ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:豊口めぐみ
キングダムハーツ バースバイスリープ』の主人公の一人。KHシリーズでは初の女主人公である。

概要

マスター・エラクゥスの弟子のひとり。テラヴェントゥスとは同門の弟子仲間にして親友でもある。
物語の冒頭では三人の中で唯一キーブレードマスターに選ばれ、世界の異変を探るため駆け巡ることになる。
全キャラクターでエンディングを迎えた後に追加されるラストエピソードは、アクアを主人公として操作することになる。

作中での気丈ながら女性らしいしなやかさを持った人柄、そして後述する外見的特徴からか、バースバイスリープに登場するキャラクターの中でもトップクラスの人気を誇る。
ファミ通誌上で行われたキングダムハーツ全登場キャラを対象にした人気ランキングでも4位(女キャラの中では1位)に食い込んでいる。

外見

キングダムハーツに登場するオリジナルの女性キャラの中では巨乳の部類に入ると言われている。
全年齢向けに設定されている同シリーズにおいて、女性キャラの胸は膨らみが僅かに感じられる程度のものがほとんどであるが、アクアの場合はやや厚手のスーツ地の下からもはっきりと膨らみが認識でき、しかもベルトに押さえられているにも関わらず歩行中に揺れるなど、明らかに他の女性キャラとは別格である。他にも衣装の背中がぱっくりと開いていたり(プレイ中は常にアクアの背中を見つめることになる)、ニーソスパッツがもたらす絶対領域など、かなりセクシーな要素を併せ持ったキャラクターである。制作段階では衣装の背中は腰近くまで開いており(製品版では肩甲骨のあたりまで)、当初からセクシーな要素を持ったキャラクターとして制作されていたことが伺える。
ただし、実際に他のヒロインと比べてみるとカイリと同じぐらいで、「その服装のせいで大きく見えるだけだ」という意見も存在する。

性格

常に凛とした態度と強い正義感を持ち、敵対する者には容赦しない。男口調か敬語で話す事が多いが、テラやヴェントゥスなどの親しい人物には女性的な口調で接する。
テラと同じく生真面目な性格ではあるが、テラが生真面目な故に悩み多き性格であるのに対し、アクアは生真面目な故に全くブレない性格。そのため闇の勢力からは「扱い難い」と言われており、裏で暗躍していたマスター・ゼアノートも終盤までアクアの前に姿を現わすことはなかった。

一方で親友のテラとヴェントゥスをやさしく見守るなど女性らしい面も持つ。作中でも別の世界の言い伝えを知って三人お揃いのお守りを作ったり、小説版では修行の合間にお菓子を作って振る舞うなど、親しい人の前では女の子らしい一面を見せる。
また、ザックスからデートに誘われた際は赤面してうろたえるなど、可愛らしい反応も見せている。

ゲームにおける性能

物理特化のパワータイプであるテラとは対照的に、魔法による華麗な戦いを得意とする魔道士タイプ。他の二人に比べて攻撃力が頼りないが、それを補える程に魔法力のステータスが優秀。
魔法コマンドが揃わない序盤は扱いが難しいが、育てていけば三人の中でも非常に強力な性能となる。また、専用のガードアクション「リフレク」は歴代のプレイヤーキャラが扱うガードアクションとは異なり全方位をガードできる上に空中でも発動ができる優れもの。
専用の回避アクションは「ホイールロール」。ドッジロールよりも無敵時間が少し長め。派生技として、接触した敵にファイア系のダメージを与える「ファイアロール」も存在する。

関連イラスト

通常

絆繋ぐ舞水
「キングダム ハーツ 2.8」 発売記念


Kingdom Hearts


鎧装備

友のために



関連タグ

キングダムハーツ KH Bbs バースバイスリープ
テラ ヴェントゥス エラクゥス ミッキーマウス テラアク
カイリ

ネタバレ














旅の中で立ち寄ったレイディアントガーデンで、アンヴァースに襲われていた幼少期のカイリミッキーと共に助けた。
この時、カイリは偶然にもアクアのキーブレードに触れており、彼女もキーブレードを扱える素質があった為、アクアも知らない内にキーブレード継承の儀式をカイリにしてしまっている。
カイリとの別れ際はお花のお礼として、彼女のペンダントに闇から身を守るためのまじないをかけた。





デスティニーアイランドでは幼少期のソラリクに出会い、二人にヴェンとテラの面影を重ねる。
2人にキーブレード使いとしての資質を見出しどちらかに継承の儀式を行おうとするものの、既にリクがテラから継承されていることに気づき、リクとソラの関係に自分とテラを重ねてしまう。彼らには自分たちのような離別の道を進んで欲しくないと願い、ソラにもしリクが道に迷った時には助けてあげるように告げて島を去った。












作中におけるエピソード終盤のキーブレード墓場にてテラとヴェントゥスと合流した後、マスター・ゼアノートとヴァニタスとの激戦の上、ヴェントゥスと共にテラから引き離されてしまう。アクアはゼアノート側のブライグを退けるも、直後に襲いかかってきたヴァニタスの一撃で意識を失ってしまう。そしてミッキーの呼びかけで目を覚ました時、ヴェントゥスはヴァニタスと融合してしまい、ヴェントゥスは身体を乗っ取られχブレードが誕生してしまっていた。

ヴェントゥスをヴァニタスから解放するためミッキーと共に戦い勝利するも、χブレードの破壊によって墓場全体を巻き込んだ爆発が起きてしまい、星の大海に吹き飛ばされてしまった。
すんでのところでヴェントゥスの手を取ったアクアは、共にミッキーに助けられたものの、χブレードの破壊によりヴェントゥスの心は壊れ、眠りについてしまう。アクアはヴェントゥスを闇の勢力から守るために、ゼアノートによって滅ぼされた「旅立ちの地」に向かい、ゼアノートに始末されたエラクゥスのキーブレードを使って「旅立ちの地」を「忘却の城」に変え、「目覚めの部屋」の玉座にヴェントゥスの身体を起き、テラを探しに旅に出た。

その道中で立ち寄ったレイディアントガーデンで記憶を失ったテラを見つけるが、テラはマスター・ゼアノートに身体を乗っ取られており、アクアの呼びかけでマスター・ゼアノートとしての人格が目覚め、アクアに襲いかかる。その戦いの末にテラ=ゼアノートはその身に残るテラの心の抵抗に遭い、テラの心を追い出そうとキーブレードを自らに突き刺すも、溢れ出した闇によって闇の中に落ちてしまい、アクアは気を失ったテラ=ゼアノートを追って自ら闇の世界に入り込み彼を助け出す。
しかし、二人乗りのキーブレードライドでは光の世界への出口は遠のいていくだけであり、アクアは二人一緒では助からないと悟り、テラ=ゼアノートに自らの鎧とキーブレードを託し、光への出口まで飛ばす。テラの体が光の世界へ戻っていくのを見届けたアクアは、ヴェントゥスへの謝罪を口にしながら、一人「闇の世界」へと落ちていった。

それ以来、光の世界や狭間の世界と時間の流れが違う闇の世界を、年を殆ど取らないまま10年以上も彷徨い続けている。ハートレスしか存在しない闇の世界で、壮絶な孤独から何度も心が折れそうになりながらも、光の世界に戻ってテラとヴェンに会う事だけを支えにずっと戦い続けている。
自分のキーブレードはテラ=ゼアノートを助ける際に彼に渡してしまっているため、闇の世界ではエラクゥスのキーブレードを使用している。アクアに救われたテラ=ゼアノートはその後再び記憶喪失になり、倒れていたところをブライグに案内されてやって来た賢者アンセムに拾われ、彼の弟子となった。
アクアのキーブレードと鎧もその近くにあった為、アンセム達に回収され保管されていたが、現在はゼアノートによってホロウバスティオンの地下にある「眠りの部屋」に安置されている。

ちなみに彼女も強い光の心を持っているため、マスター・ゼアノートやヴァニタスからはχブレード完成の際にヴェントゥスがヴァニタスとの融合が耐えられなかった場合の「予備」とされていた。(しかしヴェントゥスが旅の中で強く成長していったため、ヴァニタスからは「予備はいらなくなった」と言われている。)







『0.2』では『KH』で闇の世界に飲まれてしまった様々な世界を探索する様子が描かれており、孤独な日々から心身共に少しずつ限界が近付いていた。そんな時、心だけが闇の世界に繋がったテラや、闇の世界のキーブレードを捜しに偶然再会を果たしたミッキーと再会し、光の世界での戦いは続いていることを知る。最終的にミッキーとははぐれてしまったものの、闇の世界に迷い込んでしまった者たちの力になれるように、光の世界に戻る日まで闇の世界で戦い続ける事を決意した。









2018年E3公開の『KHⅢ』のトレーラーにて、なんと銀髪金目の姿で登場した。

アクア


「耳が尖ってない」「王様を名前で呼んだ」等の部分から、所謂ゼアノート化した状態ではなく、きちんと彼女自身の人格を保っているらしいことが伺える。髪と瞳の変化については、闇の流入への対策なしで闇の世界に居続けた影響と思われる。
……そんな状態なのに「遅かったな」で済ます辺りが実に彼女らしいと言うべきか。

関連動画

※Bbsのネタバレ有
【KH2.8】 キングダム ハーツ 0.2 バース バイ スリープ OPムービー

関連記事

親記事

バースバイスリープ ばーすばいすりーぷ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アクア(キングダムハーツ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 726617

コメント