ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ナミネ

なみね

ナミネとは、『キングダムハーツ』シリーズに登場するキャラクターである。

概要

キングダムハーツ チェイン・オブ・メモリーズ」で、「忘却の城」にてソラが出会った少女。常にスケッチブックを持っていて、ソラたちとの思い出を描いている。

その正体はセブンプリンセスであるカイリノーバディ

キャラクターボイス担当は中原郁


心に闇を持たないプリンセスのカイリからはノーバディは本来生まれないが、ソラが無意識にカイリの心を自らの心の中に匿ったことでソラの肉体を媒介にしてカイリの心から生まれたのがナミネだった。そのため本体のカイリの記憶を持たず、特殊な条件で生まれたノーバディのできそこないであり、「もっとも儚い影」「真の意味での存在しない者」などと呼ばれ、機関もメンバーとして迎えなかった。

ナミネの生まれたタイミングについては、KH2裏アンセムレポートではソラがカイリの心を解き放つ為に「自らの身にキーブレードをふるい、ソラとカイリの心が同時に肉体を離れた時」と仮説を立てているが、KH3Dキーワードグロッサリーでは「ソラが無意識にカイリの心を自らの心の中に匿った時」という旨の記述があり、食い違っている。


カイリがソラの心に干渉していた影響で、ソラとその関わりのある人の記憶を操るという、特殊な力を持つ。その能力から、XIII機関メンバーやディズからは「記憶の魔女」などと称される。

ソラのノーバディであるロクサスと同じ時間に違う場所(「忘却の城」)で生まれ落ち、軟禁状態におかれ、マールーシャラクシーヌの監視下の元ソラの記憶を書き換えていたが、アクセルの手引きにより開放されソラに真実を伝える。



アクセル以外の機関員が消滅後、ソラたちの記憶を再生させるために彼らを眠りに就かせ、トワイライトタウンにおいてディズとともにそれを見守る。

その間にシオンと出会っており、自分自身の取るべき道を決意した彼女に真実を伝えた。

また、コンサートの朗読劇で、ナミネがテラの意識と接触しており、もうすぐ現れるという「彼女」を導くよう伝え、闇に囚われるテラを激励してたことが語られた。



大抵は白い部屋で絵を描いて過ごしていたがキングダムハーツⅡでは、ロクサスと共に本体(カイリ)と完全に一体化した。


カイリ(海)、シオン(潮)とともに海にちなんだ名前を持ち、漢字表記は「波音」となる。


関連タグ

KH キングダムハーツ XIII機関 ノーバディ

チェインオブメモリーズ キングダムハーツ2 358/2Days コーデッド

ソラ カイリ ロクサス リク シオン

マールーシャ アクセル ラクシーヌ リク=レプリカ




キングダムハーツ3のネタバレ注意!
























3の終盤にて、最終決戦でリク=レプリカが空のレプリカ人形を身を呈して用意し、エヴェンイエンツォたちの手で復活する事となった。

関連記事

親記事

キングダムハーツのキャラクター きんぐだむはーつのきゃらくたー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4152015

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました