ピクシブ百科事典

大沢事務所

おおさわじむしょ

主に声優、ナレーターのマネジメントを行う芸能事務所。
目次[非表示]

概要

堅実な仕事ぶりから「石橋をたたいて渡る事務所」と呼ばれているとか。
付属の養成所を持たず、代わりに研究生制度によって新人タレントを育成している。
子役や舞台俳優といった演劇経験者が多いのが特徴。

もともとはナレーションに強い事務所で、特にCMナレーションでは青二プロダクションと並んで業界トップの存在。専業ナレーターも複数在籍しており、全体の所属人数は多いが、声優としては所属が難しい(ハードルが高い)事務所とされる。

現在150人近い在籍タレントがいるが、2005年まで公式サイトすらなく、2011年になってようやくプロフィール・ボイスサンプル・顔写真なども公開されるようになった。

若手(・元若手)はSNSが原則禁止らしく、日高里菜や佐藤亜美菜がこの事務所に移籍した事を機にブログやtwitterをやめており、元々デザイナー志望でイベント向けの衣装をネットショッピングで決めたりパソコンでイラストを嗜んでいると公言している種田梨沙も自身のSNSを展開していない。なお、若手以外、もしく自身の冠番組(ラジオやニコニコチャンネルなどの映像コンテンツ)による参加であれば基本的に制約はない模様で、前述の佐藤氏はこれにより結果的に自身のSNSを設けた形となっている。
しかし、最近ではSNSへの制約も緩和されているようで、2017年に移籍してきた内山夕実は移籍後もTwitterを続けており、同年には日高里菜がTwitterを、井口裕香がInstagramの個人アカウントを開設している。

声優アワードに消極的でも有名で井口裕香が第4回でパーソナリティー賞、花澤香菜が第9回助演女優賞を受賞したこと以外は個人名義での受賞歴は存在しない。

主な所属声優

男性声優経歴や肩書きなど
相沢まさきぷろだくしょんバオバブベルプロダクション
斧アツシ元リベルタ
加瀬康之マウスプロモーション
木内秀信演劇から
桐井大介アミューズメントメディア総合学院声優学科卒
小杉十郎太松竹
白鳥哲文学座出身、映画監督
菅原正志大阪芸術大学舞台芸術学科中退
鈴木英一郎劇団扉座出身
高田裕司舞台俳優から
立木文彦元トルバドール音楽事務所
千葉進歩
茶風林元九プロダクション、舞台俳優としても活動している
東地宏樹日本大学芸術学部演劇学科卒
中田譲治悪役俳優として活躍していた
中野慎太郎
西凜太朗舞台俳優から
花田光
堀川仁
山下誠一郎


女性声優経歴や肩書きなど
浅野まゆみ元ぷろだくしょんバオバブ
井口裕香ブロッコリー主催の声優オーディションに合格。後藤沙緒里との声優ユニット解散を経て所属
伊藤美紀アーツビジョン、舞台経験者
内山夕実元アーツビジョン、一度『ARIA』でデビューするも芽が出ず引退。しかし諦められずに吹き替えで復帰
大津田裕美
茅野愛衣元・プロ・フィット
川澄綾子ソニー・ミュージックエンタテインメント主催の代々木アニメーション学院賞を受賞
久野美咲元・劇団若草⇒WHOOPEE
黒崎彩子
種田梨沙関智一長沢美樹がパーソナリティーを務めるラジオ番組のアシスタント経験者。番組にて声優志望のアシスタントを募っていた。
佐藤亜美菜AKB48チームKメンバー
中尾衣里大沢事務所のオーディション
能登麻美子代々木アニメーション学院から
花澤香菜幼稚園児から様々な児童劇団を経て、LAST EXILEゼーガペインでのアニメ出演を経て現事務所に所属。「やっぱりさんま大先生」の元出演者
日高里菜あっぱれさんま大先生」の元出演者
本田貴子元オフィス薫
山下百合恵
渡辺明乃元劇団日本児童

主な元所属者

男性

離籍者(順不同)

井上和彦(⇒元氣プロジェクト⇒B-Box
目黒光祐(⇒シグマ・セブン
佐藤政道(⇒懸樋プロダクション)
かわのをとや(⇒ヘリンボーン
壤晴彦(⇒ヘリンボーン/演劇倶楽部『座』・代表)
うえだゆうじ(⇒ポマランチ)
浅沼晋太郎(⇒ダンデライオン)
速水奨(⇒フリーランス⇒Rush Style代表・所属)
岩田光央(⇒アクロスエンタテインメント
山野井仁(⇒懸樋プロダクション)
...etc.

物故者

谷口節2012年死去)
小川真司(⇒ヘリンボーンへ移籍後、2015年死去)

女性

離籍者(順不同)

島本須美(⇒フリーランス)
金月真美(⇒青二プロダクション
愛河里花子(⇒アトミックモンキー
北浜晴子(⇒青二プロダクション)
南央美(⇒ポマランチ)
小桜エツコ(⇒リル・ポータ)
荒川美奈子(⇒フリーランス⇒青二プロダクション)
五十嵐麗(⇒Rush Style)
堀越真己(⇒青二プロダクション)
...etc.

外部サイト

俳優、声優、ナレーター、DJ、タレントの株式会社大沢事務所
大沢事務所 -Wikipedia

コメント