ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

マンガで分かる心療内科

まんがでわかるしんりょうないか

『マンガで分かる心療内科 』とは、心療内科「ゆうメンタルクリニック」で連載されている日本の漫画作品。
目次 [非表示]

作品紹介

心療内科「ゆうメンタルクリニック」のwebサイト、および月刊ヤングキングで連載されている漫画

原作:ゆうきゆう、作画:ソウ。


ゆうメンタルクリニックに務める心内療と官越あすなを中心に、各回でのテーマを元に精神医学に関する知識を分かりやすく解説している…ハズだが、その内容は登場人物の多くがボケ(下ネタ含む)を連発し、ときには大きく話を脱線させるなど毎度カオスな展開を繰り広げている。


漫画自体はかなりぶっ飛んだ内容ではあるが、紹介される精神医学の用語・知識はすべて実在のものである。また、ゆうメンタルクリニックは首都圏8カ所(上野、池袋、新宿、渋谷、秋葉原、品川、大宮、横浜)+大阪に診療所を構える、首都圏最大級の「行列ができる心療内科」である。

※ 気になる方はメンタルへ。


2015年2月から『アニメで分かる心療内科』のタイトルでWEBアニメ版が制作される。

GYAO!、ニコニコ動画、ビデオマーケット等で配信されている。


姉妹作品として『大人の1ページ心理学』『モテるマンガ』『アドラー心理学編』などがある。


登場人物

※CVはドラマCD/アニメ版をそれぞれ記載。

心内療(しんない りょう)

CV:羽多野渉三木眞一郎

ゆうメンタルクリニックに勤務する男性心理士。各回のテーマとなる精神医学の知識を分かりやすく解説する役目を担う主人公(たぶん)

基本的にはツッコミ役だが、精神医療の従事者であるためか、あすなが出会った変質者たちすら患者として認知してしまい、症例の説明では逆にボケに回ることもしばしば。一コマ目での自己紹介で非常に残念な扱いをされるのはお約束になっている。また、何気に壮絶な経歴を持ってたりする。


官越あすな(かんごし あすな)

CV:茅野愛衣遠藤ゆりか

ゆうメンタルクリニックに勤務する女性看護師。ヒロイン(汗)

基本的に各回のテーマとなる症例を掲示する狂言回しの役目を担う。本作のボケ担当で、明るく活発な性格だが発想がオヤジくさく作中頻繁に下ネタを連発し、金銭面に汚いなどややブラックな一面も。

何かと親族が続々と登場している。


あすなの家族・血縁者

官越いやし(かんごし いやし)

CV:荒川美穂日笠陽子

あすなの姉で、官越姉妹の長女(あすなは三女)。

職業は妹と同じく看護師だが、ゆうメンタルクリニック勤務ではないらしい。だが頻繁に登場しており、各回冒頭でちゃっかり上記二人と並んで自己紹介することが多い、いわゆるサブレギュラー的なポジション。

妹に比べると一見大人っぽく落ち着いた雰囲気だが、妹に輪をかけて下ネタが多い。BLや歴史などにも精通している。最近は年齢・婚期を気にしたネタも多い。


官越ひめる(かんごし ひめる)

CV:小見川千明内田真礼

あすなの姉で、官越姉妹の次女。

色々とオープンないやしとあすなと違い非常にシャイな性格で、常に赤面しながらオドオドした言動を見せる。極度に緊張するとメスブタの着ぐるみを着る。その割に、不用意な発言で無自覚に下ネタを連発することもしばしば。


官越のどか(かんごし のどか)

あすなの妹で、官越姉妹の四女。

名前の通りのどかな雰囲気で周囲を春にしてしまい、歩いただけでつくしが生え花が咲き、クマやヘビやカエルや変態が冬眠から目を覚ましてしまう。さらに、いつもボーッとしていて気付くとどこかへ行ってしまうので、家族でも会うのは数年ぶりらしい。


官越さとり(かんごし さとり)

生まれて間もないあすなの妹。

赤ちゃんなのに精神年齢も知能も非常に高く、飛び級で大学の名誉教授にしてもらい(しかし、本人はそれを辞退している。)、タイムマシンなどの高度な発明をするほどである。また、赤ちゃんなのに流暢にうやうやしくしゃべる。そして計算高い。


官越好蔵(かんごし すきぞう)

CV:―/緒方賢一

あすなたちの祖父。

家族から認知症が懸念されているが、意外としっかりしている(主に下ネタ絡みで)。看護師108人に囲まれた自分専用の老人保健施設「好蔵の園」を作るため、内職とデイトレに精を出す日々を過ごしている。

女性(孫娘含む)に対するセクハラ行為やドMネタが多い。


官越大介(かんごし だいすけ)

あすなたちの父。自称・冒険家の無職。

結婚以来一度も働いたことがなく、家にお金を入れるどころかオタク趣味に家のお金を使ってしまうほどの救いようのないダメ人間。ダメ人間大事なことなので(ry


官越ちよ(かんごし ちよ)

あすなたちの母。他院で看護師長を務めている。

作中でも数少ない良識人だが、人間離れした暴飲暴食が目立つ。体型もそれに準じた恰幅の良いおばさんだったが、人間離れしたダイエットに成功して別人のように変貌を遂げる。しかし、ダイエット成功後も人間離れした食欲は続き、更には人間とは思えないような特徴を発揮することから、心内先生から「本当に人間なのか?」と疑われることもしばしば。


官越こがね(かんごし こがね)

あすな達の従姉妹。

自称「日本一の小金持ち」。しかしお金の使い方は色々と間違えている。

周囲に尊大な態度で振る舞うが、メンタルはそれほど強くない。


官越成男(かんごし なるお)

こがねの兄で病的なナルシスト。ニートで遊んでばかりいたので父親から勘当されてしまう。

自称特技のバイオリンは、音響兵器として米軍からスカウトされたほどである。


変態(精神疾患者)

下木笛一(したぎ ふえいち)

CV:―/梯篤司

いわゆる下着泥棒だが、療からはフェティシズムの疾患者とされている。

眼鏡をかけた痩身の男性。本人曰く、学生の頃から下着泥棒をしているらしい。


露出症の人(仮)

CV:―/黒田崇矢

いわゆる露出狂だが、療からは露出症の疾患者とされている。

サラサラの長髪と口髭を蓄えた端正な顔立ち、引き締まった筋肉質な肉体など、外見だけは無駄に美形


窃視症の人(仮)

CV:―/勝杏里

いわゆる覗き魔だが、療からは窃視症の疾患者とされている。

オールバックにサングラスをかけた肥満体の男性で、盗撮するために常にカメラを携えている。

いやしの108回目の見合い相手としても登場しており、苗字は「除木(のぞき)」であるらしい。


須藤一樹(すとう かずき)

CV:―/須藤沙織中村精道(老人声時)

いやしを追い掛け回していた、いわゆるストーカー

見た目はいやしが惚れてしまうほどの美少年だが、実は好蔵の幼馴染でかなりの高齢。

年寄りじみた発言を漏らすことも多く、趣味はストーキングと美容整形。


その他

アドラー先生

「アドラー心理学編」に登場する。

フロイト、ユングと並ぶ心理の三大巨頭の一人で、アドラー心理学を確立したオーストリアの心理学者。名前の響きから、イケメンなイメージで描かれている。さとりの発明品で実体化され、自分の考えを世に広めるためにアイドルグループ『ADORASHI』を結成する。


Y医師

ゆうメンタルクリニックに勤務する医師。

よくあすなの喩え話に登場し、性癖や恥ずかしいエピソードを露呈される。


有沢権(ありさわ ごん)

こがねの執事兼ボディガード兼自家用車。こがねを肩車したり羞恥プレイして楽しむ変態なおっさん。


関連動画


関連リンク

関連タグ

精神疾患 うつ病  公式が病気 医者が病気

ゆうメンタルクリニック 月刊ヤングキング 2015年冬アニメ


マンガで分かる重巡ア艦科 - 二次創作

関連記事

親記事

月刊ヤングキング げっかんやんぐきんぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 793251

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました