ピクシブ百科事典

ダウン症

だうんしょう

ダウン症とは、遺伝子疾患の一種。
目次[非表示]

概要

正確には「ダウン症候群」という。
1866年にイギリスの眼科医ジョン・ラングドン・ハイドン・ダウンの論文により公にされた。
22対の常染色体のうち21番染色体だけが3本組(トリソミー)になっており、受精卵の減数分裂時のエラーにより発生する。
つり上がった細く小さめの目にふっくらした顔立ちといった特徴的な容貌になり、知的障害や心臓疾患、難聴などを伴うことが多い。
筋肉の緊張性が低いためになかなか首が座らなかったりうまく姿勢を保持できないこともある。

ただし知的障害の程度は個人差が非常に大きく、大学にも行ける程の軽度の者から成人しても幼児レベルの者もいる。
容貌の特徴も人によってはあまり目立たない場合もあり、知能の障害が軽いと検診で見落とされ「自分がダウン症であることに気づかず成人後判明」という例も稀にある。

知的障害の中では比較的陽気な性格の者が多く育てやすい方とも言われているが、身体の障害や病気などを伴うこともあり親の負担は決して軽くはない。

特に心臓疾患が多く、従来は若くして亡くなる者も多かったが近年は医療の発達により長生きする者も多いが、40歳を越すと早期にアルツハイマー病を発症する者も多い。
中年以降になると老化も早く、持って生まれた「筋肉が弱い」「基礎代謝が低い」といった傾向が顕著になり悪影響を及ぼしやすい。このため糖尿病を発症しやすく足腰も弱りやすい。
若い時から適切な指導のもとで運動をさせることも必要になってくる。
また陽気と言われる性格も中年を越すと社会適応能力が落ちてうつ病を発症しやすくなると言われており、メンタルのケアも重要になってくる。


出生前診断である程度判明するため、これで中絶を選ぶ妊婦も多く論議の別れるところである。

親が高齢出産だと発生率が上がると言われているが、必ずしも若い親だからといってまったく発生しないわけではない。

ちなみにダウン症児の特有の顔立ちからモンゴル人に似ているとしてかつては蒙古症と呼ばれていたが差別に当たる為発見者である医師のダウンから取り、現在の呼称に変更された経歴がある。

ダウン症を題材にした作品

漫画

4巻の新生児科編にダウン症の赤ん坊を産んだ夫婦の葛藤が描写されている。

音楽

作詞者の華月が自身の親族のダウン症患者を題材にして書いた歌詞。


関連タグ

知的障害

pixivに投稿された作品 pixivで「ダウン症」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2147

コメント