ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

温泉むすめ

おんせんむすめ

エンバウンドによる、日本の温泉地をモチーフにした地域活性クロスメディアプロジェクト。各地の温泉地をキャラクター化し、アニメ・漫画・ゲームなどのメディアミックスや、キャラクターの担当声優による音楽活動などが展開されている。
目次 [非表示]

概要

各地の温泉地をキャラクター化して、アニメーション漫画ゲームなどのメディアミックスが展開されている。

2016年11月よりプロジェクトが始まり、2017年3月15日には動画工房制作によるイメージPVアニメが公開された。

日本全国及び台湾温泉をモチーフにしたキャラクターと声を担当する声優たちが、全国の温泉地を盛り上げるべく、踊りで人々に“笑顔と癒し”を与える「アイドル活動」を行う次元を超えたプロジェクト。

全47都道府県(と台湾含む)の温泉むすめが、随時追加され続けている。


主なキャラクター

温泉むすめたちは全員「温泉の神様(※人間と変わらない外見で、特別な能力を持たない低級の土地神)」という設定である。

彼女たちは人間の赤ん坊と変わらない姿で温泉地のそばに現れ、その地で育ち、30年ほど経つと神階(神としての位)が上がることで、目には見えない存在となる。この時、再び新たな「温泉むすめ」が生まれ、代替わりするというバックストーリーが存在する。


スクナヒコの発案により、温泉客をどのくらい「沸かせた」かを競う『温泉むすめ日本一決定戦』としてアイドル活動を行い、各地の温泉地を盛り上げるべく活動している。また、「温泉むすめ師範学校」という学校に通っている。

先述の通り人間と特に能力的には変わりないものの、「お社わたり」という一種のワープ能力を持ち、鳥居と鳥居を移動することができる。これにより、全国の温泉地に住みながら東京お台場にある師範学校に通学することが可能となっている。

放課後や休日は「お勤め」として、各々観光案内所でのガイドや温泉旅館での仲居としてのおもてなし、またそれぞれの地域の活動にボランティアで参加するなどして過ごしている。


以下に挙げる主要キャラ以外にも、全国47都道府県と台湾の温泉から総計100人以上の温泉むすめが存在しており、このうち17名が地域からの公認を受けている状況である。

キャラクター原案などはそれぞれの項目を参照のこと。


草津 結衣奈

CV:高田憂希

4月1日生まれ、高校2年生。『草津温泉』の神様。

本作の主人公

とにかく前向きで考えるより先に行動する猪突猛進タイプ。


箱根 彩耶

CV:長江里加

12月25日生まれ、高校2年生。『箱根温泉』の神様。

運動が得意で周囲を盛り上げる爽やか少女。箱根神社の巫女である。


秋保 那菜子

CV:高橋花林

5月5日生まれ、高校2年生。『秋保温泉』の神様。

東北弁の田舎むすめ。手持ちの鞄には色々な物が入っている。グループみんなにとって女房役のような存在。


有馬 輪花

CV:本宮佳奈

2月17日生まれ、高校3年生。『有馬温泉』の神様。

普段はあまり輪に加わろうとしない高飛車なお嬢様で、読者モデルもこなす。妹の有馬楓花のことを溺愛している


道後 泉海

CV:篠田みなみ

8月25日生まれ、高校3年生。『道後温泉』の神様。

グループのリーダーで、みんなのまとめ役。やや保守的で規則を守ろうと努めるが、結衣奈や楓花、奏などの問題児たちに振り回されて頭を悩ませている。


登別 綾瀬

CV:日岡なつみ

7月24日生まれ、高校3年生。『登別温泉』の神様。

マイペースでおっとりした性格の、スタイル抜群なグループみんなのお姉さん。


下呂 美月

CV:遠藤ゆりか佐伯伊織

3月3日生まれ、高校1年生。『下呂温泉』の神様。

自分に自信がなく、スクナヒコに出会うまではずっと引きこもっていた。眼鏡を取るとアイドルとして覚醒し、オーラを発する。グループ随一の変わり者。ご当地萌えキャラファンの間では「名前がで始まる(ある意味において萌えキャラのイメージとは解離した名字の)ご当地萌えキャラは原付萌奈美か下呂美月くらいだ」と、その存在を貴重視する声もある。


有馬 楓花

CV:桑原由気

2月17日生まれ、高校1年生。『有馬温泉』の神様。

有馬輪花の

箱入り娘にもかかわらず好奇心が強く、謎の行動力を持った天然ドジっ子。「可愛い」を詰め込んだような存在だが、その一方幽霊が見えたり、一風変わった動物を捕獲する為に探検に出ようとしたりする。


奏・バーデン・由布院

CV:和多田美咲

6月15日生まれ、高校1年生。『湯布院温泉』の神様。

ドイツのバーデン=バーデン市生まれ、由布院育ちと自称する、ハーフのような見た目をしたテンション高いむすめ。

音楽が好きで自ら楽器演奏する。ギターピアノ和楽器とマルチにこなす。変な敬語や日本語を使い、語尾がカタカナになることが多い。



尖石 内湾(ぜんしい ねいわん)

CV:安齋由香里

4月16日生まれ。『尖石温泉』の神様。

台湾の新竹県にある尖石温泉の温泉むすめ。有馬姉妹とは友好の契りを交わしている。アニメや漫画などの日本のポップカルチャーに詳しく、漫画を描くのが得意。人をもてなすのが好きでお客さんを家に招いて「東方美人茶」を振舞う明るくフレンドリーな性格。世界中の人に台湾の温泉の存在や良さを知ってもらいたいと常々思っている。


スクナヒコ

CV:水樹奈々

温泉むすめ達を統括する最上級の神様。今回、温泉むすめ達にアイドルグループを結成させて、全国各地をそのパフォーマンス勝負で活気づけようと企画した張本人。

性格はイタズラ好きで、新しいことや面白いことをどんどん推進する。

不老不死で、いつから存在しているか正確なことは誰も知らない。本人は屋久杉が小さな苗だった時から知っていると豪語している。


スタッフ

原案・原作 - エンバウンド

プロデューサー - 橋本竜

アシスタントプロデューサー - 山崎もえ

アニメーションPV制作 - 動画工房

衣装制作 - オサレカンパニー

公式ツイッター漫画 - らぐほのえりか

SDキャラクターイラスト - 種田優太


ラジオ

温泉むすめ放送部

天津向と温泉むすめの担当声優とのラジオ。放送局は超!A&G

回数登場したキャスト
第一回・二回高橋花林(秋保那菜子役) 桑原由気(有馬楓花役)
第三回・四回高田憂希(草津結衣奈役) 富田美憂(鬼怒川日向役)
第五回・六回篠田みなみ(道後泉海役) 三上枝織(乳頭和役)
第七回・八回※1田辺留依(塩江修子役) 小山百代(四万治佳役) 会沢紗弥(鳥羽亜矢海役)
第九回・十回小澤亜李(嬉野六香役) 山下七海(城崎亜莉咲役)
第十一回・十二回※2長江里加(箱根彩耶役) 大和田仁美(湯河原伊露羽役) 前田佳織里(強羅かんな役) 山口愛(修善寺透子役)
第十三回・十四回大空直美(あしずり星役) 長久友紀(祖谷メグリ役)
第十五回・十六回日岡なつみ(登別綾瀬役) 茜屋日海夏(伊香保葉凪役)
第十七回・十八回本宮佳奈(有馬輪花役) 小野早稀(定山渓泉美役)
第十九回・二十回※3和多田美咲(奏・バーデン・由布院役) 髙橋麻里(阿蘇ほむら役) 前田佳織里(強羅かんな役) 黒木ほの香(宇奈月明嶺役)
第二十一回・二十二回八島さらら(おごと寧々役) 上田瞳(嵐山紫雨役)

  • ※1 一度目の公録回。
  • ※2 二度目の公録回、遊覧船を貸し切り温泉むすめキャストが和装で登場。
  • ※3 三度目の公録回、『東京天然温泉 古代の湯』にて収録。このうち黒木ほの香は二十回のみに出演。

ゲーム

温泉むすめ ゆのはなこれくしょん

スマートフォン用ゲーム。位置情報を利用する。

2017年8月20日・ティザーサイトオープン

2018年6月29日・事前登録開始

2019年9月30日13時59分・サービス終了


関連作品

ステーションメモリーズ!

温泉むすめイベントを開始したほか、特別なでんことして草津結衣奈、鬼怒川日向、熱海初夏、黒川姫楽、伊香保葉凪、いわきあろは、大手町梨稟、有馬輪花、有馬楓花が、追加分として道後泉海、秋保那菜子、箱根彩耶、奏・バーデン・由布院、下呂美月、登別綾瀬が、2021年3月には更に追加分として小野川小町、松島名月、飯坂真尋、鳥羽亜矢海、南紀勝浦樹紀、湯村千代が、同年8月には三朝歌蓮、玉造彗が登場した。


その他

2021年11月18日、Twitterで「話題の温泉むすめ」がトレンド入りした。


発端となったのはフェミニスト・活動家の仁藤夢乃によるツイートで、温泉地に設置されていたパネルから「温泉むすめ」の存在を知り、その流れで公式サイトやTwitterなどに掲載されていた一部のキャラクターの設定や描写を問題視して「性差別、性搾取」と主張するものであった。


これによりTwitter上で賛否両論さまざまな意見が出され、(キャラクター原案として)R18イラストを手掛けるイラストレーターが名義を変えずに参加していたことや(ただしこういった批判は当然職業差別になり得る可能性はある)、未成年でありながら飲酒をしているキャラクターがいる(※ただし、先述の通り「神様」のため、年齢に関係なく飲酒が可能という設定がある。また設定は年齢でなく学年であるため、学年≠年齢であるという指摘もある。事実、成人後に高校に入学した人物もいるし、市町村長の在職中に夜学に通学した人物もいる)ことへの指摘もあった。また、仁藤ほか批判的な反応をしたユーザーの意見の中には、大前提として「萌え」系の美少女キャラクターを採用した広告等の掲示物が公共の場に置かれることそのものへの反発という前にも聞いたことがあるようなものや、温泉地=歓楽街と結びつけ、女性キャラクターがそこで広告に採用されるのは性的搾取と地続きだという批判もあった。


しかし、すでにプロジェクトとしては5年以上にも及ぶもので、特に大きな批判なく多数のメディアミックスが行われていること、(当地における非公式企画ではあるものの)好意的に受け止められている温泉地もあること、多数のファンがいる(「温泉むすめ」を目当てに観光に赴いたことを明かす人もいた)ことなどから擁護する声も多く、「#温泉むすめありがとう」というタグで、ファンや温泉地の関係者によってプロジェクトへの感謝や敬意を示すツイートが多数投稿された。また、仁藤の当初のツイートはあくまで温泉地に設置されていたパネルや公式サイトでの記述についての反応であり、それ以外については問題の本質から逸れているという指摘もある。特に、実業家でブロガーの山本一郎は、仁藤の意見について「非実在の温泉モチーフ萌え絵を女性蔑視の文脈に拡大して批判したもの」とツイートしており、これに同調する人も少なからず見られた。


話題となってまもなく運営元の株式会社エンバウンドにより、公式サイトから問題となったキャラクターの設定・セリフなどの記述が削除され、「サポーター」として掲載されていた企業や個人名も削除観光庁のみが残される形となった。


11月19日、あるファンにより、文化庁及び観光庁に意見を送ることを目的に、「温泉むすめを守りたいです」というタイトルでChange.orgにキャンペーンが立ち上げられた→Change.orgのページ


12月5日、仁藤は自身のTwitterで「温泉むすめについて言及してから名前を勝手に使って荷物を送りつけられるなどの嫌がらせ行為を受けている。自身への殺害予告や自身の運営する法人への爆破予告も届いている」と発言している。一方、批判勢力の一部でも温泉むすめの運営や温泉街などに対する脅迫や営業妨害などが相次ぎ、中には「温泉に毒が混ぜられるような出来事になってもいいのか?」(全文)とテロリストのような文言のものも見受けられた。これについて温泉むすめの事業本部は実害が続くようであれば法的措置を検討し現在関連団体と異議申し立てを進めているとのこと。


なお論争・騒動の中ではプロジェクトと協力関係にあったある居酒屋の店主が「温泉むすめを叩き棒にしないでほしい」などと訴えたところ、擁護勢力の一部においてその居酒屋や店主に対する誹謗中傷や嫌がらせ・脅迫が起きたことも問題となった。ツイフェミからそれに対する批判が上がったことは言うまでもなく、そのことも批判論を強める一因となった。この事項は後にその居酒屋がプロジェクトとの協力関係を解消したり、店主がオタク全体を批判するようになるなど大きな禍根を残すこととなった。その禍根の大きさは(一応件の居酒屋店主が少し言及はしている以外は)無関係であるはずの、2022年6月に起きたサイゼリヤで満足する人は貧しい」論争の際に、論争に擁護側として参戦した料理系YouTuberのリュウジ氏に対する反論材料としてこの誹謗中傷・脅迫騒ぎが利用されたほどである。(資料)

言うまでもないが、相手と意見が違っていようとその相手に誹謗中傷や脅迫をするのは御法度である。


実は男性版にあたる『温泉忍者』という企画があり、2018年に始動する予定だったのだが、2021年現在も音沙汰がない。


外部リンク

関連記事

親記事

エンバウンド えんばうんど

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2582032

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました