ピクシブ百科事典

ずっきゅん♪ミニスカナース

ずっきゅんみにすかなーす

ずっきゅん♪ミニスカナースとは加藤ミニスが悪と戦う魔法少女ものである。深夜帯で放映される他の魔法少女ものと比べてもお色気要素が強い事が特徴。

禁止町(きんしちょう)ケーブルテレビで、毎週土曜深夜25時15分から放映されているテレビアニメ。一部のマニアに絶大な人気を誇る。
ヒロインである「加藤ミニス」が、魔法の力で「ミニスカナース」に変身し、悪の軍団「スパッツ婦長」らと戦う。
必殺技は「ずっきゅん♪注射」。どんな悪も一発で昇天させる。
しかし必殺技を一回使うたびに、代償としてスカートが1cmずつ短くなってしまう。
そのため回を重ねるたびに視聴率がうなぎ登り。

またその人気からパチンコ化。
勝てば勝つほどスカートが短くなるというボーナスにより止められないマニアが続出。
最初の状態ではスカートの先が足先よりも数十cmほど長いという鬼畜仕様に泣かされたマニアも続出。
ただ実はナース服の下にブルマをはいているためスカートを最大まで短くしてもパン…ベールに隠れた純白の希望を拝むことは出来ず、ここで心を折られるマニアも多かった。一方で「『ナース服+ブルマ』というのは、これはこれでご褒美になっているんじゃないか?」とする者もいたようである。
ちなみにスカートを最大まで短くした後もプレイすることでブルマを脱がせることが可能だそうだがパンt…希望をその手に掴んだ猛者は未だ居ないとされる。
多くの災厄を生み、たった一つの希望は筐体の中に残り続けることから「パンドラの筐」と呼ばれることも。


というのは嘘で実際にはゆうメンタルクリニックのサイトで原作:ゆうきゆう、作画:ソウの二人によって連載されているマンガで分かる心療内科内の劇中劇である。
第29回でニコチン依存症を克服した官越大介が嵌ったのがこのずっきゅん♪ミニスカナース。第30回で登場し、作中での設定は上記のとおり。彼女をカラーで表示するために第30回の後ろ2ページはカラーとなっている。その後第44回でCR機として再登場するがその後は登場していない。


余談

関係ないと思うがパチスロには「注射」という俗語が存在する。裏モノという非合法の台に変える手法の一つでプログラムを書き換える行為。

関連タグ

劇中劇

pixivに投稿された作品 pixivで「ずっきゅん♪ミニスカナース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 554

コメント