ピクシブ百科事典

ヴィクセン(キングダムハーツ)

ゔぃくせん

キングダムハーツシリーズの登場キャラクター。XIII機関のNo.IV。
目次[非表示]

基本データ

人間時代の名前エヴェン(Even)
使用武器シールド
属性
称号いてつく学究
配下ノーバディ-
CV野沢那智


概要

初登場作品である『キングダムハーツ チェインオブメモリーズ』に登場したⅩⅢ機関の中では一番の古株であり、そのことを主張して後輩に威厳を見せようとしたり、自分の才能に過信しがちである。
しかし、後輩からいびられたり、親代わりをしていたゼクシオンに利用されたりなど、非常に運がない役回りであった。

しかし、続編である『358/2days』では、登場期間は短かったものの、彼がいなければ『358/2days』の物語が始まらなかったと言っても過言ではないほどに重要な役目についていた。

また、漫画版キングダムハーツを描いている天野シロ氏が「一番好きなキャラ」と発言した上に、漫画版KH2では彼のレプリカが登場。なんとあのザルディンを一撃で倒してしまった。

ディレクターおよびキャラクターデザイン担当の野村哲也氏は、彼を『へタレ』と称しつつも『KH2のゼムナス、COMのヴィクセンと言えるくらいにアクが強い』など、讃える(?)発言をしている。製作スタッフには非常に愛されているキャラである。

BbS』では人間時代の姿であるエヴェンが登場した。姿こそはヴィクセンであるが、ディランエレウスを敬語でたしなめる、イエンツォを助けたヴェントゥスにお礼を言うなど、性格や話し方が非常に落ち着いており、エヴェンとヴィクセンを比べると、まさにどうしてこうなったである。

『キングダムハーツ3D』において、人間として復活。しかし体調が優れず、ディランと共に寝込んでいるらしい。

リク=レプリカシオン、イエンツォといった子供と関わりが深いため、一部のファンから『お母さん』という認識があるようだ。
声優、話し方、設定などが、野村哲也氏がキャラクターデザインをつとめたファイナルファンタジー7宝条とかなり似通ったところがあるが、レノアクセルのように意図的に似せたかどうかは不明。

戦闘能力

普段はシールドで身を守りつつ、氷の魔法で相手を牽制しながら戦う。
シールドは武器としても利用し、手元から離れて操ったり氷塊を纏わせて巨大な剣に変える事も可能。
シールドにはほとんどの攻撃が通用せず、カードブレイクで隙を作ったり素早く死角へ回り込まなければダメージを与えられない。

KHIIFM+で追加ボスとして登場した際は、上記のCOM時代とは戦い方及び攻略法が異なる。
シールドで身を守るのは同じだが、今回はシールドにHPが設定された事でシールドを破壊→ヴィクセンへ直接攻撃といった流れが基本的な戦法となる。
また、科学者としての特性も戦闘能力に活用され、こちらを追尾する魔法陣をソラが踏むと戦闘データが採取されていき、アンチフォームと同じ姿をしたソラの偽物「クローン・ソラ」を召喚する。
データ採取にはレベルが存在し、データを採取された時間が長くなるほどレベルが上がり、レベルが高くなればなるほどクローン・ソラの能力がどんどん強化されていく。

358/2Daysではミッションモード限定で操作可能。
大まかな性能は魔法寄りのものだが、同じ魔道士タイプのゼクシオンには今一歩及ばず、武器による通常攻撃も威力が低い上に非常に大振りで使い勝手が悪く、決め手らしい決め手に欠ける。
しかし魔力が高水準であることは事実なので、カスタマイズをしっかりすれば前線で華麗に戦う科学者の姿を拝める。

関連イラスト

研究成果
4月のススメ



関連タグ

キングダムハーツ チェインオブメモリーズ XIII機関
アクセル,マールーシャ,ラクシーヌ・・・地上組。彼の天敵。
ゼクシオン,レクセウス・・・同じ古参メンバーであり、地下組。
リク=レプリカ,シオン・・・レプリカ計画の「研究成果」

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴィクセン(キングダムハーツ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 160

コメント