ピクシブ百科事典

適応障害

てきおうしょうがい

過去のトラウマなどによる後天的なストレスが原因であらゆる事にストレスを感じてしまう精神的障害を抱えてしまった人。

概要

精神疾患の一種で主に家庭内や学校内で抱えた重度のストレスが原因で精神面で過敏になってしまう障害の事。
スパルタ教育、特にと称して暴力的言動を正当化する大人の下で育った人間に多く発症すると言われている。幼少期の引っ越しによる環境変化(特に都会田舎)でも発症しやすい。

言うとおりにしなければ認めてもらえないという強迫観念から思春期相応の不安定さを表に出せず大人しく過ごしていたケースが多く、その人間から解放されても強迫観念だけが残った状態になる。
やがて傷つく事や失敗する事、それによって存在を否定される事に対して異常ともいえる恐怖心を持つようになり、他人を傷つけてしまうのではないかという強迫観念から極力他人との接触を避ける、何事も完璧にこなさないと気が済まなくなるなどという症状に悩まされる。
逆に自分の思うようにいかないと周りに対する暴力や物を破壊するなどといった過激行為を起こす事が多い。発生環境・条件は似通っていながら感情が欠落するソシオパスとは対照的に良くも悪くも言動が極端に人間臭くなる。
また反社会的思想にも走るケースが多い。実際、アメリカで2002年に36,000人を相手に行われた調査によると暴力的な躾(体罰)を与えるとほとんどの子どもが長期的に反社会的行動に走ったり精神疾患を発症するといったデータが明らかになっている。

上記のような一見すれば稚拙とも取れる行為から何も知らない者からは「適応障害は甘え」という偏見を持たれがちである。しかし現状は全くの真逆で、常に自分に強迫観念を持っているため自分に甘いどころか厳しすぎて常に必死で神経質である事の方が多い。そもそも適応障害の強迫観念は物事の良し悪し問わず人との接触そのものに適用しストレスを感じるため、自分の嫌な事柄に対してのみストレスを感じる甘えとは全く性質が異なるものである。むしろ適応障害は上記のような安易に「甘え」とレッテル貼りをする親や教師が量産しているという皮肉な現状がある。
否定しかしない大人達に否定され続けて育ったため、自己評価も異常なまでに低い傾向にあり、共依存にもなりやすい。
適応障害は別名アダルトチルドレン(大人にならざるを得ない=子供らしくふるまう事を許されなかった子供達)」とも呼ばれ、幼少期に環境のせいで甘えられなかった反動が大人になって押し寄せているという精神の危険信号とも言える。

何より適応障害患者が抱えるトラウマの根幹は傷つけられたり自分を否定される事にあるため、元も子もない正論攻めやなりふり構わず人を傷つける暴言、障害者に対し「甘え」という言葉を最も使いたがる他人に超厳しく自分に超甘い傾向の強いサイコパスはまさに適応障害患者の天敵中の天敵とも言うべき存在である。そのため適応障害患者は真っ先にサイコパスの絶好の捕食ターゲットにされやすい。該当者は距離を置く事。

また、その潔癖とも言うべき完璧主義思想や人間臭さ故に、適応障害を患っている人間ほど音楽芸術といった美術的センスには非常に恵まれている傾向にある。その反面、自己犠牲的で自傷行為を厭わなかったり症状の重い者は強迫観念から解放されたくて早々と自殺してしまう破滅型天才も多い(もちろん適応障害を抱えながらも生きる事自体には前向きな者もいる)。歌手にやたら薬物逮捕が多いのも成功した歌手には適応障害または似たような症状を抱える人間が多く、上記のような強迫観念から一時的に解放されるためだと言われている。

関連タグ

精神疾患 社会問題 強迫性障害 アスペルガー症候群 共依存
病気 いじめ 毒親 アダルトチルドレン
天才

pixivに投稿された作品 pixivで「適応障害」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13071

コメント