ピクシブ百科事典

スクリュー尾のガー助

すくりゅーおのがーすけ

スクリュー尾のガー助とはアメリカのフラットヘッド湖で目撃された未確認生物で、日本でこの名がつけられた。メイン画像は女体化アレンジ。
目次[非表示]

概要

アメリカ合衆国モンタナ州にあるフラットヘッド湖で目撃された未確認生物(UMA)で、本国ではそのままフラットヘッドレイクモンスター(Flathead Lake Monster)、もしくはモンタナ・ネッシーと呼ばれている。
その他にはハーキンマー・モンスターとも呼ばれるが、詳細は後述するがこの名は日本で名づけられたものである。

1962年に『SFマガジン』誌で、このUMAを古書を通じて知った前衛科学評論家の斎藤守弘が、スクリュー尾のガー助という名で紹介したのである。
斎藤によるとこの日本独自の名は、その古書にあった「スクリューテイル・・」という表現と怪獣の鳴き声「ガー」から名づけたもので、「ハーキンマー」は愛称として掲載されていたものであると話している。

同湖には奇妙な鳴き声の生き物が棲んでいるとインディアンに伝承されていたが、最初に目撃例が記録されたのは1889年のことで、周遊蒸気船の船長ジェームス・C・カーと乗客が船に近づいてきた丸太かボートだと思っていたものが、実は大きなクジラのような生物であると気づいたというものだった。

なお、それから同湖では年に2回程度、4月から9月に多く目撃されるとされ、一生のうちに一回でも目撃できれば幸運であるといわれる存在であるといわれている。
その後、潜水技術が向上した1964年にダイバーが潜って調査したが発見できなかった。

そんな中で1993年には多数の目撃例があり、夫婦か親子と思われる2匹が泳いでいる様子が何度か目撃されたといわれるが、2016年を最後に目撃されていないという。

その姿はブロントサウルスプレシオサウルスのような首が長いもの、のようなくねくねしたもの、ボーリングボール状、またはチョウザメのような頭にウナギのような体であるなど目撃者によって一定しない。
一般的には正体は細長いシロチョウザメではないかといわれているが、同湖での漁獲例がほとんどないためにいまだに謎である。

日本で最も知られている目撃例は、1968年に湖畔に住む一家が船着き場に体をこすりつけているアヒルのような嘴を持つ巨大な生物を目撃したという話である。
この目撃例では、カモノハシ竜(ハドロサウルス科)のコリトサウルスのような姿だったとされる。

1970年代に日本で発行された未確認生物関連の書籍では、斎藤の考案した名(を省略したスクリューのガー助としても)で紹介されたばかりではなく、この未確認生物のものだとされるあまりにも鮮明な恐竜の写真が掲載されたのでさらに有名になった。

トラコドン


※もちろん旧復元図の姿である

なおこの写真は、斎藤のあずかり知らぬところで編集部が独自に掲載したもので、元は現地の親子が恐竜カードか人形を元に作ったのだが、あからさますぎるために本国でも忘れ去られていた合成写真だといわれている。

創作での扱い

タリー


短編集『トワイライト・テールズ』第2話「夏と少女と怪獣と」の舞台が同湖である。
作者の山本弘は上記の日本名の経緯についての調査を行い、ブログで紹介している。

関連タグ

UMA 恐竜 怪獣 ネッシー チョウザメ
アメリカ合衆国
斎藤守弘

関連記事

親記事

UMA ゆーま

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スクリュー尾のガー助」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44

コメント