ピクシブ百科事典

サヴァン症候群

さゔぁんしょうこうぐん

ごく特定の分野に限り天才的に優れた能力を持つ症状。
目次[非表示]

概要

英語savant syndrome
知的障害発達障害などを持つ人に稀にいるタイプ。
ごく特定の分野にのみに限って、天才的超人的ともとれる非常に優れた能力を発揮することを指す。

名称の由来は『idiot savant』(イディオ・サヴァン=賢い白痴【仏語】)。
これはイギリス医師であるジョン・ランドン・ダウンが、1887年に「膨大な量の書籍を一回読んだだけで全て記憶し、更にはそれを今度は逆から全て読み上げてしまった」という凄まじい記憶力を持った男性の存在を報告し、その天才的な能力を持つにもかかわらず、通常の学習能力は普通であった彼を『idiot savant』と名付けたことが始まりとされる。
後に"idiot"が差別的な意味を持っていることから、『サヴァン症候群』と改められた。
彼が自閉症の診断基準を満たしている記述は論文には存在せず、論文上には『他の学習能力は通常である』と記載があるのみであるため、必ずしも自閉症の症状を持つわけではない。
 
当たり前だが知的障害・発達障害を持つ誰もがサヴァン症候群で、彼らのすべてが天才・超人というわけではない。
さりとてサヴァン症候群ではないから無能や平凡なんて事も決してないので、大事なのは「自分の得意なこと・とやりたいことも頑張る」事なのである。

他の学習能力は通常である』という記載はあまりにも無理がある説であり、そもそも健常者であっても専門家が専門外の分野に長けていない、才能に恵まれていても力を発揮できない分野があるのは当然であり、スポーツでいうならば『メジャーリーガーは野球以外のスポーツ(サッカー等)は得意でない』と言っているのと殆ど同じである。
この記述が正解であれば「スポーツ・芸術・学問で天下をとった人物や有名人=サヴァン症候群」という事になってしまう(更に言えば知的障害・発達障害の人は身体能力は身体を鍛えて体力をつけない限り身体能力自体は低いとされるがサヴァン症候群の場合は人によっては例外である可能性もある)。
総じて才能に恵まれながらコミュニケーション能力が低いのがサヴァン症候群の特徴かもしれない。

尚、サヴァン症候群の児童ではよく見られる傾向は「記憶に関する能力」で次に多いのは「カレンダーの計算が得意」である。

主な著名人


サヴァン症候群のキャラクター


関連タグ

自閉症 発達障害
アスペルガー症候群

関連記事

親記事

発達障害 はったつしょうがい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サヴァン症候群」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3041

コメント