ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

体格差に興奮を覚えるフェチ萌え要素のひとつ。海外では「Giantess(ジャイアンティス)」「GTS」の呼称があり、巨大娘はその訳語として界隈の有志が命名した。一方で「リアルGTS」は現実的に大柄な女性を意味することが多く、巨大娘(Giantess)と区別されている(後者は人間スケールの建物に入れないなど生活に支障をきたすが、前者は他の人類と共同生活が行えるという部分で区別できる)。絵と同時に、小説、動画やゲーム、合成や模型を使った画像などが発表され、それらを扱う専門サイトも存在する。


また登場人物が縮小してしまった場合に、相対的に大きな女性に対しても適用されることもある。この縮小された側を主にシュリンカーと呼ばれる。逆に小さな女性を扱うカテゴリーとして「小女子こおなご)」が存在する。


サイズについて

現実的な実在しうる身長の女性も巨大娘に含まれることが稀にある(例えば300cmまでとされる。これはロバートワドローの272cmを基準にして300cm程度までは将来現実に現れる可能性を否定しきれないため)のサイズ、または人類と共同生活が可能であるサイズの女性(「長身女性」または「リアルGTS」と呼ばれ、巨大娘とは区別されている)が、多くの場合は身長が十数メートルないし数百メートル、惑星サイズ、はては銀河サイズにおよぶものまでがジャイアンティスと呼ばれ、好みによって対象となるサイズはさまざまである。


サイズは大まかに細分化されており、比較的小さいものがメガサイズ娘(家屋・ビル サイズ)、中くらいのものがギガサイズ娘(惑星サイズ)、大きなものがテラサイズ娘(銀河サイズ)と呼ばれる(カッコ内は目安)。


小さい<---------------------------------->大きい

メガサイズ娘 ギガサイズ娘 テラサイズ娘


『女性』からみて男性がこどもサイズの場合を巨女または巨娘と呼び、 手のひらサイズのを巨大娘、 さらには虫サイズの場合もあるが、一般的にはこれらはシュリンカーと呼ばれ巨大娘には含まれない場合が多い。 → 縮小学園」を参照


シチュエーション

自由研究巨大運動会 玉入れ

巨大化するための理由や手段のバリエーションが多く、古典的な例では「ドラえもん」のひみつ道具「ビッグライト」で巨大化するといった例や、何らかの魔法や呪いで巨大化する(させられる)といった例もある。


また、シチュエーションもバリエーションが多く、巨大娘と友好的に触れ合うシチュエーションを好むものがある一方、体格差を利用しての巨大娘による強引な監禁や暴行など悪意を持って接することを好むマゾヒスト的な作風のものや、さらには破壊行為、捕食、踏み潰されることに重点を置いて描いたものまであり、人によって好みはかなり異なる。


これらは、巨大ということ以外に定義が必要ない(≒自由度が高い)ため、様々な趣向の延長や、多種多様なジャンル、フェチに派生しやすいことによる。


登場作品

古くは各国の神話の大地母神から始まりギリシャ神話の女神や、北欧神話での女巨人などの伝承がある。『ガリバー旅行記』に登場する巨人の住むブロブディンナグ国でのエピソードも有名。


映像化されたものとしては、アメリカで1958年に公開されたカルト映画「妖怪巨大女(Attack of the 50 Foot Woman)」が元祖とされ、日本では「ウルトラマン」の巨大フジ隊員が最初であるといわれる。また、ウルトラシリーズでは2期の石堂淑朗脚本回に登場したものが有名である。スーパー戦隊シリーズでもバラリンカロボカラカササヤウェンディーヌギガノイド巨人ケガレシアなど女優が演じたものが登場。


アニメでは「UG☆アルティメットガール」「マクロスシリーズ」(メルトランディ)が、CGアニメ映画では「モンスターVSエイリアン」などがある。SF小説「MM9」では文字媒体であることを活かし、映像化できない巨大娘が登場した。


漫画では「巨人獣」(石川球太、1998年)や駕籠真太郎作品などの鬱展開やブラック要素が強い作品が多く、ギャグ漫画のオチとしても巨大娘化があった。ただ「MORUMO 1/10」(あろひろし1985年)や「ジャイアントお嬢様」(肉村Q、2021年)のようにブラックやオチではなく巨大娘をメインキャラとして扱った明るいSFコメディ作品も古くからある。


2000年代以降は「超弩級少女4946」(東毅2009年)や「GIGANT」「おにでか!」など可愛さを描いた作品のほか、「女子功兵」のようなハードなSF異色作も出現。2020年代には「ちっちゃい島のでっかいガール」や「ちえりの恋は8メートル」のようにバトル描写の無い日常や恋愛をテーマにした巨大娘漫画が見られるようになった。ゲームでも「THE 大美人」など巨大娘が登場する作品は数多くあり、単発のゲームキャラクターで有名なものは、「ダークソウル」のグウィネヴィア、「グランブルーファンタジーユグドラシル、「MELTY BLOODG秋葉などがある。また、巨大娘を題材としたスマホ向けゲームでは「ラグナストライクエンジェルズ」(すでにサービス終了)、同ジャンルの後続作品としては「ハツリバーブ-HAZEREVERB-」がある。このように近年では巨大娘そのものを主眼に置いた作品も増えてきている。


関連イラスト

Comm 1おっきいメイドさん

体格差書き初め"找到你了!!"


関連タグ


二次創作巨大化タグ


関連項目

グウィネヴィア


関連外部リンク

pixivision

関連記事

親記事

巨人 きょじん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 519225008

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました