ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

被害者はアブダクションされた家畜
(家畜系の牛を英語で言うと「Cattle」)が多くを占めた。

謎の力で地上から攫われ、UFOの中に引きずり込まれた動物内臓をきれいに取り除かれてしまう。
こうした処理の終わった死体が地上で発見されることもある。
地球人たちは傷口のレーザーで切り取ったような鮮やかな切れ口を見て、その得体のしれない所業に寒気を覚えずにはいられない。

もう少し詳しく説明

キャトルミューティレーションとは、
「動物の死体が内臓や血液を失った状態で見つかる怪現象」のこと。

アブダクションは、
「宇宙人がUFOで人間や動物を連れ去る行為」のこと。
もちろん、アブダクションの後にUFO内で動物がキャトルミューティレーション状態もある。

イラスト等でだいたい再現されているのは
UFOで連れされている状態「アブダクション」されている絵が大多数である。

「キャトルミューティレーション」と「アブダクション」はあくまで別物。

真相

動物が死ぬと、が食べにくる。
やわらかいところからきれいに食べられてしまう。特に眼球や性器、内臓といった柔らかく食べやすい部分は真っ先に食べられる。
血は傷口から流れ落ちたり、死体の下側に溜まっていった結果、地面に染み込む。
それだけである。

動物の死体に当たり前に起こる現象だが、これで「キャトルミューティレーション」されたのと同じ状況ができあがる。

また1980年、元FBI捜査官であるケネス・M・ロメル・ジュニアが実際に死亡した家畜を荒野に放置し、観察を続けた。虫や野生動物により食べられた結果、その死体はキャトルミューティレーションに遭ったとされるものと全く同じ様子になった。

病気などではなく外傷と主張できれば保証金を求めることができる、という事情も「キャトルミューティレーション」騒動の背景にはあった。

余談

Twitter上で
「キャトルミューティレイションは一般人が知らない単語なので変えてください」
そう編集者に諭され、文章表現を変えさせられたという作家の大間九郎さんのツイートが話題を読んだ。

そのツイートをきっかけに
キャトルミューティレーションの解説ツイートがあれば、アブダクションと解説ツイートが相次いで投稿された。
言葉の意味を正しく理解できているかどうかの議論が大拡散し、きちんと意味を理解している人もいれば、中にはやはりアブダクションと混同してしまっている人や、そもそもどちらの言葉も知らないという人まで反応はさまざまあった。
そしていつの間にか「キャトルミューティレーション」がTwitterトレンド入りしたことがある。

関連イラスト

UFOの日2019
牛乳配達


6月6日にUFOが
コロコロ情報のイラストのアレ



関連タグ

アブダクション トラクタービーム リトルグレイ 宇宙人
チュパカブラ:同じく、昔からありふれた家畜死亡事故の原因とされたUMA。キャトルミューティレーションの犯人とする説もある。

関連記事

親記事

アブダクション あぶだくしょん

pixivに投稿された作品 pixivで「キャトルミューティレーション」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1291174

コメント