ピクシブ百科事典

MM9

えむえむないん

MM9とは、山本弘のSF小説、及びそれを原案にしたテレビドラマの事である。
目次[非表示]

概要

怪獣はいるがウルトラマンはいない世界。
政府は怪獣を自然災害の一種とみなし、気象庁に対策部署を設けて調査・分析・対抗策の考案などを担当させる。ちなみに直接の戦闘は自衛隊が担当する。

気特対

「気象庁特異生物対策部」の略。主人公達の所属する気象庁の一部署。

モンスター・マグニチュード

タイトルにもあるMMとは、怪獣を体重により等級化する単位「モンスター・マグニチュード」の略称である。概ね怪獣の体重が重い程、その強さや被害規模が大きくなる。ちなみにMM9の怪獣は、史上類を見ない強大な怪獣である。
なお、作中世界の日本では、MM0(体重1トン)未満の怪獣(ドラマではM)を妖怪(ドラマ版ではS)と呼称している。つまり、ピグモンは妖怪であり、大入道は怪獣である。


小説版では、まともに映像化したら児ポ法にひっかかりまくりの描写があり、それがシリーズや世界設定の根幹を成すエピソードであるため、ドラマはほぼオリジナルエピソードとなる。さすが山本弘、ハードSFを書いても一向にぶれない

pixivに投稿された作品 pixivで「MM9」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20376

コメント