ピクシブ百科事典

蒼き雷霆ガンヴォルト爪

あーむどぶるーがんゔぉるとそう

蒼き雷霆ガンヴォルト爪はインティ・クリエイツよりリリースされた、蒼き雷霆ガンヴォルトの続編である。
目次[非表示]

概要

2016年8月25日にニンテンドーeショップで「蒼き雷霆ガンヴォルト」の続編として配信されたダウンロードソフト。
「蒼き雷霆ガンヴォルト2」表記ではない・・・が、タイトルロゴの下に「/ARMED BLUE:GUNVOLT2//SOU」の表記がある為実質的には2となる。ガンヴォルト2は最初は仮タイトルとして発表されていた。海外版は「AZURE STRIKER GUNVOLT2」となっている。
同日には前作「蒼き雷霆ガンヴォルト」と一緒に収録したストライカーパックとして初めてパッケージソフトとしても販売した。
今作ではダブル主人公としてGV(ガンヴォルト)と、前作でのライバル「アキュラ」がそれぞれプレイヤーキャラとなる。
オープニングステージをクリア後はどちらをプレイヤーキャラにするか選択できるのだが、セーブデータは共通となっており、セーブファイル選択後に再びプレイヤーセレクトが出来るため、
GVで進めてセーブ→タイトルに戻って同じファイルを選択後にアキュラを選ぶとアキュラ側のストーリーを進める事が可能。逆も同じである。
GVとアキュラでは初期のミッションセレクトにある4つのステージのうち二つが互いに異なる。

なお、前作のセーブデータが記録されている3DSでプレイを始めると、特典として特別な装備品を開発可能になる。

今作ではクエストの仕様が受注形式から一般的な実績解除タイプに変更された為、クエスト達成がやりやすくなった。その為、意識せずにプレイしていたら実はクエスト達成していた・・・なんて事もある。
ガンヴォルトとアキュラのクエストをそれぞれ80%以上達成した状態で真の結末でクリアすると・・・?
なお、各ステージのスコアではどのモードでハイスコアを出したかで記録される。


クードスモード

ミッション(ステージ)開始前にクードス(敵を倒すと溜まるポイント)を敵や攻撃に触れた際にどうするかを三つの内から選択できる。
当然であるが、いずれのモードでもミスするかリトライマーカー(ミス時の再開ポイント)に触れるとクードスが精算されて0になるので歌を堪能したい場合は注意。
HPが0になると一定確率で発動する「SONG OF DIVA」が発動するとどうしようもないが。

APATHY(アパシー)

敵や攻撃に接触しても0にはならないが、スコアへの精算率が低くなってしまう。
このアパシーだと1000を超えると流れる歌を前作に比べて気軽に聴く事が可能となった上に、一定のクードス達成クリアのクエストが非常にやりやすくなっている。(とあるミッションだと10000以上叩き出せる)
英語で直訳すると「無関心」。

TIMID(ティミッド)

三回敵や攻撃に接触するとクードスが0になる。つまり二回まで猶予があるというわけである。これも前作に比べて1000以上までクードスを貯めて聴く事がやりやすくなる。アパシーに頼らないクードス維持の練習に適している。
標準ではこれに設定されている。
英語で直訳すると「臆病」。

RECKLESS(レックレス)

前作と同じく敵や攻撃に一回でも当たるとクードスが0になるが、スコアへの精算率が高くなる。
スコアアタックでは必須。このモードでやるとクードス維持が必然的となるプレイを余儀なくされるので難易度が高くなる。
英語で直訳すると「無謀」。

主人公

※ゲーム中のプレイヤーセレクトの配置順で紹介

神園アキュラ

詳細はリンク先。
今作でプレイヤーキャラに昇格した。特殊なバトルスーツに身を包み、随伴する「バトルポッド・RoRo」と連携して浮遊ビットのフォーメーションで繰り出す「EXウェポン」が特徴。
ブリッツダッシュで敵に体当たりしてロックオンした上でショットや一部EXウェポンによるロックオン攻撃が可能。GVと異なり複数ロックオンはできないが、ブリッツダッシュのロックオン→攻撃→さらに他の敵にブリッツダッシュのコンボで対処できる。
プログラムによってパワーアップが可能。ただし、プログラムにはそれぞれプログラムに必要な容量スロットが設定されており、上限を超えてしまった場合はデメリットとなる状態が発生してしまうが上限無視で装備するのは可能。レベルアップやステージ中に落ちている拡張パーツでスロットは拡張されていく。
「EXウェポン」は初期装備で雷撃鱗を参考にした「スパークステラー」を装備している。なお、ボスを倒すと能力者の技を使う事ができる。元々前作からあった設定である。
ボスの技を入手するという事はボスにそれを使うと弱点の相性があるというワケである。

その為かガンヴォルトに比べると有利ではあるが発動用のゲージが別々だったりして融通が効く効かない事がしばしばある。

ガンヴォルト(GV)

詳細はリンク先。
ほぼ前作と変わらないが装備品の種類が増えた。一部装備品はEXPが設定されており、満たすとパワーアップする。プラグの種類によってロックオン可能な数を増やす事ができるが雷撃鱗の威力が落ちるマイナス効果を持ったプラグもある。
今作ではフェザーの服から新たな服に変わる。

登場人物

ガンヴォルト側

シアン

前作での死と共にその魂が電子の謡精(サイバーディーヴァ)となった少女。その後ガンヴォルト(GV)に宿り共に行動を取るのだが、今作でその力が再び狙われる。

オウカ

GVに以前、不良能力者からその身を助けられて以降自身の屋敷に彼を匿う少女。本来常人には見えないシアンを何故か見る事も意思疎通(会話)できる。そんな彼女だがあくまで無能力者である。

シャオウー(シャオ)

彼の故郷のフェザーの一員であったが、突如エデンにより乗っ取られてしまいこの危機を伝える為に海を渡ってきた少年。オペレーターとしてGVをサポートする。


アキュラ側

神園ミチル

アキュラの双子の妹。幼い頃から身体が弱く療養生活を送っており、過去の手術の後遺症で声を失っている。発達が遅れているせいか兄のアキュラに比べると幼い姿。

バトルポット・RoRo(ロロ)

アキュラに付随する戦闘AI。丸っこい形状であるが、ある出来事で電子の謡精の姿にも変わる。
ミチルとの会話相手をしていた事もあるせいか、アキュラを「アキュラくん」と呼ぶ。
クードス1000を超えるとシアンのものと曲は同じだが曲のアレンジが違うものを歌う。歌声は人口音声を意識した様なエフェクトがかかる。

ノワ

神園家に仕えるメイドであり、ミチルの療養生活の世話の他にオペレーターとしてアキュラをサポートする。

多国籍能力者連合エデン

今作の敵対組織。詳しくはリンク先。

amiiboに対応

・・・と言ってもガンヴォルトシリーズとしてのamiiboがあるワケではなく「ショベルナイト」とのコラボである。

シャベル騎士



ショベルナイトのamiiboを読みこませるとショベルナイトが現れ、専用ステージでGVかアキュラを選択して戦うことができる。
LV1,HPは100固定、「はじめから」のOPステージ同様の初期装備で挑むことになり、カゲロウも不可。
攻撃を2~3回食らうとアウトであり、ショベルナイトの挙動もかなり光速いため、中々の初見殺しであるが、光速いだけで攻撃自体は単調なため、慣れるとパターン入って楽勝になる覚えゲーと言える。
勝利するとそれなりに便利なリング(コード)の開発レシピが解放される。
素材要らずでお金だけで開発できるが、クリアした状態で開発→セーブまでしないとまたチャレンジして開放し直しになってしまうので注意。
ちなみにミス後に再戦する毎にamiiboを読み込ませなくてはいけないのがネック。
チャレンジモード同様に本編での操作関係をコンフィグで変更したものが反映されないので対決前に自分が慣れたボタン設定に変える事。
なお、アキュラのヒーリングは発動こそできるが回復は実行されないので注意。
個人の腕前にもよるがGVの方がどちらかというと雷撃鱗でガンガン攻めやすい。PVでは何故かアキュラがやられまくるシーンが多い。

インティ・クリエイツのドット技術でド派手に暴れるショベルナイトと、勇ましいメインテーマのガンヴォルト版アレンジは必見必聴。ちなみに原作を知っていると「お前ここまで強くないだろ!」と思えてしまう。

なお、ゲスト版ショベルナイトは何も無いところを掘り上げて岩と炎を飛ばしてくるが炎はともかくとして、このアクションは本来は宝石が詰まった土の山を掘る時のもので原作には攻撃判定はない。
また、三連続下突きのモーションは原作のショベルナイトのライバル「ブラックナイト」の下突きパターンとほぼ同じ。下突き時にも岩が飛んでくるがこちらは掘れる岩やブロックのモーションである。しかし、この場合はむしろコイツの方が近いのだが…。
光速さに関しては原作でも公式チート(裏技)で再現可能。

ちなみに、カナダのインディーデベロッパー13AM Games制作の「RUNBOW」にてショベルナイトとガンヴォルトがゲストキャラクターとして登場しており、両者の共演は二度目だったりする。
なお、両者共にモチーフにこれを意識したものがある作品同士でもある。

その他

ダブル主人公故に物語として一見互いの行動は同時進行しているような描写がされているのだが、実は最初の4ステージからしてお互いに二つ異なり残り二つが共通するステージが初期配置されている為、違いが目に見えるようになる。

更新データはバージョン1.1で一部バランスブレイカーになりうる現象、一部クエスト達成の判定がされない・クエストの達成率に関する不具合を修正している。
更新データバージョン1.2で追加コンテンツの購入が可能となった。新曲の追加・特別なチャレンジ・前作ボスと戦えるモード等が有料配信されている。

販売店別の特典でシリアルコードがそれぞれある為、シリアルコードの追加コンテンツを全て出すには店舗別にそれぞれ買わないといけないため困難。

関連タグ

蒼き雷霆ガンヴォルト ニンテンドー3DS インティ・クリエイツ

ロックマンX5 - この作品のとあるイベントと非常によく似た展開が「爪」に存在する。
ぎゃる☆がん - 今作では「ぎゃる☆がん だぶるぴーす」に引き続きアキュラ側で同作との世界観共有を示唆する描写がある。
ショベルナイト - コラボ作品。
たけしの挑戦状 - ある事でマイクを使うという点でいえば…?

pixivに投稿された作品 pixivで「蒼き雷霆ガンヴォルト爪」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 272541

コメント