ピクシブ百科事典

メガゾーン23

めがぞーんつーすりー

アートミックによって1985年に製作されたSFアニメーションOVA。現在はAICに版権が移っている。
目次[非表示]

概要

1985年にリリースされた、アートミック制作の近未来SFアニメーション
OVAシリーズ全3巻。劇場公開もされている。
原作監督石黒昇
1997年にアートミックが倒産したことから、AICに版権が移った。

もともとは『機甲創世記モスピーダ』の後番組バニティシティ・ガリヤード』として企画された。
超時空要塞マクロス』のスタッフだった石黒昇美樹本晴彦平野俊弘板野一郎などが再結集して制作に当たっており、全編のイメージアイコンとなるアイドル歌手(時祭イヴ)、変形ロボ、巨大宇宙船内の都市、恋愛描写など、『マクロス』と共通するモチーフが意識して本編に用いられた。
特に1980年代OVA界隈のトレンドであったメカ美少女描写で大ヒット作となった。劇場版でのみ濃厚なベッドシーンが見られることでも話題となった。DVDBD版には収録されている。

時祭イヴ以外のキャラクターは、各話ごとにキャラクターデザインが異なる。
『PART I』は平野俊弘が担当。当時のアニメでは主流だった少しデフォルメされたタッチ。
『PART II』は梅津泰臣が担当。『PART I』から大きくイメージを変えた独特の劇画タッチ。
『PART III』は北爪宏幸が担当。『PART II』のイメージを継承したシャープな画風。

逸話

平野俊弘はあまりにも本作の制作スケジュールがブラック元旦からやらされた唯一の現場とのこと)であったため「もう二度とやりたくない」とアートランドを辞めて『戦え!!イクサー1』に専念することとなった。このため梅津泰臣が平野からキャラクターデザインを引き継いだが、2人の画風がまったく異なるため「完全に別人じゃねーか!」というツッコミが当時殺到した。
庵野秀明なども作画スタッフとして参加している。
山寺宏一は本作の端役が声優デビュー作であったと語っている。

キャラクター


メカニック


シリーズ作品

  • 1985年 メガゾーン23
  • 1986年 メガゾーン23 PART II 秘密く・だ・さ・い
  • 1989年 MEGAZONE23 III イヴの目覚め(前編)/ 解放の日(後編)


ゲーム作品


関連イラスト

ガーランド



まさかの展開

2017年4月、AICの設立35周年を記念し、完全新作のアニメが制作される事になった。資金をクラウドファンディングで募る方式で、目標額は1000万円を予定。

詳細は、外部リンク先を参照の事。

関連タグ

外部リンク

関連記事

親記事

AIC えーあいしー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メガゾーン23」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 290806

コメント