ピクシブ百科事典

自閉症スペクトラム

じへいしょうすぺくとらむ

発達障害の一つで略称はASD。自閉スペクトラム症とも言う。

概要

「社会的コミュニケーション障害」「限定された興味」等の2つを満たすとDSM-5では定められている。
いわゆる自閉症やアスペルガー症候群(AS)もこのカテゴリの中に含まれ、それらが統合されて出来た診断名である。
以前の診断基準では広汎性発達障害と呼ばれており、特定不能の広汎性発達障害(PDD-NOS)等それらを全てまとめて自閉症スペクトラムと呼んでいる。
尚”自閉症”と言っても自分から閉じこもる病では無い。
医学的に言われる”自閉”とは”自分目線”という事である。他の発達障害と同じく生涯基礎的な特徴は続く。
自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群は知的には通常である人が多く、中には一部のIQが120を超える様な人も珍しくは無い。勉強が出来る事から学校社会に適応して、大人に成る迄は解らない場合も多い。大学や就活、職場というコミュニケーションが複雑に迅速に求められる場で苦手感が強く成る事が一般的である。
基本的に発達障害者は2人として同じ症状を持った人は居ないと言われる程持っている症状は千差万別である。その為、障害とは言っても1つの個性であり決して健常者と比べて劣っている訳では無く、むしろ優れている場合の方が多い。その為、発達障害者が身体障害者知的障害者と違う点は、精神障害者として手帳を取得して障害者の一員としても、手帳を取得せずに健常者のまま生活する事も選ぶ事が可能だ。発達障害者は周囲の理解と配慮さえ整っていれば全く問題無く生活出来るのである。
他の障害にも言える事だが、障害が障害である事の最大の理由は環境なのである。

関連項目

自閉症 発達障害 エッセイ

pixivに投稿された作品 pixivで「自閉症スペクトラム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 96874

コメント