ピクシブ百科事典

目次[非表示]

バックのロボットがガリヤードで手前の若者が主人公「矢作竜三」である。

概要

後にOVAテレビゲームとして発売されたメガゾーン23のTVアニメ原企画であった。
機甲創世記モスピーダの後番組としてフジテレビ系ローカルセールス枠で放送予定で、超時空要塞マクロスのスタッフとスポンサーが再結集するのがセールスポイントであった。
しかし、スポンサーを予定していた玩具メーカー・タカトクトイスの経営悪化が原因で、TV番組としては御破算になり、企画を練り直しOVAメガゾーン23」として実現した。
なお、タカトクトイスMBSTBS系放送だった「超時空騎団サザンクロス」のスポンサーも降板し、1984年5月に倒産の憂き目に遭っている。

あらすじ

人類が火星に降り立った事がニュース報道されたその日、主人公・矢作竜三の運命は一転する。偶然新型バイク・ガリヤードを入手し、謎の勢力に命を狙われる。そして、竜三は自分たちの住んでいた都市が実は宇宙船の中に建造されていた事を知り、謎の勢力はその都市を守る自治軍だった!
そして、ガリヤードは人型ロボットに変形する事を知り、自治軍と対抗する勢力と協力し、ヒロインの加納ミミを守りながらも、竜三は真実を求める。

登場人物

矢作竜三
加納ミミ
(名称不明の自治軍側主要人物)  

余談

1989年バンダイから発売されたメガゾーン23のムックに、ガリヤードの企画書と発売予定だった玩具の変形ギミックモデルが記載されており、玩具は1/35スケールで展開するつもりだった。これは装甲騎兵ボトムズに触発されており、1/35スケールは田宮模型の戦車等のミリタリーシリーズと同スケールであった。

また、アートミックのムックによると、当初は「モスピーダの後番組」として、学研にスポンサーになってもらおうと企画を持ち込んでいた。
しかし、作品選考で「チックン・タックン」に敗れてしまった。次のスポンサー候補であるタカトクからは、色よい返答を得られたものの、倒産の憂き目に。
このような経緯を経て、諸般の事情から80分のOVA作品「メガゾーン23」として落ち着いた、という。


関連タグ

機甲創世記モスピーダ・TV版で実現していたら前番組になる筈だった
メガゾーン23・本作の決定稿作品
マトリックスメガゾーン23から影響を受けた洋画
お蔵入り

関連記事

親記事

メガゾーン23 めがぞーんつーすりー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「バニティシティ・ガリヤード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました