ピクシブ百科事典

イエンツォ

いえんつぉ

イエンツォとは、ディズニー・スクウェアエニックス合作のゲーム「キングダムハーツ」シリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

レイディアントガーデンの賢者の城にてエヴェンたちの研究を手伝う少年であり、ⅩⅢ機関の一員ゼクシオンのもとになった人間。KH1開始直前に闇に飲まれ、KH3Dにて人間として復活した。

性格

幼少期(KHBbS

まだ幼いが冷静沈着で、アンヴァースの群れに囲まれても表情一つ変えずさらにはそれらを観察し、危ないところをヴェントゥスに助けてもらったことがある。
またとても無口で、作中にて話すシーンは1度もない。なので声優もなし。
だが研究には情熱があったようで、BbSから数年後、賢者アンセムに進言し、城の地下に大規模な研究施設を整えさせた。

青年期(KH3D

心の研究に熱心でさわやかな青年。少しおしゃべりで、口調も性格も明るい。
無口であった幼少期や陰険さがかいま見えるノーバディ時の性格とは、真逆と言ってもいいだろう。
これによりノーバディ時の性格が必ずしも人間時代の性格と一致する訳ではない、ということが考察されている。
余談ながらノーバディ時に消滅の原因となり、同時期に同じ場所で復活したアクセルリア)に対し、恐れることも怒ることもなく会話をしているので、彼にノーバディ時の記憶があるかどうかは不明である。

外見

幼少期

青っぽい髪に碧眼と、ゼクシオンが幼くなったような容姿。実際あまり間違っていない。
賢者の弟子たちと同じ白衣を着ているが、インナーはTシャツで、パンツも弟子たちとは違う色、靴もブーツではないようだ。

青年期

服装が黒コートから白衣になったという点以外は、ノーバディ時と変わりない。

その他

両親を亡くしており、親代わりのようなエヴェンを慕うような描写があるが、小説版にてゼクシオンはヴィクセンのことを「昔から嫌いだった」といっておりどちらが本当か分からない。

先述した地下研究施設で他の5人の弟子とともに危険な闇の研究に着手し、大量のハートレスを生みだした。
そして研究のためと信じ、闇を見つめ続けた結果ハートレス化。
またハートレス化した際生まれたゼクシオンはその後最年少メンバーとしてⅩⅢ機関設立に参加。
心の研究に身を費やしていく。

登場作品

キングダムハーツバースバイスリープ
キングダムハーツ3D[Dream Drop Distance

関連タグ

キングダムハーツ ゼクシオン

pixivに投稿された作品 pixivで「イエンツォ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 227706

コメント