやすく大きい(原典では全女性キャラ中3位のセクシーボディーの持ち主だった)ことも分かる。

その他

『MELTY BLOOD』はAD.2000年前後の物語で、当時のシオンは10代後半だった。
つまり2018年では、どう少なく見積もってもアラサーは免れず、ややもとするとアラフ(手記はここで切れている

なお、漫画版では『FGO』の設定を踏まえた作品もある。

関連人物

ズェピア・エルトナム・アトラシア
アトラス院最後の院長であり、シオンの養父にして師である錬金術師。
シオンによくちょっかいを出しては鬱陶しがられているが、父親として、また師として良好な関係を築いている。

キャプテン
カルデアの手法を模倣し、アトラス院の技術で幻霊を合体・融合させることで、独自にサーヴァントを召喚することに成功した英霊。
その性格ゆえに反応こそ淡泊だが、サーヴァントの意思を尊重した良好な関係を結んでいる。

関連タグ

TYPE-MOON 月姫 メルブラ シオン・エルトナム・アトラシア
Fate/GrandOrder/Cosmos_in_the_Lostbelt
アトラス院 彷徨海 錬金術師

pixivに投稿された作品 pixivで「シオン・エルトナム・ソカリス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79690

コメント