ピクシブ百科事典

ジミニー・クリケット

じみにーくりけっと

ジミニー・クリケットとは、『ピノキオ』のキャラクター。
目次[非表示]

CV一覧

  • 坊津三郎(初公開吹替版)
  • 熊倉一雄(TBS版、『ファン・アンド・ファンシー・フリー』)
  • 肝付兼太(再公開版、ブエナビスタ版吹替)
  • 富山敬(ブエナビスタ版『シング アロング ソング』、『ジミニー・クリケットのクリスマス』)
  • 江原正士(ポニー版VHS吹替)
  • 内田稔(ポニー版・バンダイ版、『ミッキーのマジカルワールド』、『ファン・アンド・ファンシーフリー』)
  • 多田野曜平(『KINGDOM HEARTS III』)

概要

ジミニー・クリケットとは、『ピノキオ』のキャラクター。
原作小説ピノッキオの冒険』でももともとコオロギは登場していたが、「おまえ いらん しね」とばかりに序盤でピノキオの投げつけた木槌の下敷きになって殺される役だった。ひ、ひどい…。

旅人コオロギで、美声の持ち主。
ゼペットに泊まり込み、ブルー・フェアリーがただの操り人形だったピノキオに命を吹き込んだのを見て無邪気で何もしらないピノキオに善意を教えるという指導役(吹替版では良心)を任されることとなった。

無垢故にすぐに悪い方向にいってしまうピノキオを根気よく最後まで指導し、人間の子供へと成長させた。

なお、綴りはJiminyでありGemini双子座)ではない。

外部出演

こぐま物語

ボンゴの導入部部分に登場。続くミッキーと豆の木では、聞き手役として実写パートのアニメ部分の扱いで出演している。

アトランティス 失われた帝国

主人公マイロが襲来してきた「リヴァイアサン」が機械であることを知ったとき、「ジミニークリスマス!」と、オーマイゴッドのようなニュアンスで発していた。

キングダムハーツ

主人公のソラ達の旅に同行する記録係として登場。
非戦闘メンバーなので目立った活躍はしないが、彼がソラ達の冒険を記す「ジミニーメモ」は物語の謎を解く為のキーワードとなってくる。
元々住んでいた世界は闇に呑み込まれて崩壊しており、その関係でピノキオ達とは離れ離れになってしまっている。
事件の元凶であるアンセムが倒された後は元の世界も崩壊から修復されたはずだが、元の世界に帰らずミッキーマウスが治めるディズニーキャッスルに居ついている(この理由は後々の物語であるKH3Dにて明かされる)。

関連タグ

ディズニー コオロギ 旅人

関連記事

親記事

ピノキオ ぴのきお

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジミニー・クリケット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3982

コメント