ピクシブ百科事典

アキュラ(蒼き雷霆ガンヴォルト)

あきゅら

アキュラ(蒼き雷霆ガンヴォルト)はインティ・クリエイツのゲーム「蒼き雷霆ガンヴォルト」シリーズの登場人物である。
目次[非表示]

概要


「すべての能力者(バケモノ)に死を… 人類に、明るい未来を!」

CV:増尾興佑(蒼き雷霆ガンヴォルト蒼き雷霆ガンヴォルト爪) 
   内田雄馬(白き鋼鉄のX(イクス))

本名・神園アキュラ
どの勢力にも属さず、個人で能力者たちを倒して回っている能力者を滅する者(セブンス・スレイヤー)
能力者そのものに対し常軌を逸した憎悪を抱き、能力者はいずれ能力を持たない人間を脅かす存在になると頑なに考えている。

第七波動(セブンス)を持たない普通(?)の人間だが、皇神(スメラギ)にも比肩する高い科学技術を持った天才科学者で、卓越した戦闘センス、そして能力者達の能力因子サンプルを回収・解析し、彼らの第七波動を擬似再現した特殊装備を操る事で、並の能力者とは比較にならない戦闘力を有している。

日本でも有数の名家で、退魔師の家計でもある神園家に長男として生まれた。
母親は由緒正しい退魔師家系の生まれであり、彼女には家督を相続した妹(アキュラにとっての叔母)が存在している。一方、父親は皇神グループの研究者で第七波動に関する研究を行っていたが、研究中の事故(第七波動の能力者を使った人体実験)によって死亡しており、それを利用する形で皇神グループの上層部は父親の残した資料を自分達の都合の良い様に改竄。この事から、アキュラは父親が皇神グループの陰謀で殺されたと考えるようになり、密かに父親の研究を引き継ぎ、メイドであるノワの力も借りる形で独学で能力者に対抗する為の装備を開発。全ての能力者と皇神グループの双方を標的とした復讐者と化す。
なお、登場人物の中では珍しくファミリーネーム(苗字)まで判明している。劇中では神園=アキュラの父親を指すが、名字は名家である母親の実家に由来するもの。アキュラとミチル兄妹の髪の色は父親に由来している。

無印』では主人公のガンヴォルトに敵対する無能力者として登場したが、続編の『』以降は主人公キャラの一人となる。
そして、最新作となる『白き鋼鉄のX』でも、主人公となる事が確定している。

人物

科学者でもある為か、基本的には冷静沈着な性格だが、その本質は直情的を通り越して自制心が著しく欠けている程の激情家。
第七波動の事は「神の法に唾を吐きかける呪われた力」と断じ、それを扱う能力者に関しては「バケモノ」、「害獣」「害虫」と口汚く罵倒し、発見次第に相手の人格を一切問わず「殺す」事だけに固執するという並外れた憎悪に取り付かれており、情け容赦の一片も持たない。
世界を脅かす能力者勢力と戦っているガンヴォルトに対しても、共感どころか能力者というだけで敵意を剥き出しにしており、終始彼の言い分も碌に聞こうとせず、ひたすら攻撃をしかける等、まさに取り付く島も無い状態にある。
一方で、科学者故なのか、「科学の力」に対して一種の崇拝や信仰心に近い考えを持っており、人類の叡智である科学こそが正しき力としている。

シスコンと呼ばれる事がある程に身体が弱い妹・ミチルを大事にしている等、根っからの冷血漢というわけではなく、また自らの行いに最低限の後ろめたさはあるのか、「能力者の無差別殺人」に等しい自らの活動について、ミチルには明かしていない。
しかし、それを加えてもアキュラの能力者に対する狂信的な憎悪や復讐心は際立ったものであり、ガンヴォルトやシアンといった真っ当な良心を持った人間からは、皇神グループの能力者達よりも危険ではないかと見なされ、『爪』のモノローグ等では己の信じる『神』が『バケモノ(能力者)共を殺せ』と囁いているかの様に語っている等、もはや「狂人」や「人格破綻者」に等しいものとなっている。
また、一方で能力者と戦っている時の言動からも、能力者との命懸けの戦いそのものを楽しんでいるのではないかと思わせる部分があり、行動原理も「能力者から無能力者を守る」という使命感ではなく、「能力者を殺す」という行為そのものに一種の「生きがい」を見出してしまっているかと思わせる危険な領域に迫りつつある事から、一応のアキュラの協力者であるノワRoRoですら時に難色を示す事も。
戦う前に事前に綿密に準備を整えておく等、慎重な面を見せる事も多いが、いざ能力者を目の前にすると頭に血が上り易く、理性を失って暴走する傾向も目立つ。特にミチルが関わってしまうと、その暴走は更に悪化させてしまう兆しを見せ、激情に支配されるあまり、支離滅裂な言動も見せる事さえある。
そんなアキュラに一部プレイヤーから与えられた渾名は「第七波動能力者絶対殺すマン」と、実に分かり易いものに…。

武装

『無印』では、純粋に身体能力を強化する強化ジャケット『メガンテレオン』と、第七波動因子を解析しそれを擬似再現させて攻撃に転用する大楯『エクスギア』、複数の弾丸を撃ち分ける退魔リボルバー銃『ボーダー』を使用。また、ボーダーには雷撃鱗も貫通する弾丸『ベオウルフ』や敵の第七波動を封殺する特殊弾丸『グリードスナッチャー』も装填している等、既に並の能力者を凌駕する戦闘力を十分獲得していたが、さすがに紫電アシモフといった上位の能力者には適わなかった。

続編の『爪』以降は、ガンヴォルト(あるいはアシモフ)の第七波動「蒼き雷霆(アームド・ブルー)」の因子を取り込んで擬似再現させた機動力強化型ジャケット『ヴァイスティーガー』とイオタの能力を擬似再現させたボーダーの強化型『ボーダーII』を使用。エクスギアは装備していないが、それと同じく第七波動を解析して擬似再現する機能である『EXウェポン』を搭載し、更にヴァイスティーガーに組み込まれたホバリングを始めとする複数の機能やブリッツダッシュといった特殊な高速戦法によって、一部機能はガンヴォルトに匹敵する戦闘力を獲得する事に成功。アキュラ自身の明晰な頭脳も合わさる事で、上位クラスの第七波動能力者ですら太刀打ち出来ないものへと昇華されている。

能力

ブリッツダッシュ
ダッシュで敵に体当たりすると動きを封じ(ボス除く)ロックオン状態にして攻撃を集中させる。エアダッシュだとブリッツゲージを消費するのでゲージを共用するカゲロウ発動できずにダメージもあるので注意。
なお、複数ロックオンはできないがロックオン→敵破壊→他の敵にロックオンとコンボを組む事が複数の敵に対して有効打となる。

EXウェポン
ボスから奪った能力を使う。ただし、EXウェポンはゲージが共通である。勘のいい人ならばもうお気づきだろう、弱点を持つボスがいるわけである。
初期装備にはガンヴォルトの雷撃鱗の放電を解析した「スパークステラー」が装備されている。
下画面でダイレクトに装備切り替えが可能でスパークステラー含めて全9つアイコンがあるが、うち一つはEXウェポンを解除する為のものである。

フラッシュフィールド
ガンヴォルトの雷撃鱗バリアを参考にした電磁シールド。ガンヴォルトと異なり自動無消費で発動するが、EXウェポンゲージを消費すると使えない。
雷撃鱗バリアと異なりフラッシュフィールド自体には攻撃判定は無く防御専用となるが雷撃鱗バリア同様に無効化できるものとできないものがある。

ストライクソウ
発動させると「爪」の文字の様な軌跡を描く全体的に斬撃を行うスキル。発動させると次に発動させるまでに約一分かかるので連発はできない。

ヒーリング
発動させるとHPが完全回復する。ポーズをかけてから下画面でアイコンをタッチすると発動するが、同時にポーズも解除されるので注意。ストライクソウ同様に次に発動するには約一分かかる。
なお、ストライクソウとヒーリングは別々になっているので例えばストライクソウを発動したからヒーリングが発動できないというワケではない。


劇中の活躍

『無印』、『爪』の双方において、ひたすら自らの憎悪に従う形で能力者を攻撃し撃破している。

『無印』では、既に並の能力者以上の戦闘力を獲得していたものの、七宝剣クラス以上の能力者にまでは対抗しきれなかった為か、当初は彼等と戦うガンヴォルトの後を付け回しては、七宝剣が倒されてガンヴォルトが去った後、その遺体から第七波動因子を採取し、自身の能力を向上させる等、慎重な(悪く言えばセコい)姿勢で行動。その後、機を見てガンヴォルトに直接仕掛けるが、返り討ちに遭う形で敗北している。
終盤、軌道エレベーター「アメノミハシラ」でガンヴォルトに二度目の敗北を迎えた後、アシモフに襲撃され、自らの武器であるボーダーを奪われてしまっている。
劇中では描かれていないものの、その後窮地に陥ったアキュラは、駆けつけたノワによって救出されており、その後はガンヴォルトに倒されたアシモフの遺体から、ボーダーを取り返し、第七波動因子も採取した模様。

『爪』では、戦闘ポットのRoRoを引き連れて行動し、前作の成果で武装を大幅にパワーアップさせた事もあってか、当初より日本へ進攻してきた能力者のテロ集団『多国籍能力者連合エデン』と積極的に戦闘を行っている。
しかし、日本の防衛よりも能力者の殲滅に固執しているアキュラは、自分一人でも能力者達に対抗出来る様になった事による増長もあって、自身と同じくエデンと戦っていたガンヴォルトに対しても、再開時より一方的な理屈で攻撃を仕掛けており、前作以上に大局を見据えようとしない狭量な考えに陥ってしまっている。
敵対するエデンの能力者達にすら、自分達以上の危険思想の持ち主と見なされており、ニケーからは「自分を不幸にするだけでなく、大切な者まで巻き込む事になる」と指摘され、後にそれはミチルが狙われてしまう形で現実となってしまう。

ミチルを救出すべく、エデンの拠点に乗り込むアキュラであったが、パンテーラによって力を奪われた事で息絶えていたミチルの姿を見た事で完全に逆上。その場に居合わせたガンヴォルトに、文字通り「八つ当たり」で戦闘を仕掛けるも、その直後にミチルが奇跡的に蘇生。彼女が第七波動の能力者…それもシアンの第七波動能力とされていた「電子の謡精(サイヴァー・ディーヴァ)」の本来の能力者であるという事実が発覚する。そして自らの能力と意識を取り戻した彼女は、全ての記憶を失ってしまう事になった。

最愛であるはずの実の妹が、自分の最も憎むべき能力者であったという真実に、それまで憎悪と狂気に満ちた信念で能力者を殺し続けていたアキュラは大きく揺るがされる事になった。しかし、もはや能力者を滅ぼす為の戦いがミチルよりも大切なものとなってしまっていたアキュラは、神園家やミチルを捨ててでも能力者を殺す為の戦いを続ける道を選んでしまう事になる。

白き鋼鉄のXでは

主人公として登場するのが確定しているが、その世界観は前作よりもかなり大きく異なっている。

異能の力である第七波動は「セプティマ」、それを持つ者は「セプティマホルダー」という名称で呼ばれ、世界の人類の殆どがセプティマホルダーへの進化を遂げているのだが、能力を持たない者である「マイナーズ」達が、「人類進化推進機構スメラギ」のセプティマホルダー達によって問答無用で殺されるのが合法化されているという、常軌を逸したディストピア社会と化してしまっている。
そんな時代、セプティマホルダー達に怯えながら生きているマイナーズ達から、アキュラはマイナーズの為に戦う救世主「白き鋼鉄のX(イクス)」という都市伝説として囁かれているのだが、前作よりかなり時間が経っている時代でありながら、何故かその姿は殆ど変わっていない

果たして、何が原因で世界がここまで歪な秩序と化してしまったのか?
かつてアキュラと何度も対立していたガンヴォルトはどうなってしまったのか?
今後の展開が大きく期待される。

思想と真実

アキュラが能力者狩りを行う決定的な切っ掛けとなったのは、父・神園博士の死であるのは確かで、また皇神グループが博士の死後、都合の良いように情報改竄したのも事実であるのだが、病的なまでの能力者への憎悪に凝り固まってしまったのは、むしろその父親と母親自体に大きな原因があった。
神園博士は、多くの第七波動に関する技術を確立してきた天才であったが、温厚な性格とは裏腹に第七波動を恐れ、能力者そのものを「バケモノ」呼ばわりして人権すら一切認めようとしなかった等、人格者とは程遠い「身勝手な差別主義者」と言える面も持ち合わせていた。更に母親は、退魔師の家系出身だけでなく、何かと「神」や「天使」を例えに持ち出す口癖があったらしく、これらの影響を強く受けて育ったアキュラは、結果的に両親の負の面ばかりを忠実に受け継いだ人格と、「能力者=滅すべき魔」という歪んだ思想を持ち合わせるに至ってしまった。病弱の身でありながらも、懸命に生きようとしているミチルとは対極的なものとなってしまっている。

また、「神園博士が皇神グループの陰謀で殺された」というアキュラの考えも思い込みによる勘違いで、博士の死は正真正銘の事故…それも博士の歪んだ差別思想と能力者達に行ってきた非道な所業による自業自得の報いでもあったのが、ネットラジオで明かされている。
かつて国外より密入国してきた一人の若者が皇神グループに捕らわれた際、彼に「蒼き雷霆(アームドブルー)」の第七波動の適正があった事実が発覚。神園博士は彼に「タケフツ」という被験体としてのコードネームを与えて能力を固着させる事には成功したのだが、「制御」させる事までは出来なかった事で「失敗作」の烙印を押して、モルモットとしてタケフツに様々な人体実験を行わせる。その結果、タケフツは蒼き雷霆(アームドブルー)の能力を暴走させてしまい、その時の爆発に巻き込まれた博士や研究員は研究所ごと消滅してしまう末路を迎えており、事故の騒動に紛れて国外に脱出したタケフツの正体こそ、後に「無能力者を皆殺しにして能力者だけの世界を創る」という凶器に取り付かれたフェザーの創始者・アシモフであった。そして、アキュラにとって一応の仇(『仇』と呼べるかどうかも疑わしいが…)となるアシモフも、『無印』の終盤にガンヴォルトよって倒されてしまい、既に父の死の原因となった人物がこの世にいない真実を何も知らないまま、アキュラは憎悪に従うまま能力者狩りを続ける事になる。
ガンヴォルトの公式ビジュアルブックである『オフィシャル・コンプリート・ワークス』によると、「アキュラの誤解が解ける事は恐らく来ない」との事で、勘違いの暴走に等しいアキュラの行動に巻き込まれた者達から見れば、たまったものではないだろう…。
しかし、神園博士の思想や死によってアキュラが「能力者の抹殺に固執した思想」に染まってしまったのに対し、神園博士の実験材料にされたアシモフは「無能力者の抹殺に固執した思想」に染まってしまったというのも、何とも皮肉過ぎる話である。

無能力者であるにも拘わらず、ガンヴォルトやエデンの能力者達と互角以上に渡り合って戦い抜いたアキュラの功績は確かに凄まじいもので、ある種の「英雄」と呼ぶに相応しいものである。
しかし、全ての能力者が無能力者を滅ぼす事を望んでいる訳でないにも拘らず、相手が能力者ならば誰であろうが殺すのが当然という極端な個人主義の思想に加え、過去の父親と皇神グループの件でミチルやノワ、RoRo以外の誰も信頼せず自らの開発した技術を開示させないといった独善ぶりから見ても、ある意味でアキュラは並の能力者以上に危険な無能力者と、認識されてしまう可能性が否めない部分もある。
父親を失ったのが切っ掛けとはいえ、能力者どころか無能力者でさえ敵に回しかねない戦い方を繰り返し、妹を捨ててでもそれを一向に止めようとしないアキュラ。果たして、何が彼をそこまで駆り立てようとするのか。それは今後の物語の進行で何かが判明するのかもしれない。
少なくとも、このまま狂気の戦いに身を投じ続けると本当に取り返しがつかない事になる危険な領域に足を踏み入れてしまっている。
彼が全く知らない、ある人物の裏取引とその事実に気付かないままでは…。


関係人物

神園ミチル
過去の手術により声を失っているアキュラの双子の妹。兄を「アキュラくん」と呼ぶ。
身体が弱く個人療養所で暮らしており、意思疎通はタブレットで会話している。
発育が遅れており、外観がアキュラより幼いが双子である為同い年である。
多国籍能力者連合エデンに狙われており、意識を失っている状態で一度ガンヴォルトに助けられる。
後にアキュラにとって忌むべき存在でしかない第七波動の能力者である事実が判明しているが、アキュラは彼女を捨ててでも能力者殲滅の道を選ぶ事に…。

ノワ
アキュラの助手やミチルの介護を手がけるメイド。実はバイク乗りだったりする。
実は、アキュラの知らない所で、ある人物との取引を行っている。

RoRo(ロロ)
アキュラが体に纏っている装備「ヴァイスティーガー」に付随する戦闘ポット。アキュラと連携して複数のビットを制御したり、奪った能力者のデータを元にEXウェポンを発動するいわば相棒。
ミチルの話し相手になっていた事もあり、アキュラを「アキュラくん」と呼ぶのはミチルの影響だという。

センシティブな作品


通常は「ボク」とかの男の子言葉を使う丸いメカ(左)だが、ある出来事で「電子の謡精(サイバーディーバ)」の能力が宿った際に覚醒すると女の子の姿(右)になる。
この為、ロロは「彼」と呼ぶべきなのか「彼女」と呼ぶべきなのかややこしい事になっている。

モルフォと異なり、RoRoの歌声はエフェクトがかかったロボっぽい歌声になっている他に羽が鳥(鳳凰?)の様なデザインで腰部にある。

神園博士(かみぞのはかせ)
実父で劇中では故人。第七波動に関する研究の一人者で、ある意味でアキュラが歪んだ「諸悪の根源」かつ「全ての元凶」。
ぶっちゃけ彼の行いや自滅によって、その後のアキュラは、殆ど取り返しがつかないまでに人生を歪めてしまう事になった。

ガンヴォルト
アキュラの宿命のライバル…ではなく、完全に被害者
ガンヴォルトはアキュラに対して恨みを買う様な事は何一つしておらず、むしろ恨まれてもおかしくない様な仕打ちを「アキュラの方」が行っている。
『爪』のラストでは、アキュラに八つ当たりされただけでなく、シアンと統合したミチルから第七波動の支援を受けた事で上機嫌になったアキュラから「貴様は独り寂しく、ハミングでも口ずさんでいるんだな!」と罵られた挙句、シアンも実質奪われてしまったという、まさに泣きっ面に蜂な末路を迎えてしまっている。
当然、ガンヴォルトからしてみれば勝手な都合で攻撃してくるアキュラは傍迷惑な存在でしかなく、殆ど疫病神と言っても差し支えないのだが、生来のお人好し振りもあってか、現在もアキュラを殺そうとまではしていない。


その他

ボスの能力を会得するという点ではこれに似ているとガンヴォルト第一作でいわれてきたが、「爪」でよりそれっぽく感じるものとなった。
アキュラのクエストにも意図的な表記として「NO LOCKMAN」というものがある。
どちらかと言うとよりも某レプリロイドの方がアクション的には近いか。
アキュラが身に纏う装備「ヴァイスティーガー」の名から察するにアキュラは「虎(白虎か?)」を意識したイメージがあると思われる。

また、開発元が同じぎゃる☆がんシリーズに登場する神園家とは退魔師(悪魔ハンター)の仕事を生業とする名家という点が共通し、マイティ/ギャルではぎゃる☆がんサイドの神園しのぶ&神園真夜とも共演を果たしている。
…のだが、それぞれ倒すべき敵である能力者に本編での意趣返しとばかりに倒されたり魔物に捕まってしまった上に助けを求める声で攻撃を行ってくるなど、3人揃って残念な活躍をしてしまった。

名前の由来は紫電七宝剣モニカたち同様に車関係から取られており、ホンダの高級車ブランド「アキュラ」が元ネタとされている。
また、細かい部分で神園兄妹との関係を思わせる神園しのぶには将来男の子が産まれた場合、憧れている火吹晶に因んで「アキラ」と名付けようとしているお話がある。アキュラと晶、偶然両者の名前が似ていたために作られたネタなのか、あるいは当初からぎゃる☆がんネタも想定してアキュラを由来としたのかは不明。

関連タグ

蒼き雷霆ガンヴォルト 蒼き雷霆ガンヴォルト爪 RoRo ミチル ノワ

関連記事

親記事

蒼き雷霆ガンヴォルト あーむどぶるーがんゔぉると

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アキュラ(蒼き雷霆ガンヴォルト)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 182064

コメント