ピクシブ百科事典

デミックス

でみっくす

キングダムハーツのキャラクター。
目次[非表示]

基本データ

人間時代の名前不明
使用武器シタール
属性
称号夜想のしらべ
配下ノーバディダンサー
CV鈴村健一


概要

XIII機関の一員。NO.9。
メンバーの中ではめずらしくノリが軽く、頼りない。
自ら弱い、戦闘には向いてないと公言し、サボり癖も手伝って任務ではかなり消極的。
敵わない相手なら戦わずして退却、若しくは他人に任せる程で、第一印象はまず「ヘタレ」である。
しかし『KHⅡ』のホロウバスティオン戦では、ソラたちに挑発され、
「黙れ裏切り者」
と態度を一変。どちらが彼の本性かは未だに不明である。

外見はうすい茶色のツンツン頭(byラクシーヌ)に緑の瞳。青いシタール持ってたら間違いなく彼。

358/2Daysでは機関員時代のロクサスとも交流があった……が、ハートレスの討伐任務をサボったり共同任務ではロクサスにほぼ任せっきりで自分は他の用事があると言って結局サボるといった具合に、これでもかとばかりにサボり癖をプレイヤーに見せつけてくれる。
ロクサス本人からも「シタールを弾いてるだけの人」程度にしか認識されていない上、それに対しアクセルがフォローしようとした際も「あいつにはあいつの任務が……あれ?あいつ何やってんだろ」とフォローのしようがなかったり、メインキャラからの評価は散々なものであった。
ちなみにサイクスの事は影で「バッテン傷」と呼んでいる。

KHⅢでは真XIII機関となったマールーシャラクシーヌルクソードに続き、デミックスも登場することになった。瞳の色は金色となっており、彼もまた真XIII機関の一員になっている。

小説とマンガ版での扱い

漫画版では、スナック菓子をぼろぼろこぼす、嘘泣きをするなど、子供っぽく描かれている。また、サボっていた結果、シグバールにニセ機関員と間違えられたり、「確認」という字が読めなかったり、見張りをサボった結果、カイリを檻から逃してしまったり、泣き落としでカイリを檻に戻したりなど…ヘタレを通り越して完全に役立たずとなっている。その度にサイクスに制裁を食らっている。
だが幸か不幸か、マンガの展開はゲームとは違うため、何気にアクセルよりも長生きし、ソラが「存在しなかった世界」に辿り着いた時点でもまだ生きている。
が、終盤でソラの心を揺さぶるためだけに敗北必至の迎撃に出撃させられ、捨て駒にされた。

小説版では髪型に気を使っている様で、髪のセットをするシーンがある。

戦闘能力

直接取っ組み合いになるような事はほとんどせず、シタールを弾く事で水を操る。
戦闘開始直後に水の分身を大量に召喚する「水の舞踊」という技を使い、この分身を決められた時間内に全滅させないと何故か即ゲームオーバーという理不尽な戦いを強いられる。
この試練をクリアした後も油断ならず、水柱を発生させて接近を妨害したり、遠くから水の塊で狙い撃ちをしてくるなど、臆病な性格とは裏腹に激しい攻撃を繰り出してくる。

358/2Daysではミッションモード限定で操作可能。
全体的なステータスはやや魔法寄りとなっているが、通常攻撃の方も意外とスピードが速めだったり手数が多いなどといった優秀さを併せ持つ。
シタールによる攻撃は音波による攻撃も扱う他、回転して体当たりをしたりシタールで敵をぶん殴るという過去作からは想像もつかないアグレッシブな動きを見せてくれる。
また、音波による攻撃には特殊な判定が存在し、近距離で当てるほどダメージが増すようになっている。
リミットブレイクが操作可能キャラクターの中で非情に扱いにくい事でも有名。

関連イラスト

まいおどれみずたちぃー!
No.IX デミックス



関連タグ

キングダムハーツ

pixivに投稿された作品 pixivで「デミックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1135471

コメント