ピクシブ百科事典

闇の探求者アンセム

やみのたんきゅうしゃあんせむ

闇の探求者アンセムとは、キングダムハーツシリーズに登場するヴィラン(悪役)である。
目次[非表示]

概要

CV:大塚明夫

キングダムハーツ』最初のラスボス。
ある城で、賢者として心の研究をしていたが、その過程で闇の狂気に取り憑かれ、心の真理は闇だと説くようになる。ハートレスを人工的に作りだすという恐ろしい機器も開発していた。
そして自らの意思でハートレス化し、全ての世界を闇に吞み込もうと暗躍する。

実は一番初めに登場しているが、その時はローブ姿で、肉体を失った心だけの存在、ハートレスそのものだった。
終盤での彼の姿は、リクの身体を乗っ取り宿ったもの。最終的に、膨大かつ強力な闇の力により、戦艦の如き巨体と圧倒的な戦闘力を持つ「ワールドオブカオス」へと変貌し、ソラ達に最後の戦いを挑む。
激戦の末にソラ達に敗れるも、さらなる闇の力を求めて闇の扉にすがる。
開いてゆく闇の扉から煙のように闇が溢れ出す。しかし、キングダムハーツは闇ではなくどんな闇も打ち消せる光だと言い放ったソラに呼応するように闇を押しのけて強烈な光が差し込み、光に包まれながら今度こそ消滅した。

……かに思われたが、COMのリク編では自身の影をリクの心に忍ばせており、復活の機会を伺っていた。
忘却の城を進む中で何度もリクをそそのかし身体を乗っ取ろうとするが、最終的に闇を自身の力として受け入れ強い心を手に入れたリクに敗北し、彼の心の中に封印された。

関連イラスト

闇の探求者



関連タグ

キングダムハーツ ハートレス



正体(ネタバレ注意!)

KHⅡ』では、アンセムは上記の人物と別人という事が判明。
本名は”ゼアノート”。彼が倒れていたところを本物の賢者アンセムに拾われ、弟子にしたとのこと。
彼はその後上記の通りとなり、師のアンセムを蹴落とし、自ら”アンセム”を名乗った。
同時に、KHIIの黒幕であるXIII機関のリーダーゼムナスは、ゼアノートがハートレス化したと同時に生まれた彼のノーバディである事も判明する。

『KHⅡ』や『Days』にも現れるが、これらは本人ではなくリクが闇の力を解放しその象徴として変化した姿である。

pixivに投稿された作品 pixivで「闇の探求者アンセム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3109

コメント