ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

経歴

1959年7月5日生まれ。

日本工学院専門学校演劇専攻を卒業後、劇団櫂に入団し俳優活動を始める。その後、劇団スーパー・エキセントリック・シアターに移籍するも一年で退団し、オーディションを経て声優デビュー。

声優時代はアーツビジョン⇒アークプロダクション⇒メディアフォース⇒賢プロダクショントリトリオフィスの順に所属していた。

旧芸名・結婚前(離婚後)の旧姓名は小粥よう子(おがいようこ)で、こちらのほうが有名。

賢プロダクションからトリトリオフィスに移籍する際に芸名を現在のものに変更している。


1980年代に演じた『キャプテン翼』の主人公、大空翼はライフワークと化した代表作で、翼役を演じた事を切っ掛けに原作者の高橋陽一と結婚し、後に2014年に離婚したが何度Wikipediaに書いても消されてしまうと小粥よう子名義のFacebookにて綴っているが、2024年時点では反映されている。


本人がかつて運営していたブログでは、30歳(1989年ごろ)で一度引退を決意し、40歳(1999年ごろ)で「日比野朱里」に芸名を変え、『タイガアドベンチャー』にて声優に復帰したと記載されている。しかし、本人が「引退」とするところの1990年代にも、それまでの役の再演以外での声優業を行っており、実際には活動縮小に近いと思われる。


2002年ごろ、「20代で一生分働いた」と再び引退を表明したと思われていたが、2019年元旦のFacebookにて声優として活動する時も小粥よう子を名乗ると公言し、営業していないだけで声優業引退は否定し縁(指名)が有ったら断らないでいこうと綴っている。

現在でも『キャプテン翼』や『るろうに剣心』のゲーム等でかつて演じた持ち役の依頼が来た際には再演している。

なお、他の出演者もいくつか出演していた『キャプテン翼』2018年版には出演しなかった。(2001年版は翼役では無くなったが別役で出演)ただし、アニメ前年にリリースされた『たたかえドリームチーム』(KLab制作のソーシャルゲーム)では翼役を演じている。


現在はアマチュアで落語を演じていることが自身のTwitterに綴られているほか、元夫の高橋が主催するフットサルチームにも所属しているようである。


2020年5月に春山和則がTwitterで『NAMCO×CAPCOM』の15周年を記念したイラストを投稿した際、「コレ、私が録音監督させて貰ったゲームでは。」と引用リツイートで反応している。


主な代表作


※原作ではつかせのりこが担当。つかせの死去に伴い引き継ぎ。


外部リンク

Twitter@akarinn

関連タグ

声優 女性声優 静岡県 CV:日比野朱里

関連記事

親記事

引退した声優 いんたいしたせいゆう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 295

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました