ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

 名前はスペイン語で「山羊の血を啜る者」を意味する。英語圏では「ゴートサッカー(Goatsucker)」とも呼称されている。別名に「チュパカブラス」とも言われている。

 その名前の通り、放牧されている山羊などの家畜を襲撃し、そのを吸い尽くして殺す生物。

 大きな赤いを持ち、むき出しのを生やし、だけの痩せた外見をしている。全長は人間の半分程度。背中イグアナのようなが一列に並んでいる。二足歩行で立ち上がり、人間が近づくとすばしっこく暗闇へと逃げていく。滑空能力を持つ例や、卵黄のようなものをぶら下げた幼体の情報まである。


 その正体については、カルト宗教の崇拝者による儀式によって呼び出された悪魔、果ては軍の実験による新生物(生体兵器)、或いは宇宙人ないし宇宙生物など様々な説が存在する。

 現在はグレムリンのような外見で統一されているが、外的特徴の細部は目撃情報によってかなり異なる。

 

 1995年2月頃にプエルトリコで発見されて以来、チリメキシコアルゼンチンなどの南米各地、さらにはアメリカでも目撃されるようになった。さらにチュパカブラによるものと思われる家畜の死亡事故が頻発するようになり、その被害件数は1000件を超えるとも言われている。


 2000年前後くらいから「ブルードッグ」と呼ばれている別の生物と同一視されるようになり、ここから徐々に「イヌ科の生物」と認識されるようになる。しかし従来のタイプがいなくなったわけではなく、むしろこの小型肉食恐竜のような見た目の怪物もまた、イギリス中国などでも目撃されるようになる。


 酷似する怪物として「牛打ち坊」が日本で目撃されており、出現時期以外ほぼ全ての特徴が一致する。


正体

真の姿

 DNA鑑定の結果、目撃情報の多くは野生動物の誤認(野犬やコヨーテアカゲザル等)であったケースが多数を占めた。

 最近アルマジロの死体を使ったフェイク写真も公開された。特にブルードッグの正体はコヨーテ野犬疥癬にかかり、脱毛症を発症したものと確定した。このころ新聞に掲載された写真も野犬と判明した。


吸血の真相

 チュパカブラの噂の原因となった事件は、の一種の犯行によるものと考えられている。飼われていたものが逃げ出した後に凶暴化し、家畜の首に噛みつき殺したものと思われる。

 ヤギや牛などの家畜が血が吸い尽くされて殺された噂についてもいくつか再現性があり、家畜が野犬などに襲われて死ぬと血液のほとんどが地面に流れ出て吸収されるため、まるで血を吸われたかのような死骸の姿になる。家屋で死んだ遺体についても、死後長時間放置されたことで血液成分が破壊され、透明化していたたことが誤認の原因であったと言われている。


発生件数について

 そもそもチュパカブラの目撃情報やそのせいとされる家畜の被害報告が増えた年でも、家畜の死亡件数自体は特に上昇していない。つまり昔から当たり前のように起こっていた野生動物による家畜の死亡事故をチュパカブラの仕業と認定していた可能性が強いのである。

 似た事例としてキャトルミューティレーションが挙げられる。


その他

 また、従来型についても、当時公開されていたパニック映画のエイリアンと見た目が似ているとする説もある。疥癬の野犬とこのエイリアンのパターンを除くと、チュパカブラとして報告された件数は極めて少なく、残りもだいたい鳥か猿で説明がつくという。


 ただし、牛打ち坊についてはこのいずれも当てはまらないことから、未だに説明がついていない。また、いくつかの写真も猿や野犬では説明できない点があり、謎は残されたままとなっている。


関連タグ

UMA 吸血鬼 血液 生物


ドラキュラ:吸血といえばで出てくる人物。


グリーンバシリスク:外見的特徴が一番近い生物。非常時には二足歩行で走ることもできる。


ナミチスイコウモリ:リアル吸血鬼。中南米の熱帯雨林に生息し、夜な夜な哺乳類の血を狙って現れ、獲物の皮膚を牙で切り裂いて血を啜る、などから、チュパカブラの正体ではないかと言われている。


コヨーテヒゼンダニ:よく「チュパカブラ」として出回る写真は、ほぼ全て疥癬にかかったコヨーテである。「北米のチュパカブラ」ことブルードッグの正体。


ミヤマオウム:ニュージーランドの鳥でハヤブサの親戚。凶暴化した個体が羊を食い殺す事件が起き、一部のチュパカブラ事件との関係が指摘された。


:巨大化させると似ていると、いくつかの創作で正体とされている吸血昆虫。


チュパカブラの武レドランギャブラー(スーパー戦隊シリーズ):チュパカブラをモチーフとしている戦隊怪人。


オルタナティブガールズ:モブのナイトビーストにチュパカブラのような爬虫類型がいた。また劇中では全身の血を抜かれて死亡した行方不明者や、その血を使った危険ドラッグなども描写されている。


加藤葉月(響け!ユーフォニアム):自分のチューバに「チュパカブラ」と名前を付ける。


水曜日のカンパネラ:「チュパカブラ」というタイトルの曲を歌う。


サクラクエスト:ミニ独立国の名前が、チュパカブラ王国。


モン娘☆は~れむ:チュパカブラのモン娘であるチーカが登場。特定のイベントにおいて確率で入手できる。


遊戯王OCG:UMAをモチーフにした『未界域』のモンスター「未界域のチュパカブラ」として登場。


アイドルマスターミリオンライブ!シアターデイズエイプリルフールイベントに登場。また、モチーフにしたレッスンウェアもある。そしてとうとうチュパカブラがモチーフの楽曲が登場してしまった。アニメ版でも活躍。


吸血鬼すぐ死ぬ:主人公ドラルクの一族が移り住んだ南米の地でアルマジロ達と共に住んでいた。


未確認少年ゲドー:骨格が草食動物のようであることから、骨を借りたとある生物が正体とされた。


東方獣王園:種族は違うが天火人ちやりのテーマ曲が「吸血怪獣チュパカブラ」。


銃夢:『Last Order』にてサイボーグ空手家の一人として吸血空手の冑破蕪(チュパカブラ)が登場。

関連記事

親記事

UMA ゆーま

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1891628

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました