ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

片桐安十郎

かたぎりあんじゅうろう

漫画『ジョジョの奇妙な冒険 第四部 ダイヤモンドは砕けない』の登場キャラクター。
目次 [非表示]

「いい気になってるヤツは・・・オレのスタンドをのみ込んでくたばりやがれッ!」


CV:浜田賢二(アニメ第4部、かつてVOMIC版7部のジャイロ・ツェペリを担当した。)

演:山田孝之(実写版映画)


概要

「日本犯罪史上最低の殺人鬼」と言われる連続殺人犯。マスコミからの通称は「アンジェロ」

1964年杜王町生まれ。いい気になっている奴を絶望させて殺すのが大好きな男。「ムカついた」という、たったそれだけの理由であっさりと人を殺す。少年誌では忌避される性犯罪者でもあり、作中描写によれば両刀使いである様子。

学には縁の無さそうな下劣な言動や振る舞いとは裏腹に、IQ160の頭脳を活かした謀略戦術を得意とするやり手の知能犯で、虹村形兆からも一目置かれている。


12歳の時に強姦と強盗を犯して投獄。それ以降、全国を転々とし、あらゆる犯罪を犯して服役と出所を繰り返して来た根っからの悪人。34歳にして獄中での生活が合計20年と、人生の大半を犯罪と刑務所の中で過ごしてきた。


そして偶々出会った14歳の三人の少年の内二人を強姦殺人のうえ金品を奪い、三人目を局部を切り取って殺した後に、その家族に身代金を要求、身代金を受け取る際に逮捕された。この逮捕に尽力した警官の一人が東方良平であった。逮捕の際にも警官を一人刺殺している。


死刑宣告を受け絞首刑に処されたが、死刑執行の半月ほど前に形兆にスタンドの矢で貫かれスタンド使いになっており、首を吊られて20分以上経っても死ななかった。その後脱獄し、形兆の勧める通りに生まれ故郷の杜王町に潜伏。スタンドを一般市民に取り付かせ、本体は安全な所から犯罪を楽しんでいた。


スタンド『アクア・ネックレス

【破壊力 - C / スピード - C / 射程距離 - A / 持続力 - A / 精密動作性 - C / 成長性 - E】

水分に混ざり相手の体内に侵入して攻撃するスタンド。

詳細は該当記事を参照。

片桐安十郎Anjuro Karagiri / 片桐 安十郎ジョジョ見始めました


活躍

犯罪を楽しんでいた際に東方仗助に遭遇、邪魔される。

このことを根に持ち手始めに母親・東方朋子にスタンドを取りつかせようとするが失敗。そこへ犬の散歩をしていた中年男性が通りかかり「いい気になっている」という理由で、飼い犬の口を食い破り、それを中年に押し込んだ後、スタンドで頭部を破壊して殺害した。その後、まんまと朋子の体内にスタンドを侵入させるが、仗助によってビンにスタンドを閉じ込められてしまう。

そこへかつて自分を逮捕した仗助の祖父・東方良平を偶然発見し、彼の趣味を利用して脱出し私怨により良平を殺害する。


その後雨の日を待ち仗助と空条承太郎を襲撃。

スタンド能力をフル活用して二人を苦戦させるが仗助の機転によって今度はゴム手袋に閉じ込められてしまい、居場所もバレてしまう。

粉々に粉砕した岩と融合させられ、承太郎によってスタンド能力を得た経緯を白状させられる。

白状している隙を突いて近くにいた子供を人質にして逃れようとするも、「チンケな髪なんかいじってんじゃあねーっ!」と仗助の頭をバカにしたため、キレた仗助の手でよりグレートに融合させられてしまい、未来永劫自分の犯した罪を悔い改め続けることとなった。


この岩はアンジェロ岩と呼ばれ、不気味な外見とは裏腹に杜王町の観光名所・待ち合わせスポットとして好評である。

時々「アギ・・・」と声が聞こえる。

「よっ!アンジェロ」


実写版映画では

顔や服装が汚らしく青髭のように顔全体に薄くヒゲが生えており、浮浪者然としたルックスをしている。原作とは一変したキャラクターとなり、全体的に暗く陰鬱な性格となっている。

