ピクシブ百科事典

ポール・バニヤン

ぽーるばにやん

アメリカ開拓史伝承によって生み出された巨人。アメリカンジョークの真髄であるホラ話の体現というべきキャラクター。
目次[非表示]

ポール・バニヤン【Paul Bunyan】とは、アメリカ開拓史に登場した架空の人物である。

概説

身長8mという巨人木こり
気は優しくて力持ち、豪快で気さくな面のナイスガイとされ、相棒に青い毛の巨牛ベイブを引き連れている。
彼の持ち物はすべて規格外のサイズで、一日で山一つを更地に出来るほどの働きが出来るという。
その食欲もすさまじく、一日に50頭分の牛乳を飲むらしい。

彼はアメリカにある自然物の多くを作り出し、五大湖やロッキー山脈を創り、さらにはベイブが五大湖の水を入れた桶をひっくり返した被害を抑えるために濠を作り、それがミシシッピ川となった。










……というアメリカンジョークである。


概説(真)

アメリカ開拓史の中でまことしやかに語られてきたワイルド・ウェスト・ダイダラボッチ
上記の話は、ポールの話が伝播する際、ホラ話で大幅に盛った結果歯止めが効かなくなっていき、ただの大男が創世の巨人にまで話が誇大化してしまったのである。
ホラ話が一種の文化として根付く、ジョーク好きなアメリカらしいガテン系ヒーローといえる。
後に、民俗学者リチャード・ドーソンが使った言葉から、民間伝承の体裁を取った作り話を、「民間伝承(フォークロア)」ならぬ「フェイクロア」と呼ぶようになった。
ポール以外の著名なフェイクロアには、縄で竜巻を捕まえて馬のように乗り回したというカウボーイペコス・ビルや、異様な体型を持ち見た者の正気を奪う怪人スレンダーマンなどが挙げられる。

今でも日本でいう「」級の人気があり、絵本おとぎ話のヒーローとしてアメリカ国民から愛されている。
また製材会社などがポールを広告塔として起用した例もある。

Fate/Grand Orderにおけるポール・バニヤン

この記事が作られた段階ではポール・バニヤンのイラストが無いという状態だった。
が、後にマンガで分かるバーサーカーの真名である事が判明。現在はこちら関連のイラストが多く投稿されている。
(実際にイベント開始から一日経っただけの8月3日時点で48枚、翌4日には78枚、イベント終了時には257枚の作品が投稿された)

関連タグ

アメリカ 巨人 木こり
フィクション 
マンガで分かるバーサーカー リヨ鯖

外部リンク

ポール・バニヤン - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「ポール・バニヤン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1673445

コメント