2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

英語savant syndrome

知的障害発達障害などを持つ人に稀にいるタイプ。
ごく特定の分野にのみに限って、天才的超人的ともとれる非常に優れた能力を発揮することを指す。

名称の由来は『idiot savant』(イディオ・サヴァン=賢い白痴【仏語】)。
これはイギリス医師であるジョン・ランドン・ダウンが、1887年に「膨大な量の書籍を一回読んだだけで全て記憶し、更にはそれを今度は逆から全て読み上げてしまった」という凄まじい記憶力を持った男性の存在を報告し、その天才的な能力を持つにもかかわらず、通常の学習能力は普通であった彼を『idiot savant』と名付けたことが始まりとされる。
後に"idiot"が差別的な意味を持っていることから、『サヴァン症候群』と改められた。
彼が自閉症の診断基準を満たしている記述は論文には存在せず、論文上での『他の学習能力は通常である』と記載はスポーツでいうならば『メジャーリーガーは野球以外のスポーツ(サッカー等)は得意でない』と言っているのと殆ど同じで本当にサヴァン症候群の特性かというと怪しいところで知的障害の場合、基本的に記憶力等の面では不利で発達障害の場合、逆に関心を持つ分野が狭いだけで学習能力自体は偏りがなく全体的に優れているアスペルガー症候群、一部の学習能力が低い学習障害と該当する例が無い(ただし合併していればアスペルガー症候群が学習障害を緩和して若干、似たようなタイプになりやすい)。

反抗期の遅い者はサヴァン症候群の特有の特徴に加えてスポーツや武術といった体力面の才能にも恵まれているといわれているが俗説である。

障害というよりは才能に恵まれた知的障害者や発達障害者というべきで彼らの全てがサヴァン症候群で彼らのすべてが天才・超人というわけではなく、逆に健常者にもサヴァン症候群を彷彿とさせる特徴を持つ者もいる。
さりとてサヴァン症候群ではないから無能や平凡なんて事も決してないので、大事なのは「自分の得意なこと・とやりたいことも頑張る」事なのである。

尚、サヴァン症候群の児童ではよく見られる傾向は「記憶に関する能力」で次に多いのは「カレンダーの計算が得意」である。

主な著名人


サヴァン症候群のキャラクター

関連タグ

自閉症 発達障害
アスペルガー症候群

裏中二病…似て非なるものと思われるが天才というよりは秀才に近いタイプでサヴァン症候群と違い、超人的な身体能力や優れた病気への耐性を誇る者も多いといわれている(ただし事実かは不明)。

関連記事

親記事

発達障害 はったつしょうがい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「サヴァン症候群」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「サヴァン症候群」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5017

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました