ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

幻霊

げんれい

「Fate」シリーズに登場する用語。便宜上、英霊の定義についてもここに記載する。
目次 [非表示]

概要

Fateシリーズ」の大きな要素「サーヴァント」として召喚される、神格化された歴史・伝説上の存在たる「英霊」。

それより1ランク下の存在が「幻霊」であり、用語としては『Fate/Grand Order』のエピソード『悪性隔絶魔境 新宿』での説明が初出。


民間伝承や物語に伝えられる極めて架空に近い存在や、実在しているが英雄と呼ばれるには武勲や活躍に乏しい者たち。歴史が足りず、知名度や信仰が望めないなどの理由で霊基数値が不足しているため英雄にも反英雄にもなれず朽ちて消えるだけの存在。


本来であれば幻霊はサーヴァントとして呼び出すことができず、例え召喚できたとしてもサーヴァントの中でも最弱になりやすい作家系のキャスターにも劣るレベルの弱さとなる。

宝具の威力自体も減衰し、そもそも使えないとされるが、その性質だけは英霊同様変わらないとされる。


しかし極めて世界法則の乱れた(物理的・魔術的に破綻した)世界に於いては幻霊同士、または英霊と幻霊を融合させることによる霊基の強化が可能であり、その場合に限り、通常のサーヴァントと同等以上の力を発揮することができる。

もちろん霊基に相当手を加えているため、原典とはかけ離れた存在になり、その様なモノをサーヴァントとして再召喚するには、当事者として交流するレベルの縁が不可欠となる。


メインクエストで再び大規模に言及されたのは、第2部第6.5章『死想顕現界域 トラオム』にて。

この特異点では万単位ものサーヴァントが召喚され、彼らは『英霊級』『幻霊級』の2種に分類されている。『英霊級』が上級で尉官や将校にあたり、『幻霊級』は一般兵にあたるものとして扱われている。幻霊級は英霊級と比べると劣るのは事実であるが、宝具は英霊級と同様に使用が可能。

戦場で倒れた兵士のような、歴史に名を挙げる一歩手前の者達が幻霊級として召喚されている。


Lost Einherjar』によると亜種聖杯戦争では無理矢理エーテル体を与えた幻霊サーヴァントが召喚されることもしばしばあるとのこと。


該当者一覧

作中で明言された者のみ記載。

勘違いされやすいが、架空の存在や本来サーヴァントとして召喚されない者の全てが幻霊というわけではない。


『悪性隔絶魔境 新宿』

該当クラス真名備考
アーチャー魔弾の射手英霊ジェームズ・モリアーティの適性は本来キャスターだが、能力だけ取り込むことでクラスチェンジしている。
ライダー融合する事で霊基数値を底上げしているパターン。
アヴェンジャーロボがグリフィンの能力を取り込む過程でクラスチェンジ
アサシン燕青が主体だが、能力を使う度人格への影響が強まっていく。
バーサーカークリスティーヌ・ダーエ殺戮人形に壊れた人格を宿らせるのがやっとだった。
(なし)名探偵たちとある方法により、朧げな霊として200体あまりが召喚された。
アサシン呼延灼が主体だが人格への悪影響が強く、お蔵入りの未登場になっていた。

『死想顕現界域 トラオム』

概要にもあるよう他にも多数の幻霊級サーヴァントが登場している。

該当クラス立場
キャスターパラケルススの弟子
アサシンハサン・サッバーハになれなかった暗殺者

その他

該当クラス真名備考
バーサーカーポール・バニヤンギャグ時空ではあるが、うどん粉と聖杯の泥で作られた霊基で英霊として現界している。
ライダーキャプテン・ネモ神霊トリトンまたは英霊ノアと融合することで複合サーヴァントとして成立した。
セイバー?シラノ・ド・ベルジュラック現界は出来たが、無力かつ影のような姿になっている。

「英霊」の定義

英霊の条件

元来サーヴァントの根幹を成す『歴史』、『伝承』とは、数えきれない程の異説や反証がついて回る事が当然の概念である。


加えて型月世界では男性とされていた偉人が女性であったり、架空の存在とされた人物が型月世界では実在する、あるいは実在した人物がモデルとされるケースも茶飯事で、それすら並行世界ごとによって話が変わってくる事が確認されている。


例えば、従来の型月作品では佐々木小次郎は実在せず、基本的には英霊の座に登録されていないが、『Fate/prototype』の世界では英霊の座に登録された実在の英雄であったり、男のアーサー王異世界の英雄王が登録されている点などである。


「その世界線」に存在しないとされる英雄は、人類史の中からその英雄の殻を被るのにふさわしい人物(亡霊)を英霊として登録し召喚されるケースもある。


上記にもあるように英霊の座に登録されるには、『歴史』、『信仰(知名度)』、『功績』この3つを十分に満たしていることが条件で、この3つが足りていれば、架空の存在であっても英霊の座に登録され、逆にこれらが足りていなければ、実在の人物であっても英霊の座に登録されない。


しかし、これらを3つを十分に満たしているにもかかわらず、英霊の座にいないと明言されている英雄や偉人の類も確認されており、ミケランジェロなどが該当する。


ミケランジェロが英霊の座にいない理由については不明だが、2020年バレンタインイベントに召喚される前の清少納言は、『枕草子』を綴り終えた後、恩讐さえ捨て去り、華やかな人生を思い返しながら、ただ一つの星を胸に抱いて生きて行くという選択をしたことで英霊の座に登録される存在ではなかったという。

また、マーリンによると、ギャラハッドは生前に『役目を終えた』人間だが、心残りと意見が残っているため英霊として成立しているという。

このことから、『役目を終えた』人間、心残りや意見といった未練がない者は条件を十分に満たしていても英霊にならないと推測される。


上記のような英霊の座にいないとされる実在の人物は、一般的な死者の霊と同様『亡霊』と分類される模様。

ちなみに「アサシン」という名で群をなしている(恐らく初代を除く)ハサン達も、元々は英霊候補の亡霊であるため、正純な英霊と比較して能力は低いとされる。


このように英霊と幻霊、亡霊を分ける条件は非常に曖昧で、身も蓋もない事を言ってしまえば、設定担当やライターのさじ加減次第と言える。

一般的に知名度が低い者でも英霊の座に登録されている場合もあれば、出典が文学作品だがTYPE-MOONの世界観では実在し、その作品のモデルとなった人物が英霊となったケースも多く存在する為である。


また、『FGO』にて特殊な方法で座に登録された者たちが多く登場する。

etc.


※これを行った人物が規格外な存在だったが故に出来た方法と見るべきか。


また英霊の中には半神などの神との混血や神が人に転生した者、神の座に祭り上げられた者が存在し、それらは通常は英霊の座に登録されるが、極めて特殊な方法よって神霊として召喚されることもある。

詳細はこちらを参照。


未来の英霊はあるのか?

英霊の座は時間軸を超越した場所であるため、平成より未来の英霊もいるが、近代兵器に身を包んだ「未来の戦士」のような者は英霊のカテゴリーには含まれづらい。


近代兵器の最たる利点は「使い方を学べば誰でも使える」という事。しかし、そうであるが故に“特別な存在”にはなりづらく顔のない英雄となり、個々人の才能環境に左右され易かった古代と比べても、武力を高める事へのハードルが非常に低くなっている。

「誰でも学べる・誰でも使いこなせる・誰でも簡単に殺せるし殺される」状態では、使い手の技術よりも武器の造りの良さがかえって目立つことになり、特定の人物よりも「兵器」自体がむしろ奉られることになりそうである。


近代兵器に身を包んだ英雄がいたとするなら、最低限でもその時代の武器扱いが誰よりも優れるエキスパートであり、さらにそれを周知されて大きな功績を成し遂げ歴史に爪痕を残して、伝説・英雄物語として謳われ続けことによって、漸く英霊としてスタートラインに立ったことになる。

ウィリアム・テル雑賀孫一がその例だが、それも万人が一級の武力を持てる訳ではなかった当時だからこそという面が大きい。


こうした流れの影響で「功績の価値」そのものの下落が甚だしいことも要因。

古代では「世界を救った」事は大いに讃えられる功績だが、現代世界では人類を滅ぼしうる要因(核爆弾など)がそこかしこに存在しており、世界を危機に陥れる事も、それを阻止し世界を救う事も、いとも簡単に出来る様になってしまったのである。


例として、いたずらに核ミサイルを世界中へ乱射しようとしたハッカーがおり、そのハッカーを未然に逮捕した警官は世界を救ったと言えるが、その警官は謳われるどころか、数週間たてば功績すら忘れ去られる。

こうなれば、無意識のうちに人々が抑止力に突き動かされて世界を救っているに等しく、『世界を救った』程度の功績では英霊になれなくなっているのだ。


もっとも、世界観内の設定はさておき、Fateシリーズという「創作」自体は、近代は現在まで続く政治・宗教の問題など、極めてセンシティブな話に触れやすいがため、近代・現代の英霊が出るか出ないかというのは、もっと単純な大人の事情としての側面も大きい。


神話や伝説の解釈

型月世界の神話や伝説は、過去に本当に起こった出来事とされているが、神話や伝説を出典とする英雄は歴史を遡って作られた存在である為、史実の成立時代や伝承上の逸話とは齟齬がありカルナアルジュナが活躍していたマハーバーラタであれば、紀元前4世紀から4世紀に成立したというのが定説だが『マハーバーラタ』は紀元前5000年を舞台としていたり、ジークフリートまたはシグルドが主人公の『古エッダ』は5世紀を舞台としているのにもかかわらず成立は8世紀だったりする。


神霊の場合であっても似たケースが確認されており、例えばギルガメッシュの時代より前にオリュンポスの神々が存在していたりするのである。


この点については作中でもシャーロック・ホームズが触れており、あくまで人の手で作られたお話にすぎないからだとも述べているが、ナポレオンやサリエリの様な、史実の人物であっても後世に体系化された説話や逸話に影響を受けた例も多数確認されている。


蒼銀のフラグメンツ』でもこの点に触れており、型月世界においても神話伝承には諸説あるらしく、召喚されたサーヴァントの過去と齟齬があるらしい。

この為、『神話』や『伝説』の類は神代を垣間見る為の不完全な記録ではないかとも言われている。


関連タグ

Fateシリーズ サーヴァント

関連記事

親記事

サーヴァント さーゔぁんと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1563

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました