ピクシブ百科事典

嫉ましき生命輪廻エリーゼ

あんりみてっどえんゔぃーえりーぜ

エリーゼとは、3DSダウンロード専用ソフト『蒼き雷霆ガンヴォルト』に登場する能力者の一人である。
目次[非表示]

概要

皇神(スメラギ)グループに囚われていた能力者。なので、厳密には皇神グループに所属する能力者ではない。
なぜ実験施設に囚われていたというと、彼女の能力は、皇神グループの能力者の中で、最も凶悪な能力であるから。
解説は以下の通り。

第七波動(超能力

魂を操り、無限の生命を紡ぐ生命輪廻(アンリミテッドアニムス)の能力を持つ。
まあ早い話が生命を作り上げ、命を再生させるというなんとも恐ろしい能力なのである。
永遠の生命すら可能にする、まさに究極の能力であり、皇神もその価値に目を付け、研究していたが、彼女は自分の能力を制御できずに暴走させてしまい、彼女が収容されていた実験施設は一夜にして壊滅することとなってしまった。
その力を危惧した皇神の洗脳によって、好戦的な二次人格を植え付けられており、主人格は意志薄弱なこともあり、二次人格の言いなりになっている。
攻撃は、主にカーボン加工したクナイ型のをメイン武器とし、二人でコンビネーション攻撃を仕掛けて来るが、注意すべきは、自機を石化の状態異常にする<ジェラシックゴルゴン>である。これを受けてしまうと解除されるまでボコボコにされてしまうが、彼女たちの眼を見ない(後ろを向く)ことで回避出来る。
必殺技は、やられた方をある程度回復させて復活させる<リザレクション>。

廻る輪廻が生命を紡ぐ
不可逆の帳を超えて
魂よ、現世に還れ

効果は攻撃ではないが、効果の関係上、二人同時に倒さなければならず、タイミングがずれると***延々と復活してしまう***為、慣れるまで大変。
一応同時に倒さなくても復活回数に制限があるため力押しで倒すことも一応可能、倒す時間(ステージクリアにかかった時間に応じてスコアが増加したり逆に下がったりする)とダメージに気をつければ復活を利用してクードス(スコア稼ぎに重要な要素、なお攻撃を受けるとリセットされてしまう)稼ぎにも使える。

ちなみに...

対応する七つの大罪は嫉妬だが、嫉妬する女性キャラということでヤンデレと考えた人が多かったらしく、二次人格の女王サマな性格も相まって、人気が高い。(実際にはそんなに「嫉妬」に相当する性格ではなかったが…)
あと、生命を生み出す能力(+主人格がいじめたくなる性格、ゲームシステム上復活回数に限りがある)ということから、ちょっと妄想した絵師たちがいる。
それと、キャラデザを見てみると結構でかいことがわかる。
そんなこともあって(?)彼女たちに「こっちを見て」的なことを言われたGV君に嫉妬したプレイヤーもいた模様(最も、GV君からすれば、振り向いてしまったら一巻の終わりなので、とんだ逆恨みである)。

<ジェラシックゴルゴン>という技名を叫ぶのは能力をコピーしたアキュラであり<リザレクション>と異なり彼女たちは技名を喋らない、そもそも彼女たちが石化光線に技名を付けていたかすら不明。

ハロウィン時の人気投票では第七波動の能力がハロウィンと似合ってる事もあってか主人公やヒロイン(エリーゼと異なりシアンとモルフォは別キャラ扱いの集計であったが)を抑えて人気投票で一位を獲得した。

関連タグ

蒼き雷霆ガンヴォルト
ツインズ(ロックマンエグゼ):同時に二体撃破しないと無限再生する敵キャラ





この先ネタバレ注意!!












実は、好戦的な二次人格は3番目の人格(エリーゼ3)であり、本当の二次人格(エリーゼ2)はあまりにも危険過ぎて、皇神に封印されていた。前に戦った際に、死ぬ直前にこいつの魂を開放することで復活した。
これまでのボスを復活させ、的確にGVを襲ってきたことから、皇神は何らかの制御方法を発見したと思われるが、詳細は不明。
ラストステージ前のボスラッシュステージに登場した。
とてつもなく能力が強く、攻撃が通じない(おそらく、驚異的なスピードで再生するため)。
多少敵体力が増えた程度の直前までのボスラッシュと異なりエリーゼ達の場合エリーゼ2の攻撃が追加されているため再度パターンを憶える必要がある。
こいつも(当たり前だが)、必殺技は<リザレクション>。

死死死死死死死
死死死死死死死
死死死死死死死

なんだか発動時の台詞がとても不穏だが、効果は他の彼女と変わらない。
扱いとしては、”こちらからは攻撃が通じない敵”で、こいつを倒すには二度2体同時に撃破することで発生するイベントを起こす必要がある。
この時もエリーゼ1(本来の人格)とエリーゼ3の復活回数に制限があるため(エリーゼ2のリザレクション後も二人の復活回数はリセットされたりはしない)やはり力押しで倒すことも可能。

ちなみに、その最期は能力者を狩る人物が複製した能力者の能力を無力化する特殊弾によって絶命する。
”究極の能力”を持つ彼女が”無能力者”によって倒されるという、なんとも皮肉な最期であった。

マイティガンヴォルト

初期配信時のボスにはいなかったがゲームアップデート後DLCコンテンツを購入することで彼女が登場するバイオラボを含めた4ステージが追加される、それに伴いマイティガンヴォルトの公式ページでは彼女のかわいいSDイラストが追加された。
Steam版などでは3DSのDLCコンテンツが初めから追加されている。

こちらでは雷撃鱗が使えないため蛇クナイ攻撃をガチ避けをしなければならなくなっており追加ボスでも一二を争う強敵である。
ジェラシックゴルゴンのような攻撃を仕掛けてくるが、ガンヴォルト本編での彼女達を先に知っていると確実に引っかかる罠であり、実は石化ではない幅広いビーム攻撃で彼女達の視線から目を背けようが避けなければ確実に大ダメージである。しかも避けるのが難しい。
こちらでは体力ゲージが二人で一つであるのでどちらか一方を倒せばクリア扱いとなる、なおエリーゼ2は存在しない。
ドット絵ながらきちんとエリーゼ1と3は顔部分などが描き分けられている。

倒すと他の能力者同様にガンヴォルト本編のような液化(?)ではなく、地面に人間の姿で倒れる。

pixivに投稿された作品 pixivで「嫉ましき生命輪廻エリーゼ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69237

コメント