「悪いのは誰々だ」と口癖のように繰り返し、なにかと言えばすぐ責任転嫁するなど自己保身的な部分が強く描かれている。

最初に殺したのは父親ということになっており、その後7人を殺害、13人を殺人未遂(あくまで判明分)。

ナイフでオムライスの皮だけ剥いだり、チキンをズタズタにした挙句、を一本綺麗に取り出してじっと眺めている等、単に行儀が悪いと言うよりも異常性の目立つテーブルマナーをしている。


冒頭では誕生パーティを行っていた民家に侵入し、女性と男性を縛り上げて拘束。異常を感じ取った警察(東方良平ら)が駆けつけた時は、「男だけ」を殺して逃走する(祝われていたのが男の方だった)。その最中、謎の男に矢で射られ倒れていたところを警察に逮捕された。しかし、スタンド使いとなっていたため刑事たちを殺害して再び逃走する。


それからはスタンドによる殺人を繰り返し、一人の青年にアクア・ネックレスを憑依させコンビニ強盗を行う。だが仗助に邪魔されたため逆恨みし、殺すことを宣言して立ち去った。

その後、謎の男と接触し「あんたは恩人だ」「俺たちは仲間だ」と友好的に接し、食事の席で「俺がこんなになったのは父親のせいだ」と身の上話をする。望むのであれば男の父親も殺すと言ったところ、スタンドで脅されたため「アンタには逆らわない!」と命乞いしてしまう。


男と別れた後、執念深く登校中の学生たちを観察して仗助を発見。後をつけて住居を調べ、スタンドを母・朋子の体内に侵入させる。しかし仗助のスタンドによって瓶の中に閉じ込められてしまった。

原作同様の手口で良平を騙して瓶を開けさせると殺害し、そのまま承太郎&仗助の二人と戦闘を開始する。加湿器を使った罠で仗助の体内に侵入するも、ゴム手袋の中に閉じ込められる。

追い詰められた時はナイフを手に反撃の意志を見せるが、無力化されたため「悪いのは俺に能力を与えたあの男だ」と責任転嫁を計る。直後、人のせいにするなと仗助に殴り飛ばされた。すると仗助に掴みかかり「俺を殺せばお前も俺と同じ呪われた魂になる」と、自分の行いを棚上げして命乞いまでし始めた。当然聞き入れて貰えるわけが無く、クレイジー・ダイヤモンドの怒りの拳打によって岩と一体化させられ、アンジェロは永遠に岩として生き続けることとなった。


余談

  • 仗助にとって血の繋がった母親に手を出した敵というのは最も許されざる敵であり、後に登場したエニグマの少年は直接誰かを殺したり盗んだ描写が無いにもかかわらず母に手を出したためドララララッシュを喰らいながら紙と融合させられ本にさせられるという末路を辿る。一方で億康の兄形兆を殺害し窃盗の罪を犯した音石明はスタンドを悪用しないように反省させたうえで懲役につかせるという処置で済ませているし、怪我を治すためにスタンドが一般人や露伴を襲っていた噴上裕也にいたっては後にエニグマ戦で共闘して友情を結んでいる
  • 第四部と同時期に始まった2016年春アニメには別作品にもアンジェロという名前のキャラが出演していた。さらにどちらのアンジェロも物語序盤から出ていたため、同じ週に違うアンジェロが出演していた事も話題になった。
  • アンジェロというあだ名だけに限らず苗字の方もまた片桐とやたら2000年代以降のガンダムシリーズで見る名前のキャラだが、そんな彼の担当声優はコーラサワーである。
  • 本Partにはもう一人の連続殺人鬼キャラとして吉良吉影が登場しており、主人公達にとって最初の敵とラスボスが“サイコパスのシリアルキラー”という点で符合している。ちなみに吉良の被害者の一人である杉本鈴美は吉良を止めてほしい理由として「杜王町を殺人鬼の生まれた街と呼ばせたくない」と言っていたが、何故か同じ杜王町生まれだったこのアンジェロのことは完全に無視されている。だが、彼女も生前は普通の学生であり、同郷といっても直接的な関わりの無い殺人犯の事は特に意識はしていなかったと推測される。
  • 実写版岸辺露伴は動かないではトニオ・トラサルディーの飼い犬がアンジェロと命名されている。普通の仔犬である。

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 4部 ダイヤモンドは砕けない

スタンド スタンド使い ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧

サイコキラー シリアルキラー 殺人鬼 いしのなかにいる アンジェロ岩

殺人犯 連続殺人犯 累犯 みんなのトラウマ

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 196153

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました