ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

存命中に、自らの意思で現役引退した声優の一覧項目。
なお、この項目では基本的に本人や事務所が引退宣言を行なっている、関係者からの証言で引退したことが明らかになっているといった、引退が確定している者を紹介する。
これに加え、かつて演じた作品の降板が相次ぐなど「作品や製作側の一時的な都合」ではないと推測されるキャスト変更から引退、長期休業であると判断された者も含まれる。

仕事がない(生活できないほど減った)ための経済的な理由のほか、加齢病気でこれまでのような声が出なくなった、またはその療養のためであったり、結婚出産育児介護のタイミングに合わせたり、といったライフステージの変化によるものも見られる。
また、本意ではない仕事ばかりやらされ精神的に疲弊したり、業界の内情を知って絶望したり、生存競争に疲れてモチベーションが維持できなくなったりといったメンタル面の変化を理由に挙げる人もいる。

引退後は、専業主婦や家事手伝い、療養といった形で表舞台に立つことがなくなる場合や、芸能界とは全く異なる業界に転職(場合によっては故郷に帰って実家の家業を継ぐなど)したり、学業に専念したり、進路はさまざまである。
荘真由美や、病気療養前の大山のぶ代のように、後進指導や芸能事務所の経営者、マネージャーなど裏方に転じた者もいる。
また、歌手アナウンサーのような「声優」ではない声の仕事を専業としたり、俳優タレントお笑い芸人のような顔出しでの芸能活動に転向したりすることもある。

引退後も、以前出演した作品の続編やメディアミックスには続投するという場合もある。
例えば『スーパーロボット大戦』シリーズのボイス付き作品では、よほどの事情がない限り引退、休業状態にある者でもオリジナルキャストを採用している。「よほどの事情」というのは、体調不良などで演技をするのが困難であると声優自身が断った場合や、引退後連絡先が不明で、関係者も把握していない場合が挙げられる。(引退、死去後もアーカイブを利用してオリジナルを採用することが多い)
また、そのような作品に出演したことがきっかけで長期的に復帰を果たすといった例もある。

近年では、過剰な「声優(になりたい)ブーム」の弊害として、アイドル声優としてデビューさせられる新人声優が激増したぶん、若手を中心に「急激な環境変化に体がついていけずに体調を崩してしまった」というケースもしばしば聞かれる。
またそのような新人が毎年大勢デビューする結果として、ギャラの高くなった中堅ベテランの声優が、声の変化などもあってそれまでの仕事を失い、世代交代として引退に追い込まれるケースも増えていると考えられる。

公式に引退の報告はしていないものの、実質引退状態にある人も多い。本人は直接言及していなくても、関係者からの証言で引退が明白になることもある。
また、声優として売れる前に諦めて引退する人の数はさらに多い。

以下の声優たちは、主に声優事務所や個人ブログなどを通して、引退が明らかになっているごく一部の例である。

主な引退した声優

()内は最後に所属していた事務所。

女性声優

逢沢凜(アシスト)
阿久津加菜マウスプロモーション
浅野るり(マウスプロモーション)
今井由香アトミックモンキー
今村彩夏WITH LINE
岩坪理江(ア・ミュー)
遠藤ゆりかスワロウ
及川ひとみ<現在は音響製作とマネージメントとして活動中>(アズリードカンパニー
大沢千秋ホーリーピーク
大原桃子(マウスプロモーション)
大前茜賢プロダクション
大森加奈女青二プロダクション
大山のぶ代(アクターズ・セブン)
利田優子81プロデュース)※1
川島千代子青二プロダクション
喜多丘千陽<旧芸名:合田彩>(フリーランス)※1
後藤友香里青二プロダクション
笹川亜矢奈(演劇集団キャラメルボックス)※1
志村由美アイムエンタープライズ
鈴木菜穂子ケッケコーポレーション
荘真由美青二プロダクション)※3
白石文子(81プロデュース)
すみさなえミノリス
高橋美衣(青二プロダクション&オスカープロモーション
タカオユキ(A-Sketch)
田上和枝(所属事務所不明)
竹内若子青二プロダクション
多田葵<現在はシンガーソングライターとして活動中>(劇団ひまわり
鶴岡弥生(所属事務所不明)
天神有海(メディアフォース①)※1
徳光由禾(アクセント)※1
永迫舞(マウスプロモーション)
永田依子(賢プロダクション)
永見はるか(フリー)
鳴海杏子(フリー)
西口杏里沙アクロスエンタテインメント
Hazuki(東京俳優生活協同組合)
林沙織アクセルワン
日比野朱里(トリトリオフィス)※1
細川聖可(アトリエアー)
間嶋里美(フリーランス)※1
松岡ミユキ劇団青年座
松永真穂<音楽活動に専念した後芸能界引退>(スタイルキューブ
水野マリコ(東京俳優生活協同組合)
山口理恵(81プロデュース)
弥生みつき劇団青年座
吉田理保子<現在はディーカラーのマネージャー>(81プロデュース)
芳野日向子(青二プロダクション)
藁谷麻美<現在はアナウンサーに転身>(81プロデュース)※2

男性声優

逢坂秀実(プロジェクト・レヴュー)
キートン山田リマックス
木村亮俊(アイムエンタープライズ)
木内力也(トリトリオフィス)
桑畑裕輔AIRAGENCY
越田直樹(マウスプロモーション)
徳武竜也(WITH LINE)
中田雅之(ウィーヴ)
樋口智透(フリーランス)
増岡弘(東京俳優生活共同組合)※4
望月祐多(鹿プロダクション)
八奈見乗児(青二プロダクション)

※1 2021年現在は、過去の出演作の新規録音のみの参加。
※2 2021年現在は、アナウンサーとしてテレビユー福島テレビ大阪⇒ワイワイワイを経てpicante所属。なおテレビ大阪時代にアニメ声優としての出演有り。
※3 2021年現在は、後進の育成などを行って声優業界には関わっている。
※4 2019年7月ごろから仕事をセーブし始め、8月には長年の持ち役であったフグ田マスオ(「サザエさん」)、ジャムおじさん(「アンパンマン」)を卒業し引退状態となる。その後同年9月に「有吉くんの正直さんぽ」のナレーションのみ復帰。2020年3月に死去。

関連タグ

声優タグ一覧 所属フリーの声優 引退

関連記事

親記事

声優 せいゆう

子記事

兄弟記事

コメント