ピクシブ百科事典

知能指数

ちのうしすう

対象の知能レベルを、常人を100として表した数値。
目次[非表示]

概要

知能指数とは、速い話がその対象の精神年齢の高さを数値化したものである。
例えば、12歳の子供がやっとこさ100点を取れる知能テストで、10歳児が満点を取ればそれは精神年齢が常人の1.2倍、すなわち100×1.2=知能指数120となる。
知能指数の高さはイコール頭の良さではなく、知能指数150だからって常人の2/3の時間で物事が理解できるという単純な話ではない。
なので、フィクション作品によくある「知能指数が高い=すべからく天才的な頭脳の持ち主」というのは厳密に言えば正しくはない。
人間という生物は千差万別なのが当たり前であり、「知能指数が高い=天才」とは決して言い切れないし、逆もしかりである(事実、芸術的な才能に恵まれた人を筆頭に、知能指数が低いとされた「天才」は古今東西たくさんいる)。
フィクション作品ではいわゆる「記号」としてわかりやすく、また使いやすいためか、しばしば天才キャラや頭脳派キャラを装飾するキーワードとして使われるが、現実ではよっぽど高い数値でなければ「だから?」で終わることがしばしばである(そこに活躍が伴っていなければなおさら)。
小学生や中学生ならばともかく、大の大人でこの数値の高さをひけらかす奴がいたら、大抵は痛いヤツか見栄を張って数値を盛っているかのどちらかであろうから、そっとしておこう

異常にIQが高いキャラの一例

ここでは、1枚でもpixivに画像のあるキャラのみを挙げるものし、「IQ○○○以上」は便宜上等倍とする。

150~169








170~199











200~229

ちなみに、現在全人類の最高記録は228である。







230~299







300~499






500~999






1000~9999







1万以上






関連タグ

天才 頭脳

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「知能指数」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1284

コメント