ピクシブ百科事典

遠藤ゆりか

えんどうゆりか

遠藤ゆりかは日本の元女性声優、元歌手。
目次[非表示]

概要

1994年6月24日生まれ。東京都出身。
YURIKARIのメンバー。
現役時はスワロウに所属していた(CDレーベルはポニーキャニオン)。

高校に在学中だった2013年にアニメ『ダイヤのA』の吉川春乃役を射止め、声優デビュー。その後、歌手活動もこなすようになるなど徐々に活動の幅を広げていった。

声優としては、純情なヒロインを数多く演じたが、時にはエキセントリックなキャラクターやヤンデレ染みた少女、強気な性格の女性を演じるなど、演技の幅は広かった。
歌手活動においても、YURIKARIやRoseliaのメンバーとしてライブ活動を展開、アニソン関連のイベントにも精力的に参加していた。

このように、声優業・歌手活動共に順風満帆な芸能活動を送っていた…かに思われたのだが……。

突然の引退発表

2017年12月17日、所属事務所であるスワロウを通して、体調不良を理由に2018年5月末を以って声優業・歌手活動を含む芸能活動から完全に引退することを発表した

本人によると、デビューした頃から「急激な環境の変化に身体が追い付かないと感じる瞬間が増え、体調不良に陥ってしまうことがあった」といい、その結果、「真摯に努めたい作品やキャラクターに120%の力を注げなくなってしまい、そんな自分に不甲斐なさを感じるようになった」のだという。
思い悩んだ末に、何年もかけて色々な人たちと相談しながら「この先の人生を見据えて、前向きに歩んでいくための決断」として、引退を決意したとのことである。

当時まだ23歳(しかもデビューしてまだ5年)というあまりにも早すぎる引退発表にファンが大変大きなショックを受けたことは言うまでもなく、所属事務所であるスワロウの公式HPが一時的に繋がりにくい状況になるなどネット上は騒然となった。

そして、2018年6月1日に開催されたファイナルライブ「YURIKA ENDO FINAL LIVE-Emotional Daybreak-」を最後に、芸能活動に事実上の終止符が打たれた。
ちなみに、ライブ終了後にこれまで伸ばしていた髪を切り落とした写真をTwitter上に投稿している(そして、現状これが彼女の最後のTwitter投稿になっている)。

なお、引退後はOGではなく一ファンとしてかつて自身が関わっていた作品のイベントにちょくちょく足を運んでいるようで、時折親交のあった声優のツイート等で元気な姿を見せてファンを沸かせてくれることも珍しくない。

主な出演作品

アニメ

吉川春乃ダイヤのA御影藍那Z/X IGNITION鯨井棚子(右)@まじもじるるも
思いを込めて
z/xらくがき
沢下さんと鯨井さん
坂井理奈桜Trick官越あすなアニメで分かる心療内科白銀レイカ/ウインダム怪獣娘 ~ウルトラ怪獣擬人化計画~
理奈ちゃん。
「何でこんな配置なんですかねー」
ウインダム
紅葉谷希美天使の3P!下呂美月<初代>@温泉むすめ*1
3人目


ゲーム

蓬茨苺恋追放選挙今井リサ<初代>@BanG_Dream!*2ヤマダ<初代>@プロジェクト東京ドールズ*3
祝!!追放選挙発売!!!!
リサたん~
ヤマダァ!
水島愛梨<初代>@オルタナティブガールズ*4倉敷舞子<初代>@八月のシンデレラナイン*5
水島愛梨ちゃんハピバ
倉敷先輩
pixivimage::s]


イラスト未確認

ルリ@アイドルクロニクル
藤野アカネ@メイデンクラフト

*1 後任は佐伯伊織2018年5月19日公表。キャラクターボイスの本格的な変更は2018年6月時点で未定)。
*2 後任は中島由貴(2018年5月13日公表後、同年5月21日より、過去イベントでの収録分・キャラソンでの歌唱部分を除く全キャラクターボイスが差し替え。また、同時に参加していたRoseliaにも遠藤の後任として正式に加入)。
*3 後任は山村響(2018年6月22日公表。同日公開のYouTube動画『YouTubeチャンネル「ヤマダダ」予告PV』以降の新録分より担当。、同年6月25日より、過去イベントでの収録分を除く全キャラクターボイスが差し替え)。
*4 後任は和氣あず未(2018年5月7日公表。キャラクターボイスの本格的な変更は同年12月頃に予定)。
*5 後任は佐伯伊織(2018年5月8日公表。キャラクターボイスの本格的な変更は同年5月28日より)。

関連タグ

声優

外部リンク

公式サイト
所属事務所のプロフィール(退社に伴い現在は削除済み)
Twitter(2018年6月3日を最後に更新を停止)

pixivに投稿された作品 pixivで「遠藤ゆりか」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101839

コメント